ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917287 全員に公開 ハイキング比良山系

夏の低山歩き〜堂満岳

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー melvins, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
梅田06:15(阪急)→06:59河原町
祇園四条07:10(京阪)→07:16出町柳
出町柳07:45(京都バス)→08:41坊村
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間27分
休憩
10分
合計
7時間37分
Sスタート地点09:1309:43三ノ滝09:48伊藤新道出合09:55口ノ深谷 入口10:01牛コバ11:39渡渉地点11:4512:08大橋12:0913:35金糞峠13:49東レ新道分岐14:29堂満岳14:3116:03ノタノホリ16:0416:34イン谷口16:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大橋小屋下流の渡渉ポイントが増水のため
注意が必要
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

出発です
2016年07月16日 08:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発です
2
予報と違い天気が回復
2016年07月16日 09:02撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報と違い天気が回復
2
蒸し暑い...
2016年07月16日 10:50撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒸し暑い...
1
苔がまるで絨毯のよう
2016年07月16日 11:04撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔がまるで絨毯のよう
1
絶妙なバランスを保つ大岩
2016年07月16日 12:18撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶妙なバランスを保つ大岩
2
山頂は暑い
展望もない
2016年07月16日 14:21撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は暑い
展望もない
1
とび太くん
2016年07月16日 16:52撮影 by HERO4 Silver, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とび太くん
1
SUUNTOアプリ
2016年07月16日 21:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SUUNTOアプリ
2
撮影機材:

感想/記録

テント泊を予定していたものの、あまり天候が思わしく
ないため、諦めて日帰りで行くことにしたが、当日、
現地に到着するころには晴れ間が差してきて、却って
暑くなりそうだ。
残念な気持ちになる反面、テント泊でもきっと暑い思いを
してたんだろうな...
今回は、坊村から沢沿いに遡上し、牛コバ、大橋、金糞峠を
経て堂満岳、イン谷口へと抜けるルートを取ることに。

昨日までの雨の影響で大橋下流の渡渉ポイントでは水嵩が
増していたため、普通に渡河することが出来ず、結局裸足に
なって渡ることに。
比較的深さがなく流れの緩やかな地点を探し、転んで流され
ないよう、膝下まで川に浸かりながら慎重にザブザブと渡る。
火照った足裏がすっかり川の水で冷えきって気持ちがいい。
(せっかくGoproをショルダーに装着していたのに、渡渉中
の動画を撮ることを失念していた...)

ここから更にいくつかの丸太橋をスリップしないよう注意を
しながら進むが、この過程で予想外に時間を取られる。

金糞峠に着く頃には既に13時を回っており、帰りのバスの時間
を考えると、あまり時間に余裕が無い。
簡単にアルコールバーナーで湯を沸かし、スープ、アルファ米
をさっさと胃に納め、堂満岳へ向かう。

金糞峠から尾根道を歩きながら徐々に標高を上げていき、
ほどなくすると堂満岳の山頂に到着。
堂満岳山頂は木に囲まれ、あまり展望はきかない。
相方も一眼レフを持参していたものの、さしたる興味が湧かな
かったらしく、全く風景撮影をせず。

あとは、ここからイン谷口まで、一気に下る。
相方は、急坂の地点で一気に体力が奪われペースが落ちる。
かといって、このままのペースで下っていたのでは、バスに乗り
遅れ、歩いて比良駅まで戻る羽目になるので、ペースを上げ気味
にして引っ張ることに。

結局、コースタイム通りとはいかず、下山に二時間半も掛かって
しまったが何とかギリギリ帰りのバスに間に合ったので、そのまま
「比良トピア」で汗を流して帰路につく。
相方はビールを飲んでぐったり。
ちょっと今回は復帰戦としては、ちときつかったかな?

歩行距離も10キロ強でたいして歩いてないのだが、暑さから
かなり体力を奪われてしまったようだ。
しかし、最近なかなか思うよう登ることが 出来なかったので、
連休中のいいストレス解消にはなったかな。

そろそろ、次回、8月の計画を練らないと。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ