ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932029 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

三嶺〜天狗塚〜牛の背(ヤメラレナイ…)

日程 2016年08月01日(月) 〜 2016年08月03日(水)
メンバー geroge-ro
天候晴れ・曇り・雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名頃登山口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間40分
休憩
11分
合計
5時間51分
S名頃登山口07:5008:31奥祖谷二重かずら橋08:3209:10国体橋09:1811:22高ノ瀬11:2412:48平和丸13:41白髪避難小屋
2日目
山行
4時間29分
休憩
28分
合計
4時間57分
白髪避難小屋08:5309:44カヤハゲ09:4611:05三嶺11:2312:44オオタオ12:4513:14西熊山13:2113:50お亀岩避難小屋
3日目
山行
3時間25分
休憩
28分
合計
3時間53分
お亀岩避難小屋06:4307:10地蔵ノ頭07:17天狗峠07:2107:48天狗の池07:5408:20牛ノ背三等三角点古味1757,13m08:2408:43天狗の池09:15天狗塚09:1609:31天狗峠09:4410:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備されている
一部笹で足元が見にくい部分あり
※最終日下山中GPS不調につき記録停止
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

550円払いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
550円払いました
1
夜は周りが鹿だらけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜は周りが鹿だらけ
1
めちゃめちゃ気持ち良い朝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めちゃめちゃ気持ち良い朝
3
アブが大量発生中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アブが大量発生中
鹿の楽園(数十頭が一斉逃走中)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の楽園(数十頭が一斉逃走中)
2
帰りたくない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りたくない…
2
ありがとうございました
また来ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとうございました
また来ます
1

感想/記録

天気予報は概ね良好。
ルートを色々考えた末、かずら橋から登り天狗塚方向へ行ってみることにする。
久々の本格山行で稜線上がるころには早速にヘロヘロ。
後から考えると体力的には見ノ越から縦走してもあんまり変わんないような気もする。
白髪小屋でギブアップして幕営。水場の往復にもくたびれた。
アブがすごい。
夕立を小屋に逃げ込んでやり過ごし、テントに戻り酒呑んで寝る。
「モシャモシャ」の音で目が覚める。外を覗くと間近に十頭近くの鹿が。
ラジオつけても逃げる気配なし。結局一晩中周りをウロウロしてた。
翌朝は最高。三嶺が美しい。
まさに来たかいがあったというもの。
朝飯食って出発。徐々にガスが出てきた。
数回来ているけど、三嶺への最後の急登は堪える。
やっと山頂に着いたものの…しかしアブが凄かった…。これぞ大量発生。
早々に退散し、お亀岩方向に。
気持ち良い稜線歩きの後、お亀岩の避難小屋に到着。
雷が心配で小屋泊りとする。
夕方かなりの雨が降り、しばらくガスってたが、夜中に目を覚ますと満点の星空が。流れ星もいくつかあった。ついでに鹿も周りにたくさん。
目を覚ますと今日も快晴。
笹の朝露でビショになりながらイザリ峠目指して登っていく。
そっから先はまさに天国だった。最高の天気に最高の眺め。
牛の背界隈は鹿の楽園。
数十頭の大きな群れが草を食んでいたが、こちらに気づくと一斉に逃走。
この山行中、人間には三人しか出会わなかったが、鹿は百頭近く出会ったような気がする。
こりゃ駆除は追いつかんだろうな。何とかならんもんだろうか。
イザリ峠から牛の背まで往復して西山林道登山口まで下山する。
そっから長い舗装路歩きで菅生まで戻り、バスで車を停めた名頃まで。
暑い中、とってもとってもくたびれたけど、最高の山行となった。
この界隈の縦走ルートは、美しい上に人も少なく、色々選択肢があって楽しい。
遠いけれど、年に1,2回は来たいと思ってしまうのであります。

 
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ