ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 903139 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー hirokan50(記録)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
松本線新島々ー(アルピコバス)乗鞍観光センター(春山バス)大雪渓・肩の小屋口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間10分
休憩
10分
合計
2時間20分
S肩の小屋口12:4013:15肩の小屋13:41蚕玉岳13:45乗鞍岳頂上小屋13:50乗鞍岳14:0014:05乗鞍岳頂上小屋14:30肩の小屋15:00肩の小屋口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ごろ石、中間点に幅5m程度の雪渓シャーベット状、頂上小屋東側に雪7,8m幅、肩の小屋口の大雪渓は今年は少なめ
その他周辺情報宿泊施設は、畳平、観光センター周辺に多数
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ズボン 靴下 グローブ 雨具 サブザック 軽アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 ストック カメラ

写真

13:15 肩の小屋
2016年06月18日 13:15撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15 肩の小屋
13:41 目指す乗鞍神社
2016年06月18日 13:41撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:41 目指す乗鞍神社
1
13:51剣が峰3026m
指が邪魔ですね(^_^;)
2016年06月18日 13:51撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:51剣が峰3026m
指が邪魔ですね(^_^;)
13:52 剣が峰から西側
2016年06月18日 13:52撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:52 剣が峰から西側
1
13:52 乗鞍神社
2016年06月18日 13:52撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:52 乗鞍神社
14:08 権現池を望む
2016年06月18日 14:08撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:08 権現池を望む
14:36 肩の小屋から大雪渓へ下りる道端で
2016年06月18日 14:36撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:36 肩の小屋から大雪渓へ下りる道端で
14:36 大雪渓へ、スキーヤーが練習しているので軽アンゼンを履いて左へトラバース
2016年06月18日 14:36撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:36 大雪渓へ、スキーヤーが練習しているので軽アンゼンを履いて左へトラバース
1
15:14 肩の小屋口へ下りてきました
2016年06月18日 15:14撮影 by N905i, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:14 肩の小屋口へ下りてきました
撮影機材:

感想/記録

乗鞍・剣が峰3026m
春山バスで大雪渓・肩の小屋口からの往復3時間コース
肩の小屋口から畳平の見える岐阜県に入って道路をコロナ観測所を右に見て肩の小屋へ、ここからごろ石の登山道へ雪は少ないものの登って中間点あたりに5m位の雪渓、更に登って頂上小屋手前で左頂上ルートへ小屋の裏に7,8mの雪渓、上から雪を嫌って小屋側の雪のないところを中学生位の子が危なっかしくすれ違う、注意深く渡ってすぐ乗鞍神社、

景色は抜群、ただ蚊みたいのがまとわりつく、証拠写真、おにぎりをとって、下山、西側からこっちは雪がない、

肩の小屋迄下りて、大雪渓直下りコースを選択、

雪がなければ15分コース、はい松の道、おお山登りっ〜感じ、しばらくすると案内ロープは大雪渓スキー場に消える、20m先の緑のロープまで踏み跡、雪の上を進む、シャーベット上の雪、

一旦土を歩き、しばらくいくと肩の小屋口の真上に、ちょっと心配で軽アイゼンを履く、踏み跡は靴の跡、大雪渓に入るとインストラクターか女の子が「こんにちわ〜」チームで滑降練習してた、コースは短いけど。
直下りコースはスキー・ボードの連中がどんどん登ってくるので、20,30m先の雪のないところまでこわごわトラバース、端をそってバス道路へご帰還、大満足(^^)
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 軽アイゼン 雪渓
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ