ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908957 全員に公開 ハイキング奥秩父

雲取山(七ツ石テン泊)

日程 2016年07月02日(土) 〜 2016年07月03日(日)
メンバー azkuma
天候1日目 曇り後晴れ 2日目 曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路
奥多摩駅
↓西東京バス
鴨沢バス停

復路
往路と同じ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

【1日目】
9:16 鴨沢バス停
↓32分(30分)
9:48 小袖乗越
↓1時間46分(1時間45分)
11:34 堂所
↓1時間3分(50分)
12:37 七ツ石小屋
13:07-14:30 散歩

【2日目】
5:03 出発
↓28分(40分)
5:31 ブナ坂
↓22分(40分)
5:53 奥多摩小屋
↓29分(25分)
6:22 小雲取山
↓15分(30分)
6:37 雲取山
6:42 出発
↓13分(20分)
6:55 小雲取山
↓20分(15分)
7:15 奥多摩小屋
↓20分(20分)
7:35 ブナ坂
↓25分(30分)
8:00 七ッ石小屋 デポ回収
8:13 出発
↓35分(25分)
8:48 堂所
↓57分(1時間20分)
9:45 小袖乗越
↓19分(20分)
10:04 鴨沢バス停
コース状況/
危険箇所等
全体的に危険箇所無し

写真

鴨沢バス停から歩いてすぐの標識。人がいっぱい歩いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨沢バス停から歩いてすぐの標識。人がいっぱい歩いていました。
小袖駐車場。みんなすごい運転技術。前後を車両で挟まれてどうやって出入りするんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小袖駐車場。みんなすごい運転技術。前後を車両で挟まれてどうやって出入りするんだろう。
七ツ石小屋。手前の坂がかなりキツかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋。手前の坂がかなりキツかったです。
石尾根を少しお散歩。日蔭名栗山が正面に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根を少しお散歩。日蔭名栗山が正面に見えます。
展望がひらけているところがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望がひらけているところがありました。
2
2日目。七ツ石小屋の上にある水場。冷たくて美味しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。七ツ石小屋の上にある水場。冷たくて美味しいです。
1
ここから石尾根に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから石尾根に合流。
富士山に立派な笠雲。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山に立派な笠雲。
2
これが有名なダンシングツリー。やっと見れました。意外と大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが有名なダンシングツリー。やっと見れました。意外と大きい。
1
石尾根、やっぱり歩いていて気持ちいいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根、やっぱり歩いていて気持ちいいです。
1
キツい坂がときどき出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツい坂がときどき出てきます。
雲取山山頂が遠くに。あともうちょっと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂が遠くに。あともうちょっと。
雲取山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂。
1
山頂から。正面に富士山も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から。正面に富士山も見えます。
2
尾根を戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を戻ります。
なんやかんやで鴨沢バス停で下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんやかんやで鴨沢バス停で下山。

感想/記録
by azkuma

テント泊2回目。
今回の目的は、鴨沢コースの確認とテント泊の練習です。

前回の反省を活かして、
.ΕД△鷲要最低限にする
▲轡絅薀侫掘璽弔六っていかない
ごはんはレトルトを使ってみる

七ッ石小屋は、小屋の方達の温かい人柄、美味しい水、テン場からも見える富士山と、とても良かったです。また、同じテン場の方達もお話が面白い気さくな方達で、本当に楽しい時間を過ごすことができました、ありがとうございました。

夜中の気温はテント内で22℃。
ロンT、シャツ、トレッキングパンツ、厚手靴下だと、暑くて夜中にシュラフのジッパーを上半身開けました。
これ以上の気温になるなら、シュラフ無しでシュラフシーツだけでもいけそうです。
朝起きると、個人マットの下が少し結露していました。

今回、初めてペットボトルを凍らしてウインナーをまとめて持っていきました。
夕方にはペットボトルの氷は溶けていましたが、翌朝に食べたところ腹痛はありません。
これからお肉とか持っていけるように、ザック重量を工夫してみます。

肝心の鴨沢のコースは、予想以上に道が良かったのですが、とても長く感じました。
まだまだ力不足なので、パーティ登山はもう少し先になりそうです。

距離 33.83km
ザック重量 11kg
訪問者数:283人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/2
投稿数: 7
2016/7/4 14:38
 一緒だったみたいです
土曜日(2日)の七ツ石小屋のテン場で一緒だったみたいですね。奥多摩駅から石尾根をたどってきたので、七ツ石小屋到着は午後4時半頃になってしまいました。水場の横に張ったオレンジ色のアライテントです。翌朝、雲取にいくつもりでしたが、やめて、鴨沢に下りてしまいました。前回、七ツ石小屋でのテン泊は3月12日。かなり雪が積もっており、さらに夜のうちに雪が降ったみたいで、その時も翌日はそのまま鴨沢へ戻ってしまいました。
登録日: 2014/1/22
投稿数: 18
2016/7/5 15:53
 Re: 一緒だったみたいです
メッセージありがとうございます。
あのアライテントの方だったんですね!
テン場ではお世話になりました。とても楽しかったです。
石尾根を登ってきてあの時間に間に合うとは、かなりの健脚ですね!

3月の雪の時期、テン場から見える富士山はとても綺麗に見えそうで良いですね♪
私もいつかはそんな風に歩いてみたいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ