ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 919840 全員に公開 アルパインクライミング御在所・鎌ヶ岳

御在所前尾根&一ノ壁

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー tentyosamoa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
裏道登山口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間1分
休憩
2時間59分
合計
12時間0分
S御在所岳裏道国道入口04:5905:26藤内小屋05:2805:51藤内壁出合05:58藤内壁 一の壁06:3012:30ヤグラ終了12:4013:19藤内壁出合13:2013:30藤内壁 一の壁15:3815:49藤内壁出合15:5216:11藤内小屋16:1316:37御在所岳裏道国道入口16:3816:42御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)16:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
練習のためダブルザイルで登はん
全体的にカム(フレンズ)1〜3を使用
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

朝焼けとともに
2016年07月18日 04:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けとともに
いつもの砂防ダム
2016年07月18日 05:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの砂防ダム
藤内小屋
2016年07月18日 05:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋
一ノ壁トポ
2016年07月18日 05:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ壁トポ
中尾根トポ
2016年07月18日 05:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根トポ
アサギマダラ
2016年07月18日 05:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサギマダラ
藤内壁
2016年07月18日 05:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内壁
ウサギの耳
2016年07月18日 05:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギの耳
藤内沢出合
2016年07月18日 05:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内沢出合
藤内壁を見上げる
2016年07月18日 05:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内壁を見上げる
P7上部 ホールドスタンス微妙?
2016年07月18日 06:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P7上部 ホールドスタンス微妙?
P6 中段の岩を乗り移るところが難しい A0でいける
2016年07月18日 08:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P6 中段の岩を乗り移るところが難しい A0でいける
P5 ここは易しい
2016年07月18日 09:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P5 ここは易しい
P5後半
2016年07月18日 09:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P5後半
P4 ここも緩やかで難しさはない
2016年07月18日 10:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P4 ここも緩やかで難しさはない
P3 中段クラックのところを登る
ジャミングで快適に
2016年07月18日 10:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3 中段クラックのところを登る
ジャミングで快適に
P3 後半 難しさはない
2016年07月18日 10:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3 後半 難しさはない
P3を快適に登るtentyo
2016年07月18日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3を快適に登るtentyo
1
ヤグラ(P2)を望む
2016年07月18日 11:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤグラ(P2)を望む
一ノ壁方面と四日市市街
2016年07月18日 11:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ壁方面と四日市市街
1
ヤグラを直下から クラックに沿って登る
2016年07月18日 11:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤグラを直下から クラックに沿って登る
ヤグラの上から
2016年07月18日 12:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤグラの上から
ヤグラに登り気分は上々?
2016年07月18日 12:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤグラに登り気分は上々?
1
前尾根を見下ろす
後続がぞくぞくと
2016年07月18日 12:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前尾根を見下ろす
後続がぞくぞくと
カメムシ
2016年07月18日 12:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメムシ
前尾根の下りは落石に注意
2016年07月18日 12:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前尾根の下りは落石に注意
美しいコガネムシ
2016年07月18日 13:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいコガネムシ
前尾根を振り返る
2016年07月18日 13:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前尾根を振り返る
一ノ壁にはクライマーがトリツイテイル
2016年07月18日 13:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ壁にはクライマーがトリツイテイル
右ルートを登って帰投
2016年07月18日 15:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右ルートを登って帰投
暮れなずむ藤内壁
2016年07月18日 16:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暮れなずむ藤内壁

感想/記録
by samoa

泊まりの沢が中止になった三連休。
日曜を挟んで月曜日は御在所でアルパインの練習。

前尾根の混雑を警戒して5時に登山口を出発6時に取りつきにきたが既に先行パーティが一組取りついている。

準備しながら待っているともう1パーティ。我々を含めてこの3組が先行組。
前のパーティのフォローが登りはじめると同時に我々も登りはじめる。

P7
samoaリード
samoaは前回フォローだったためリードは初めて。
出だしのクラックがちょいムズだった気がする。
クラック部分は昨日買ったばかりのフレンズを早速ぶちこんで登る。
スタンスをしっかり探せば思っていたほど難しくはない。
灌木などで支点を取りつつ、上部の核心に来ると先行パーティーがまだいたのでしばし休憩。
ホールドスタンスともに微妙な感じ。
先行は左手から登っていたが、右手から登ってみる。前回は下部の印象しかなかったがちょっと緊張した。
終了点は木。なんか体勢が微妙で振り分けずらかった。

P6
tentyoリード
前半は快適なクライミング。ボルトで支点が取れる。確保の支点は木
上部岩を乗り移るところが緊張する。場合によってはA0で。
終了点は核心終わったところにもあるがさらに一段上がったところのボルトか木でも取れる。
samoaが登ったあと、受け渡しの際に環付を落としてしまう。懸垂で回収。反省ぬん。

P5
samoaリード
P6終了点から少し歩いて登り、岩壁の下をトラバースしたところから。少し登った木を支点に確保しなとちょっとザイルが足りないかも。
特に難しい箇所はなし。終了点はボルト。

P4
tentyoリード
緩やかなリッジを登っていく。
P5同様、特に困難はない。確保、終了点ともに木。

P3
samoaリード。
中間部にあるクラックが核心。
ちょっと緊張するくらい。フレンズをぶちこんで手足ともジャミングを駆使して登る。
前回よりもうまく登れた気がする。
上部は先行パーティーが向かって右手の終了点のボルトを使っていたため、前回同様左手のピナクルにシュリンゲをかけてフォローを確保。
終了点の大きなピナクルは右手から回り込む。左から回り込んだ前回よりも簡単だった。

P2(ヤグラ)
samoaリード
前回は時間がなくカットになったヤグラに挑戦。
フレンズを入れたり、残置ハーケンを使いながらクラック沿いに登りちょっとしたバンドに乗り出るところがマントルっぽくなり緊張する。
核心の手前にボルトある。
バンド左端のホールドを頼りにバンドに乗り出す。
ここ以降はそのまま直上するのだが平易な右手に逃げてしまった。終了点はボルト。
振り返ると四日市市街が見渡せて気持ちいい。
天気もよく暑いが少し風があり思っていたほどではない。

ヤグラから巻き道を降りてきてコルで休憩し、下降路を降りる。
相変わらず落石が怖いので慎重に。

藤内壁出合まで登り、時間もあるので一ノ壁も少し登ることにする。
前回ほどではないが少々混んでいるので前回緊張しながらフォローで登った左ルートにsamoaリードで挑戦。

やはりちょっとしたハングに乗り出してからの一手がかなり緊張する。
浅いクラックとスタンスを使い一歩乗り出てガバをとる。
そこからトラバースして直上に入るが、少しトラバースしすぎる。
そんなこんなで直上部も終えてホッと一息。
しかしながら、前尾根と違い屈曲の多いルートにおけるダブルでの中間支点の取り方はまだまだ課題が残る。
tentyoも慎重に登りきり本日の練習は終了。

少し斜陽になりつつある市街地を望みながら小一時間道を歩いて登山口まで。

その後は、小倉の焼肉屋に行って三連休の慰労会とした。






訪問者数:218人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ