ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915572 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

曲ヶ谷沢〜川苔山

日程 2016年07月12日(火) [日帰り]
メンバー kuroske
天候くもり時々はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大丹波ヘリポート手前に広いスペースがあった
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間46分
休憩
20分
合計
7時間6分
Sスタート地点10:0413:53狼住所13:5714:06曲ヶ谷南峰14:0714:10曲ヶ谷北峰14:20川苔山14:3314:42曲ヶ谷北峰14:56横ケ谷平14:5715:30獅子口小屋跡と水場15:3117:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・曲ヶ谷沢は小滝が連続し楽しめる沢だ(但し微妙に難しい滝もあった)。後半は倒木がうるさくなるが、登山道が沢沿いに並行するようになるので、適当なところで遡行を打ち切ればよい。道はよく整備されていて、曲ヶ谷北峰の下で赤杭尾根の登山道に合する。
・7段の滝最後の滝は、ガイド本によると左壁を小さく巻き気味に登るようだが、足場が土と落ち葉で滑りそうで怖く、さらに左のルンゼを登って巻き、懸垂下降で落口に立った。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS ハーネス ヘルメット カラビナ スリング ディッセンダー 渓流シューズ フローティングロープ トポ ルート図
備考 チェーンスパイクを高巻き時に使用した。

写真

登山道入り口。落石で狭くなっている。いったん引き返し下の広いスペースに車を置いて戻る
2016年07月12日 10:24撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口。落石で狭くなっている。いったん引き返し下の広いスペースに車を置いて戻る
登山道は藪が茂る
2016年07月12日 10:29撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は藪が茂る
ギンバイソウ
2016年07月12日 10:48撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンバイソウ
2
曲ヶ谷沢出会い。登山道は左だが、ここで入渓する
2016年07月12日 10:50撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲ヶ谷沢出会い。登山道は左だが、ここで入渓する
1
すぐにゴルジュとなる。頭上は登山道
2016年07月12日 10:59撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにゴルジュとなる。頭上は登山道
1
小滝が続く
2016年07月12日 11:08撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝が続く
1
さらに谷が狭まり小滝が連続する。七段の滝の始まり
2016年07月12日 11:09撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに谷が狭まり小滝が連続する。七段の滝の始まり
2
2mほどの滝だがぬめっており滝壺に落ちる。油断した
2016年07月12日 11:14撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2mほどの滝だがぬめっており滝壺に落ちる。油断した
3
最後の滝は直登困難
2016年07月12日 11:18撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の滝は直登困難
1
ここを斜上するようだが足場に土と落ち葉が詰まっていて滑りそう。落ちたら負傷確実
2016年07月12日 11:19撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを斜上するようだが足場に土と落ち葉が詰まっていて滑りそう。落ちたら負傷確実
で、更に左のルンゼを登り、途中から右の岩上へ。ここも急だが滑ってもズルズル落ちるだけなので安全と判断
2016年07月12日 11:20撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、更に左のルンゼを登り、途中から右の岩上へ。ここも急だが滑ってもズルズル落ちるだけなので安全と判断
1
ここでチェーンスパイクを装着。ズリ落ちず快適
2016年07月12日 11:30撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでチェーンスパイクを装着。ズリ落ちず快適
2
安全策をとって懸垂下降した。滝の落口のやや上流
2016年07月12日 11:41撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全策をとって懸垂下降した。滝の落口のやや上流
1
久々にエイト環の出番
2016年07月12日 11:41撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々にエイト環の出番
ファイントラックのフローティングロープ6.5mm×40m。非常用に最近購入した。高かったが実に軽い。水に落ちるとドンドン流れて行ってしまうのが強いて言えば難点か
2016年07月12日 11:44撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ファイントラックのフローティングロープ6.5mm×40m。非常用に最近購入した。高かったが実に軽い。水に落ちるとドンドン流れて行ってしまうのが強いて言えば難点か
1
次の滝場の2段滝
2016年07月12日 12:12撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の滝場の2段滝
2
上段は難しそうだが直登にトライ。右側には少しホールドがあるが左壁や流心は手がかりなし。幸い滑りにくかったので突っ張りで突破
2016年07月12日 12:14撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段は難しそうだが直登にトライ。右側には少しホールドがあるが左壁や流心は手がかりなし。幸い滑りにくかったので突っ張りで突破
2
落口で振り返る。滑り台のよう
2016年07月12日 12:16撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落口で振り返る。滑り台のよう
2
この小滝も滑る
2016年07月12日 12:18撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小滝も滑る
1
右手に山道が下りてきた
2016年07月12日 12:24撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に山道が下りてきた
キツリフネがあちこちに群生している
2016年07月12日 12:31撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツリフネがあちこちに群生している
1
登山道は廃道かと思っていたら最近整備されたようだ。立派な木橋が続く
2016年07月12日 12:45撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は廃道かと思っていたら最近整備されたようだ。立派な木橋が続く
1
また滝場があったので再び沢をゆく
2016年07月12日 12:54撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また滝場があったので再び沢をゆく
1
石積み堰堤。ワサビ田跡らしい
2016年07月12日 13:06撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石積み堰堤。ワサビ田跡らしい
巨大な蕾。どんな花が咲くのか?
2016年07月12日 13:09撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な蕾。どんな花が咲くのか?
1
山道はここで沢筋を離れる
2016年07月12日 13:16撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道はここで沢筋を離れる
赤杭尾根着。登ってきた山道方向に何の標識もないので、やはり登山道としては公認されていないのだろう
2016年07月12日 13:58撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤杭尾根着。登ってきた山道方向に何の標識もないので、やはり登山道としては公認されていないのだろう
川苔山山頂。誰もいない
2016年07月12日 14:19撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山山頂。誰もいない
3
酸っぱくて結構いける
2016年07月12日 14:54撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酸っぱくて結構いける
1
獅子口の湧水に降り立つ
2016年07月12日 15:17撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子口の湧水に降り立つ
銘水であり水筒に詰める。帰宅後の水割りが楽しみ
2016年07月12日 15:18撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銘水であり水筒に詰める。帰宅後の水割りが楽しみ
綺麗なワサビ田だ
2016年07月12日 15:44撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なワサビ田だ
カラスアゲハ舞う
2016年07月12日 16:55撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラスアゲハ舞う
3
撮影機材:

感想/記録

このところ、なるべく易しそうな沢を物色し歩いています。今回はウォーターウォーキング2に出ていた曲ヶ谷沢を選んでみました。
小滝が連続し、予想を上回る良い沢でしたが、今の私には少し難しかったかと思います。久しぶりに滝壺に落ちました。やはり若い頃のようなバランスは望めませんね。
2段5mの滝は突っ張りで登れたのでやや自信回復しましたが…
訪問者数:256人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ