ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923832 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山 御殿場口ルート

日程 2016年07月23日(土) 〜 2016年07月24日(日)
メンバー gesuko223, その他メンバー1人
天候霧/曇り/晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御殿場口新五合目駐車場に停めました。
土曜日の朝8時頃、第2駐車場はほぼ満車ですが、第3駐車場はガラガラです。
なおこの時期、第1駐車場に一般車は停められません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
夏山ですので、特に危険個所はないです。
落石注意。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

御殿場口新五合目にはTRAIL STATIONなるものがあります。無料の水洗い場は下山時に使用しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場口新五合目にはTRAIL STATIONなるものがあります。無料の水洗い場は下山時に使用しました
登山開始時はこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始時はこんな感じ
ときどき頂上が顔をのぞかせる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときどき頂上が顔をのぞかせる
御殿場口といえども、この時期は少なからず登山者はいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場口といえども、この時期は少なからず登山者はいます
1
今回お世話になった赤岩八合館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回お世話になった赤岩八合館
青い空、雲海、影富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空、雲海、影富士
赤岩八合館といえば、おかわり自由のカレーライス。おいしかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩八合館といえば、おかわり自由のカレーライス。おいしかったです
日の出間近の剣ヶ峰には人がいっぱい。赤いですな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出間近の剣ヶ峰には人がいっぱい。赤いですな
1
もうすぐ来るよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ来るよ
3
来たー、ご来光
2016年07月24日 17:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来たー、ご来光
4
記念写真
2016年07月24日 17:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真
2
測候所と白い月
2016年07月24日 17:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
測候所と白い月
1
山中湖と登山者のシルエット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖と登山者のシルエット
3
大砂走りからの富士山頂を見上げてみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大砂走りからの富士山頂を見上げてみた
1
大石茶屋でかき氷。たまらない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石茶屋でかき氷。たまらない
2

感想/記録

毎年数回ずつ登っている富士山であるが、御殿場口から登ったのは過去1回のみ。
すごくつらかった印象があって、2度と選ぶことはなかったのだが、
今回一緒に行った友人が「御殿場口にしてみよう」と言い、
てっきり冗談と聞き流していたが、どうやら本気らしいので、
それじゃあということで久々のチャレンジとなった。

結果的には、10数年前に登った時より、登山も下山もコースタイムを更新しており、
そこまでのつらさを感じることもなく、意外にあっさりと登れるものなんだという感想。

御来光は、これまた久しぶりに剣ヶ峰(の少し下ではあったが)から拝むことができた。せっかくだから日本最高地点から見たいですもんね。

大砂走りから見上げる富士山頂は、いつも見ている富士山とは違って、ダイナミックさを感じることができた。

ということで、今後は避けることなく、また御殿場口から登ってみたいと感じることができた登山となった。
訪問者数:323人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 ご来光 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ