ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 933722 全員に公開 沢登り奥秩父

笛吹川ナメラ沢右俣

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー toshi-17, その他メンバー4人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雁坂トンネル口(雁坂峠登山口)駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間28分
休憩
33分
合計
11時間1分
S雁坂トンネル駐車場07:0007:31沓切沢橋07:4414:36東破風山14:3715:22雁坂嶺15:2315:54雁坂峠16:0616:28井戸ノ沢出合16:3116:52峠沢出合17:05沓切沢出合17:28沓切沢橋17:3118:01雁坂トンネル駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
遡行中に大休憩をしていますので、沢の部分について休憩を除いた時間を参考に記します。(単位 分)

沓切沢橋上の登山口―(7)―沢下降点―(5)―本流―(20)―中ノ沢分岐―(85)―二俣―(20)―奥の二俣―(40)―終了点―(50)―縦走路―(10)―東破風山

なお、ルート軌跡で沢の中間部は正確ではありません。
コース状況/
危険箇所等
(ナメラ沢が一般に初級コースとして紹介されるのは左俣で、右俣の記録はあまり見当たらないので状況を記します。)

1670mの二俣、真っ直ぐ登る左俣と分かれて右に進む。(沢床は右俣の方が低く本流を示している。水量はほぼ1:1だが、やや右が多い。)その後もナメは続きます。

1800mの奥の二俣は2:1、本流と思われる左(ほぼ直進)をとるが、この二俣は共に出合は滝が落ちている。滝の直登は厳しそうなので、ここは両沢の中間の小尾根の末端にある草付き(バンド気味)を左斜上し落ち口近くに降りる。
この草付きは足場が悪い。(今回の山行で一番危険だと思った所。)

奥の二俣を過ぎてもナメ滝は続く。2000m付近で水はほとんど無くなり、岩、ガレ混じりの開けた沢になる。(視界が良く、広瀬湖が望めた。)
ここは小尾根を挟んで小さな沢が右に流れている。
ここを終了として、中間の小尾根にケモノ道状の踏み跡があったので拾って登った。途中少しのヤブ漕ぎがあったが最後は岩の積み重なった所に出るとすぐに一般道に突き上げた。東雁坂山と西雁坂山のほぼ中間地点だった。

参考タイム:ナメラ沢への下降点から二俣まで約2時間、二俣から源頭(ガレ状沢)まで約1時間、稜線まではさらに約1時間掛かった。左俣より若干時間が掛かり、難度も少し高いと思われる。

写真

沓切沢橋上の登山口。ここで沢支度をする
2016年08月06日 07:33撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沓切沢橋上の登山口。ここで沢支度をする
1
しばらく歩くと峠沢への下降点(標識あり)
2016年08月06日 07:50撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと峠沢への下降点(標識あり)
峠沢出合付近に下降し、本流へと少し下る
2016年08月06日 07:57撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠沢出合付近に下降し、本流へと少し下る
1
本流の遡行開始
2016年08月06日 07:59撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流の遡行開始
1
5m滝、この滝は右からバンドを辿り、一歩せりあがる(ちょっとイヤらしいが、バンドを行かなくても右に巻きあり)
2016年08月06日 08:05撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5m滝、この滝は右からバンドを辿り、一歩せりあがる(ちょっとイヤらしいが、バンドを行かなくても右に巻きあり)
1
ナメが出てきて早速ウォータースライド
2016年08月06日 08:28撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメが出てきて早速ウォータースライド
5
とにかくナメが続きます
2016年08月06日 08:39撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかくナメが続きます
1
以下、ナメ、ナメ、ナメ、・・・
2016年08月06日 08:45撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以下、ナメ、ナメ、ナメ、・・・
かなり長いナメ
2016年08月06日 09:02撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり長いナメ
1
暑いので積極的に水の中に入る
2016年08月06日 09:08撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑いので積極的に水の中に入る
5
1680m付近の二俣。左俣をとったが・・・
2016年08月06日 09:45撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1680m付近の二俣。左俣をとったが・・・
倒木が多く荒れているので、・・・
2016年08月06日 09:47撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が多く荒れているので、・・・
二俣まで戻り、右俣に入る。沢は狭くなり、こちらも荒れている
2016年08月06日 10:02撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣まで戻り、右俣に入る。沢は狭くなり、こちらも荒れている
ナメが相変わらず続く
2016年08月06日 10:09撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメが相変わらず続く
1800m付近の二俣出合にある8mくらいの滝の巻き(今回一番危険と思われたポイント)
2016年08月06日 10:22撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1800m付近の二俣出合にある8mくらいの滝の巻き(今回一番危険と思われたポイント)
4
そのあとも荒れたナメ滝が続く
2016年08月06日 10:32撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのあとも荒れたナメ滝が続く
水量が少なくなって源頭に近い
2016年08月06日 10:51撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量が少なくなって源頭に近い
2000m付近、水が涸れた明るい沢。このあと右の樹林帯についたケモノ道を拾って登る
2016年08月06日 11:05撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2000m付近、水が涸れた明るい沢。このあと右の樹林帯についたケモノ道を拾って登る
1
上部はヤブ漕ぎもあったが、岩の積み重なった所に出るとすぐに稜線の一般道に合流した
2016年08月06日 14:17撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部はヤブ漕ぎもあったが、岩の積み重なった所に出るとすぐに稜線の一般道に合流した
4
帰りは雁坂峠を経由して下る
2016年08月06日 15:52撮影 by EX-Z370, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは雁坂峠を経由して下る
1
撮影機材:

感想/記録

ナメラ沢は過去に3、4回歩いている。(うち1回は下降)
最近の状況を調べもせずに初級コースということもあり軽い気持ちで出掛けたが、上部がこんなにも荒れているとは思わなかった。いったん左俣を進んだものの荒れていたので違ったのかと思って引返し、右俣に入りなおしてしまった。途中で違うことに気付いたが、こちらも興味があったのでそのまま進み、新しい発見をすることができたという点では満足だった。

しかし、残念なことに捻挫を起こしてしまい、帰りの雁坂峠からの下りは苦しいものになってしまった。翌日腫れが酷くなり一日中氷で冷やした。今日はやっと腫れが無くなったが内出血したと見え、くるぶしの下あたりが青い。捻挫した方の足の痛みはほぼ消えたが、片一方の足のくるぶしあたりが痛くなって普通の歩きがぎこちない。庇って歩いていたせいなのか?、すぐに慣れるとは思うが人間の身体と言うものは不思議なものだ。
訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/4/25
投稿数: 825
2016/8/11 9:17
 足のご様子は?
足を捻挫されたようですが、あまり酷くない様子なのでなによりでした。
庇って歩いていると余分なところに力が入り、痛みが出てしまうことが良くありますよネ。
猛暑日の続く今日この頃ですから天が与えてくれた休養と考えて完全に治されての次の記録をお待ちしています。
登録日: 2012/11/25
投稿数: 357
2016/8/11 17:33
 Re: 足のご様子は?
ありがとうございます。
幸い冷湿布が効いたようで、腫れや痛みはほとんど無くなり、普通に歩けるようになりました。
おっしゃるように暑い日が続きますのでゆっくり休んでから歩こうと思っています。
よろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ