ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900776 全員に公開 ハイキング丹沢

玄倉〜寄

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー syd
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
玄倉川沿い林道、トンネルが暗いので、ヘッドランプか懐中電灯必要。
雨山峠、沢、クサリ、ハシゴ、沢越えあり
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

「サブテン!」で高校駅伝神奈川大会の舞台になった丹沢湖玄倉バス停からスタート。
丹沢湖は水不足
2016年06月19日 08:21撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「サブテン!」で高校駅伝神奈川大会の舞台になった丹沢湖玄倉バス停からスタート。
丹沢湖は水不足
玄倉川沿いの林道は、スニーカーでもOKだが、
このトンネルは暗いのでヘッドランプか懐中電灯が必要。
2016年06月19日 09:01撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉川沿いの林道は、スニーカーでもOKだが、
このトンネルは暗いのでヘッドランプか懐中電灯が必要。
ユーシン渓谷のの白い岩。これが見たくてユーシン渓谷に来た。
水が蒼い。
2016年06月19日 09:12撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシン渓谷のの白い岩。これが見たくてユーシン渓谷に来た。
水が蒼い。
ここで左折するとユーシンロッジ。
ゲートまで行くと行き過ぎ
2016年06月19日 10:03撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで左折するとユーシンロッジ。
ゲートまで行くと行き過ぎ
ユーシンロッジ到着。
ロッジは現在休業中(避難小屋としては使える)。
トイレと公衆電話がある
2016年06月19日 10:10撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジ到着。
ロッジは現在休業中(避難小屋としては使える)。
トイレと公衆電話がある
雨山橋から雨山峠までの道は、かなり狭いし、沢沿いを歩くので要注意!
2016年06月19日 10:53撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山橋から雨山峠までの道は、かなり狭いし、沢沿いを歩くので要注意!
雨山峠から水源林管理棟までは、沢を3回渡る。
2016年06月19日 11:54撮影 by FinePix F70EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠から水源林管理棟までは、沢を3回渡る。

感想/記録
by syd

新松田駅から7時30分発の西丹沢自然教室行きの富士急バスに乗る。970円だったかな? 結構な金額になって驚いた。玄倉で下車。玄倉のバス停には、「サブテン!」の高校駅伝神奈川大会の舞台になった中継所の場所。
丹沢湖は水が少ない。夏の水不足を心配する。
 バス停からは玄倉川沿いの林道をひたすら歩いて行く。傾斜も緩いし、スニーカーでも歩ける。ただし、トンネルはヘッドランプか懐中電灯が必要。6kmぐらい歩くと、岩が白くなってくる(たぶん花崗岩質)。この白い岩が見たかった。水も蒼くてきれい。
ユーシンロッジへの道標を見落として800mぐらい行ってしまった。ゲートを見ていたの原因。GPSウォッチMZ-500のナビ機能は正確なので、常にチェックしていればこういうミスは防げる(ちょうど走行距離と標高をチェックしていた)。ユーシンロッジへはゲートの手前で左折しましょう。
ユーシンロッジには10時10分到着。
ユーシンロッジは使われていないけど、きれいだった。トイレと公衆電話はある。
河原に降りて、おにぎりを食べて休憩。
帰りは、雨山峠経由で寄へ。
この分岐もわかりにくい。GPSウォッチがなかったら絶対見落としていた。
雨山橋から雨山峠までは、浅道というのか、沢沿い崖に付けられた道を歩く。沢に降りたり、鎖やハシゴもあって、やや上級者向けの道である(と看板に書いてあった)。プチ沢下りを楽しむにはちょうど良いかな?
さらに雨山峠から水源林管理棟までは「沢を反対側に渡る」が3回出てくる。靴下の替えを持ってきてないし、トレランシューズなので、細心の注意を払って、狭い場所を探して飛ぶ。ついでに顔が洗えるのはとても良い。
水源林管理棟を過ぎると公園があって舗装路になる。2kmぐらいなんだけど、時計を見ると12時20分。
「走れば40分のバスに間に合うんじゃねぇ」下りの舗装路なんで、根性出して走る。なにせ次のバスは1時間後なので待つのは嫌じゃ。35分にバス停に着いて、コーラを買ってバスに乗り込んだ。富士急バスは空いているなぁ……。
訪問者数:201人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ