ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 903749 全員に公開 沢登り関東

滝子沢左股から滝子山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー tetsu0710
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
初狩駅周辺には駐車場はありません。大月駅で駐車して電車を利用するか、タクシーを利用したほうが便利です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

初狩駅7:30→入渓点8:35→一条クラック10:30→滝子山12:00→道証地蔵14:00→桜森林公園14:25
コース状況/
危険箇所等
全体的に荒れた感じの沢です。水量も少ないので蒸し暑く感じました。
その他周辺情報周辺には温泉施設に乏しいので、大月から車で山中湖辺りで降りて、赤富士の湯とかを利用したほうが便利です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

出だしはゴーロ歩きからスタート。水量が少ないので蒸し暑く感じます。
2016年06月18日 08:37撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしはゴーロ歩きからスタート。水量が少ないので蒸し暑く感じます。
入渓点からすぐのところに、釜をもった最初の滝4mが出てきます。ここは左側を進みます。水が少ないので釜も小さく濁っていました。
2016年06月18日 08:39撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓点からすぐのところに、釜をもった最初の滝4mが出てきます。ここは左側を進みます。水が少ないので釜も小さく濁っていました。
二俣です。右側に40mのスラブ滝が見えています。
2016年06月18日 09:22撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣です。右側に40mのスラブ滝が見えています。
スラブ滝を登ります。
2016年06月18日 09:30撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スラブ滝を登ります。
40mスラブ滝上部。水量が少ないので滝に草が生えています。
2016年06月18日 09:32撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40mスラブ滝上部。水量が少ないので滝に草が生えています。
倒木や落石跡が多いです。
2016年06月18日 09:36撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木や落石跡が多いです。
30mナメ滝だと思いますが、倒木や落石で埋まってしまっています。
2016年06月18日 09:39撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30mナメ滝だと思いますが、倒木や落石で埋まってしまっています。
30mクラスのナメ滝が続きます。
2016年06月18日 09:56撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30mクラスのナメ滝が続きます。
1条クラック滝。出だしの3mが難しいです。
2016年06月18日 10:16撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1条クラック滝。出だしの3mが難しいです。
このルンゼを詰めてゆきますが、狭いうえに落石が多くて注意が必要です。
2016年06月18日 11:23撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルンゼを詰めてゆきますが、狭いうえに落石が多くて注意が必要です。
落石に注意しながら進みます。
2016年06月18日 11:28撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石に注意しながら進みます。
頂上からの眺め。富士山がきれいです。
2016年06月18日 12:07撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの眺め。富士山がきれいです。
大菩薩方面の展望も良いです。
2016年06月18日 12:07撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩方面の展望も良いです。
山頂からの展望は抜群です。
2016年06月18日 12:28撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの展望は抜群です。
1
帰りはなだらかな尾根を下ります。
2016年06月18日 12:44撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはなだらかな尾根を下ります。
スキー場の下りみたいです。
2016年06月18日 12:44撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場の下りみたいです。
樹林帯はすずしぃー
2016年06月18日 12:49撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯はすずしぃー
スミ沢の5m滝。水量が豊富で涼しかったです。
2016年06月18日 13:19撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミ沢の5m滝。水量が豊富で涼しかったです。
新緑がきれいでした。
2016年06月18日 13:52撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑がきれいでした。

感想/記録

初狩駅近くにある滝子山は、あまり知名度が少ない様に感じる山ですが、標高は1600m近くあり、富士山の展望が良く、秀麗富嶽十二景の四番に指定されている山で、山頂からは大菩薩方面の展望も良い山です。
また、滝子沢左股やスミ沢など滝子山頂上に詰める沢が2本あり、沢登も楽しめる山です。
今回は総勢12人での登山となり、滝山南稜(寂ショウ尾根)から登るパーテと、滝沢左股を遡行するパーテと分け、頂上で合流する計画を立て、滝子沢左股に入る方に参加しました。
初狩駅に7:30に集合して、そこから、入渓点の近くの癒しの森に向かいました。
中央高速を過ぎると、滝子山方面の看板が出てくるので、そこを右折すると林道になりますが、この林道は狭くて、ガードレールも無いため、やや危険です。
記録を見ると、入渓点まで歩くか、大月で車を停めて、タクシーで近くまで行き、そこから歩くパーテが多い様です。
滝子沢の核心部は、沢筋の上部に集中しているため、沢を下部から遡行すると、ゴーロ歩きが長く、あまり面白くありません。また途中で大きな堰堤に阻まれるため、大鹿林道を歩いた方が安全です。歩く場合は大滝山方面の看板が出てから2時間位で入渓点に到着します。
入渓点で装備を着装して、沢に入ります。歩き始めは単調なゴーロ歩きで、あまり面白くありません。また倒木や枯葉が多く積もっていて、足をのせると沈み込んでしまい、歩きづらい登りです。入渓点からすぐに、釜をもつ4mの滝が現れます。ここは左側を行きます。
その後も単調なゴーロ歩きが続きます。水は伏流水になっており、殆ど涸沢の状態なので、風も無く蒸し暑い遡行となりました。
遡行図には3mCSが有りますが、気が付かないうちに通り過ぎてしまった様です。
3mCSのすぐ上に、二俣があり、そこから40mスラブ滝が見える左側の沢に入ります。
40mスラブ滝は、大きな石が積み重なった滝で、ステップが大きいですが、容易に登れます。スラブ滝を超えると30mのナメ滝が続けて現れます。さらにその上にも40mのナメ滝が続きますが、水量が少ないせいか、倒木や落石に埋ってしまっている箇所も多くて、あまりきれいな渓相ではありません。
40mスラブ滝を越すと、核心部の1条のクラック滝が出てきます。ルートはクラック沿い登りますが、雨天など水量が多いとシャワークライムになります。
念のためザイルを出して登ります。最初の出だしの3mがm、ホールド・スタンスに乏しく、強引に登ろうとすると、ズルズルと滑ってしまいます。
そこを何とか乗り切ると、少ないもののスタンスもあり、立木もあるので容易に登ることが出来ました。
1条クラックから先は、小滝が続きますが水量は少ないです。程なくして8mの最後の滝が出てきますが、ここは難しいので、左側から巻いて行きました。
最後の滝を過ぎると、だんだんと急傾斜になり、沢が狭くなってきて4本の沢が入り込む分岐にさしかかります。
ここは右から二番目のルンゼを詰めて行きますが、狭いうえに石が脆く、落石に注意して進む必要が有ります。
行く手を遮られたところから、樹林帯に入るのですが、ここも岩陰に泥や落ち葉が堆積しており、滑りやすいので注意が必要です。足を置いた瞬間にズルっと滑ってしまって、あやうく落ちるところでした。とくにフェルト底は滑るので、早めにチェーンアイゼンを出した方が良いかも知れません。
沢の詰めは急登で倒木も多くて、コースの取り方では登り難くなるので、踏み跡をよく見て登った方が無難です。全般的に人があまり入っていない為なのか、荒れた感じのする沢でした。
急な詰めを登ると、登山道に合流し、そこから僅かな登りで、滝子山頂上に到着しました。風が良く通るので、沢よりも頂上の方が涼しかったです。山頂からの展望は申し分ありませんでした。
下りは、スミ沢方面に下山しますが、なだらかな尾根をだらだらと下ってゆきます。
途中、木が伐採されている箇所が長く続き、雪が積もったらスキーが出来る様な下山路でした。スミ沢は滝子沢よりも水量が多く、また滝子山への登山道が並行してつけられているので、滝子沢よりは遡行しやすく、涼しい沢です。
山頂から2時間30分で桜森林公園に到着します。
この桜森林公園の小川には、蛍が生息していて、夏にはホタル観賞会が行われるようです。
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/8
投稿数: 9
2016/7/2 0:25
 ガレまくりでしたね
先日はお世話になりました。
一条クラックはなかなかの曲者でしたね。H口さん強し!!です。私ももっと精進したいと思います・・・(思ってるだけにならないようにしないと)。
登録日: 2012/12/19
投稿数: 5
2016/7/7 15:06
 Re: ガレまくりでしたね
詰めの部分も悪かったねぇー!一条クラックは滑りまくり、頭使って登る気力なし。あたくしも精進しなければ。(*^^)v

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ