ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909928 全員に公開 ハイキング奥秩父

小楢山と乙女高原 雲海と富士そしてキツネ〜焼山峠から

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー WashiTabiHKB299
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
府中スマート→勝沼 中央道 78.9km 1,770
勝沼I.C.→焼山峠 約28km

shoe
起点・終点:焼山峠

焼山峠→琴川ダム展望広場 約2km

eye琴川ダム(乙女湖)

琴川ダム展望広場→はやぶさ温泉 約18km

restaurantはやぶさ温泉

はやぶさ温泉→勝沼I.C. 約12km
勝沼→府中スマート 中央道 78.9km 1,770
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
59分
合計
5時間27分
S焼山峠07:0307:50的岩07:5108:01一杯水08:11小楢山08:3008:38小楢峠08:57的岩09:35焼山峠09:3909:53焼山10:34乙女高原駐車場10:4011:02ヨモギ頭11:03(富士山が見える展望所)11:2211:34乙女高原グリーンロッジ11:3912:04大窪山12:0912:30焼山峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○コース参考
・昭文社 山と高原地図 「26 金峰山・甲武信」(2012年版)
・山梨市 乙女高原周辺遊歩道マップ
コース状況/
危険箇所等
・小楢山も乙女高原への道も、全般的に大きな段差もないとても歩きやすい道。
・焼山峠から焼山への入口だけは、案内がないのでわかりにくいが、トイレ横の踏み跡を行けば、よく整備された歩道がある。
その他周辺情報○温泉 はやぶさ温泉 600
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

焼山峠。
朝7時少し前。
先着は1台のみ。
2016年07月03日 06:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山峠。
朝7時少し前。
先着は1台のみ。
1
まずはここから小楢山へ。
2016年07月03日 07:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはここから小楢山へ。
1
登山口からすぐに、子授地蔵。
古いものから新しめのものまでたくさんの地蔵が集まっている。
2016年07月03日 07:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からすぐに、子授地蔵。
古いものから新しめのものまでたくさんの地蔵が集まっている。
2
キバナノヤマオダマキ。
この花が一番多かった。
2016年07月03日 07:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノヤマオダマキ。
この花が一番多かった。
5
見上げると、白い花。
バイカウツギかな?
2016年07月03日 07:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると、白い花。
バイカウツギかな?
3
アヤメはまだ咲き始め、といったところ。
2016年07月03日 07:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメはまだ咲き始め、といったところ。
5
リョウブ、だろうか?
2016年07月03日 07:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リョウブ、だろうか?
1
至る所にギンリョウソウがある。
2016年07月03日 07:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至る所にギンリョウソウがある。
5
新道と旧道の分岐。
登りは新道へ。
2016年07月03日 07:37撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道と旧道の分岐。
登りは新道へ。
少しだけ急坂をジグザグに登る。
2016年07月03日 07:38撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ急坂をジグザグに登る。
3枚にスライスされた岩。
2016年07月03日 07:42撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3枚にスライスされた岩。
6
この大岩もさっきと同じ方向に3つに割れている。
2016年07月03日 07:44撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大岩もさっきと同じ方向に3つに割れている。
4
小さな白花。
オオヤマフスマ(大山衾)、かな?
2016年07月03日 07:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな白花。
オオヤマフスマ(大山衾)、かな?
1
的石。
異様に直立した岩。
2016年07月03日 07:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
的石。
異様に直立した岩。
2
一杯水。
でも枯れている。
2016年07月03日 08:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一杯水。
でも枯れている。
時折大きなダケカンバがある。
2016年07月03日 08:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折大きなダケカンバがある。
2
山頂近くはレンゲツツジが多いが・・・もうすっかり終わっている。
2016年07月03日 08:08撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くはレンゲツツジが多いが・・・もうすっかり終わっている。
2
僅かに残っている花もすっかり萎れている。
2016年07月03日 08:09撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僅かに残っている花もすっかり萎れている。
1
焼山峠から1時間強で、小楢山の山頂。
北面からだと、すごく楽に登れる。
2016年07月03日 08:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山峠から1時間強で、小楢山の山頂。
北面からだと、すごく楽に登れる。
1
小楢山の山頂からは、富士山!
曇りで見えないかと思っていた。
2016年07月03日 08:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小楢山の山頂からは、富士山!
曇りで見えないかと思っていた。
8
小楢山は山梨百名山。
・・・ここは山頂の標識がいくつもある。
2016年07月03日 08:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小楢山は山梨百名山。
・・・ここは山頂の標識がいくつもある。
3
曇り空でもなかなかの絶景。
2016年07月03日 08:13撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇り空でもなかなかの絶景。
14
富士山には笠雲。
笠というよりカツラのようだ・・・
2016年07月03日 08:13撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山には笠雲。
笠というよりカツラのようだ・・・
6
小楢山の山頂からは南面側の大展望。
2016年07月03日 08:15撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小楢山の山頂からは南面側の大展望。
4
やっぱり主役は富士山。
2016年07月03日 08:16撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり主役は富士山。
4
長く連なる大菩薩連嶺。
2016年07月03日 08:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長く連なる大菩薩連嶺。
3
雲海と曇り空。
2016年07月03日 08:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と曇り空。
4
木の上で鳴いているのは・・・
2016年07月03日 08:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の上で鳴いているのは・・・
1
ホオジロ。
2016年07月03日 08:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホオジロ。
3
小楢山の山頂は芝生の広場。
とても気持ちのいいところ。
2016年07月03日 08:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小楢山の山頂は芝生の広場。
とても気持ちのいいところ。
1
楢の葉に、ツノアオカメムシ。
2016年07月03日 08:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楢の葉に、ツノアオカメムシ。
4
小楢峠。
4年前は母恋し道を経てここに登ってきた。
2016年07月03日 08:38撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小楢峠。
4年前は母恋し道を経てここに登ってきた。
苔がいい色になる季節。
2016年07月03日 08:49撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔がいい色になる季節。
2
コケとギンリョウソウ。
2016年07月03日 08:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケとギンリョウソウ。
3
円盤きのこ。
2016年07月03日 08:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
円盤きのこ。
1
新道と旧道の分岐。
下りは旧道へ。
2016年07月03日 08:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道と旧道の分岐。
下りは旧道へ。
旧道から見る的石。
2016年07月03日 08:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道から見る的石。
この大岩も3枚にスライスされている。
なぜきっちり3枚に割れるのか不思議。
2016年07月03日 08:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大岩も3枚にスライスされている。
なぜきっちり3枚に割れるのか不思議。
5
苔きのこ。
2016年07月03日 09:01撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔きのこ。
4
新道との合流点。
日が差してきた。
2016年07月03日 09:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道との合流点。
日が差してきた。
道はこういう歩きやすい草原が多い。
2016年07月03日 09:10撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこういう歩きやすい草原が多い。
ウラジャノメ、かな?
2016年07月03日 09:12撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジャノメ、かな?
キバナノヤマオダマキ。
2016年07月03日 09:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノヤマオダマキ。
4
子授地蔵に出会うと、焼山峠はすぐそこ。
2016年07月03日 09:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子授地蔵に出会うと、焼山峠はすぐそこ。
1
というわけで、焼山峠。
休憩込みでも2時間半。
やはり、ここから小楢山だけだと少し物足りない。
2016年07月03日 09:35撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
というわけで、焼山峠。
休憩込みでも2時間半。
やはり、ここから小楢山だけだと少し物足りない。
続いて乙女高原へ。
道標はないが、このトイレ脇の道に入っていく。
2016年07月03日 09:39撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて乙女高原へ。
道標はないが、このトイレ脇の道に入っていく。
1
入口だけはわかりにくいが、山の中に入ってしまえば道は明瞭。
きれいに整備された道で歩きやすいが、緑に覆われていて歩く人は少ない模様。
2016年07月03日 09:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口だけはわかりにくいが、山の中に入ってしまえば道は明瞭。
きれいに整備された道で歩きやすいが、緑に覆われていて歩く人は少ない模様。
1
ミヤマイボタ(深山水蝋)、だろうか?
2016年07月03日 09:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマイボタ(深山水蝋)、だろうか?
1
道標には展望台と書かれている場所だけど、展望はない。
おそらくここが焼山の山頂。
2016年07月03日 09:53撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標には展望台と書かれている場所だけど、展望はない。
おそらくここが焼山の山頂。
1
ニガナ。
これは花びらが5枚しかない。
2016年07月03日 09:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニガナ。
これは花びらが5枚しかない。
1
苔の緑に差し込む日差し。
2016年07月03日 10:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の緑に差し込む日差し。
2
沢近くでは立派な木道が敷かれている。
2016年07月03日 10:13撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢近くでは立派な木道が敷かれている。
タニギキョウ(谷桔梗)。
2016年07月03日 10:15撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニギキョウ(谷桔梗)。
2
クリンソウ。
花は先端だけで下の方は実になりつつある。
2016年07月03日 10:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリンソウ。
花は先端だけで下の方は実になりつつある。
3
腰くらいの高さがある。
クリンソウってこんなに成長するのか・・・
2016年07月03日 10:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰くらいの高さがある。
クリンソウってこんなに成長するのか・・・
2
突然開けて乙女高原に到着。
焼山峠から1時間ほど。
2016年07月03日 10:39撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然開けて乙女高原に到着。
焼山峠から1時間ほど。
2
乙女高原は車でも来られるのだが、誰もいない・・・
駐車場の隅から遊歩道へ。
2016年07月03日 10:40撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女高原は車でも来られるのだが、誰もいない・・・
駐車場の隅から遊歩道へ。
1
まだ咲いたばかりの細身のアヤメ。
2016年07月03日 10:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ咲いたばかりの細身のアヤメ。
4
これは丸みのあるアヤメ。
2016年07月03日 10:42撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは丸みのあるアヤメ。
2
オオヤマフスマ。
2016年07月03日 10:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマフスマ。
2
キンバイソウ(金梅草)。
少しだけ咲いていて、まだこれから、といった感じ。
2016年07月03日 10:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンバイソウ(金梅草)。
少しだけ咲いていて、まだこれから、といった感じ。
1
ニガナ。
今度は花びら7枚。
2016年07月03日 10:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニガナ。
今度は花びら7枚。
1
ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)。
2016年07月03日 10:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)。
1
眼下のオレンジ屋根はグリーンロッジ。
左奥の高い山が、おそらく奥秩父山地の最高峰、北奥仙丈岳。
2016年07月03日 10:55撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下のオレンジ屋根はグリーンロッジ。
左奥の高い山が、おそらく奥秩父山地の最高峰、北奥仙丈岳。
3
乙女高原の一番奥に、ヨモギ頭。
ここは展望のないピーク。
2016年07月03日 11:02撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女高原の一番奥に、ヨモギ頭。
ここは展望のないピーク。
1
ヨモギ頭の少し手前に富士山が見える場所がある。
2016年07月03日 11:19撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨモギ頭の少し手前に富士山が見える場所がある。
3
ここで富士を見ながら休憩。
・・・でも日差しが暑い。
2016年07月03日 11:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで富士を見ながら休憩。
・・・でも日差しが暑い。
2
ななほしさん。
2016年07月03日 11:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ななほしさん。
2
もうすぐ開きそうなアヤメ。
2016年07月03日 11:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ開きそうなアヤメ。
乙女高原。
昔はスキー場だったらしい。
2016年07月03日 11:32撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女高原。
昔はスキー場だったらしい。
2
乙女高原グリーンロッジ。
2016年07月03日 11:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女高原グリーンロッジ。
車道沿いにはヤマボウシがたくさん。
2016年07月03日 11:39撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道沿いにはヤマボウシがたくさん。
5
青空とヤマボウシ。
2016年07月03日 11:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とヤマボウシ。
1
ここから大窪山へ。
2016年07月03日 11:42撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから大窪山へ。
歩く人が少ない場所なので、多少の藪は覚悟していたが、藪は全くないどころか、とても歩きやすい道だった。
2016年07月03日 11:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩く人が少ない場所なので、多少の藪は覚悟していたが、藪は全くないどころか、とても歩きやすい道だった。
3
少しキツい登り返しで、山頂に到着。
2016年07月03日 12:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しキツい登り返しで、山頂に到着。
大窪山の山頂。
展望はない。
2016年07月03日 12:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大窪山の山頂。
展望はない。
3
大窪山の山頂近くには、アズマシャクナゲがある。
でも花はすっかり終わっていた。
2016年07月03日 12:10撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大窪山の山頂近くには、アズマシャクナゲがある。
でも花はすっかり終わっていた。
歩きやすくはあるけど、歩く人は少なそうな道。
2016年07月03日 12:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすくはあるけど、歩く人は少なそうな道。
4
ここで車道に飛び出す。
焼山峠側には小さな道標があるのみ。
2016年07月03日 12:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで車道に飛び出す。
焼山峠側には小さな道標があるのみ。
車道脇に、キリンソウ。
2016年07月03日 12:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道脇に、キリンソウ。
2
乙女高原でも一番多かったのはヤマオダマキ。
2016年07月03日 12:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女高原でも一番多かったのはヤマオダマキ。
1
焼山峠に戻ってきた。
2016年07月03日 12:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山峠に戻ってきた。
車で琴川ダムの展望台に向かう途中、車道にキツネがいた。
窓を開けてカメラを向けても、逃げない。
キツネって夜行性じゃなかったっけ?
2016年07月03日 12:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で琴川ダムの展望台に向かう途中、車道にキツネがいた。
窓を開けてカメラを向けても、逃げない。
キツネって夜行性じゃなかったっけ?
19
琴川ダムの展望台から、乙女湖の眺め。
371段の階段でダムに降りられるが・・・その気力はもうない。
2016年07月03日 12:43撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琴川ダムの展望台から、乙女湖の眺め。
371段の階段でダムに降りられるが・・・その気力はもうない。
4
林道の終点に琴川ダムの展望台がある。
6台分の駐車スペースがある。
でも誰もいなかった・・・
2016年07月03日 12:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点に琴川ダムの展望台がある。
6台分の駐車スペースがある。
でも誰もいなかった・・・
1
温泉は、はやぶさ温泉へ。
温泉後の食事は、そばが付いた、うな丼セット。
2016年07月03日 14:13撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉は、はやぶさ温泉へ。
温泉後の食事は、そばが付いた、うな丼セット。
8
はやぶさ温泉。
湯船に注ぐお湯も蛇口のお湯も、かけ流しですべて飲泉可能、というすごい温泉。
2016年07月03日 14:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はやぶさ温泉。
湯船に注ぐお湯も蛇口のお湯も、かけ流しですべて飲泉可能、というすごい温泉。
5
撮影機材:

感想/記録

小楢山は4年前の秋に、南面側の母恋し道、父恋し道を歩いたことがある。
この時は天気に恵まれず、眺望は全く得られなかった。
富士山がよく見えるはずの山頂も、雲に覆われて一面真っ白。
今回は、そのリベンジも兼ねて再び小楢山へ。
季節とコースを変えて、北面側の焼山峠から登ることにした。
焼山峠からだと往復して3時間ほど。
これだけだと短いので、焼山峠から乙女高原までを周回するコースも合わせて歩いた。

季節は梅雨時。
天気予報は晴れと予想しているところもあれば、曇りと予想しているところもあって、
どうなるかよくわからない状況だったけど、どちらにしても雨は降らないようなので、決行。
朝、八王子辺りからは富士山が見えていたけど、笹子トンネルを抜けると今にも雨が降り出しそうな曇り空。
登山口の焼山峠に着いた頃にも曇り空で、またしても富士山は見えないか、と諦めていたけれど・・・
登り途中で冗談半分に、きっと雲海に浮かぶ富士山が見られるだろうさ、とか言いながら山頂に着いてみれば、ホントに雲海と富士山!
上空は曇り空ではあるものの、笠を被った富士山に雲海、というなかなかの絶景が楽しめた。

小楢山から下る頃には青空が覗く様になり、
焼山峠を経て乙女高原に着く頃にはすっかり青空で、日差しがジリジリと暑いくらい。

乙女高原といえばレンゲツツジ。
少しくらい残っていることを期待していたけど・・・もう完全に花は終わっていた。
代わって多かったのはアヤメと黄色のヤマオダマキ。
他にも高原の遊歩道をゆっくり歩き回ると、一面の大群生こそないものの、いろいろと花を見つけられる。

小楢山以外の乙女高原側の3つ、焼山・ヨモギの頭・大窪山は、歩く人が少ないようなので、多少の藪は覚悟していた。
でも、歩く人が少ないという点を除いては予想は外れ。
藪などはなく、いずれもとても歩きやすい道だった。
動物の足跡もたくさんあったけど・・・
動物といえば、車で琴川ダムの展望台に向かう途中、写真にある通り、車道にキツネがいた。
こんなに間近にキツネを見たのは初めてかも。


というわけで、小楢山から、焼山・ヨモギの頭・大窪山、と1700m前後の4つのピークを巡るコース。
基点の焼山峠が標高1500mくらいあるので、意外とお手軽。
といいつつも、アップダウンを繰り返すので、時間と標高差の割にはキツく感じる。
小楢山で富士山を眺めて、あとは森と花を楽しむコース。
やはりベストシーズンはレンゲツツジの頃か紅葉の頃だろうか。

帰りは大渋滞でタイヘンだった・・・
日曜日の夕方は毎週激しく渋滞するので、早くから歩き始めて昼過ぎには切り上げるようにしていたのだが・・・
その甲斐もなく、至るところで事故が起きていたようで、
普通なら1時間もかからないところが、至る所で渋滞、渋滞また渋滞。
かかった時間は3時間・・・

○すべての写真(Googleフォト)
https://goo.gl/photos/rFVVeZZgUpMpD9Rm7

○過去の小楢山
・2012年10月 母恋し道/父恋し道
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-239100.html
訪問者数:500人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ