ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935121 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走鳥海山

鳥海山:湯ノ台口 外輪への最短距離?でも厳しい登り

日程 2016年08月08日(月) [日帰り]
メンバー kyen
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車道終点に45台分、終点手前約300メートルに75台分の駐車場。本日6:30は終点に15台程だった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間26分
休憩
1時間50分
合計
10時間16分
S湯ノ台口06:3006:44滝ノ小屋07:25八丁坂途中07:3507:52河原宿小屋07:5408:25大雪渓の後08:3509:40あざみ坂下部09:5010:40伏拝岳10:4610:56行者岳11:21七高山11:3312:02鳥海山12:3913:31行者岳13:3213:35伏拝岳13:5015:35河原宿小屋15:4016:27滝ノ小屋16:2916:46湯ノ台口16:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されており、危険個所はない。雪渓周辺の道がザレで、下りですべりやすいので注意。新山の登り降りは三点確保でね。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

早朝の羽越線踏切で通過列車!ちょうど鳥海山が見えるので撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の羽越線踏切で通過列車!ちょうど鳥海山が見えるので撮影。
9
県道公園線から鳥海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道公園線から鳥海山。
4
車道終点の立派なトイレ。二階は?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道終点の立派なトイレ。二階は?
2
滝ノ小屋までは荒い石畳の道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝ノ小屋までは荒い石畳の道。
1
滝ノ小屋から沢を歩いて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝ノ小屋から沢を歩いて、
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
5
咲き終わったチングルマ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き終わったチングルマ。
1
白糸の滝が見えると、左の山腹へ登り開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸の滝が見えると、左の山腹へ登り開始。
3
庄内平野と海岸の景観が広がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庄内平野と海岸の景観が広がる。
8
ピンボケですが多分、以東岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンボケですが多分、以東岳
3
月山森が見えてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山森が見えてくる。
3
河原宿から鳥海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原宿から鳥海山。
5
河原宿小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原宿小屋。
4
河原宿から。下の大雪渓、一番上が小雪渓で共に登路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原宿から。下の大雪渓、一番上が小雪渓で共に登路。
7
まだチングルマが咲いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだチングルマが咲いている。
14
大雪渓の右岸を登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓の右岸を登っていく。
3
この辺りはニッコウキスゲが最盛期。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはニッコウキスゲが最盛期。
11
青空とニッコウキスゲ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とニッコウキスゲ。
17
大雪渓を渡りながら、伏拝岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓を渡りながら、伏拝岳。
7
大雪渓から河原宿小屋を見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓から河原宿小屋を見下ろす。
3
小雪渓を渡ると、いよいよあざみ坂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪渓を渡ると、いよいよあざみ坂。
1
小雪渓を登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪渓を登って行く。
4
ミヤマキンバイらしいのだが、反射で白くなってしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイらしいのだが、反射で白くなってしまった。
2
あざみ坂から雪渓を見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あざみ坂から雪渓を見下ろす。
4
あざみ坂の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あざみ坂の登り。
2
チョウカイアザミ。真っ黒にも見える濃い紫。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウカイアザミ。真っ黒にも見える濃い紫。
4
あざみ坂はハクサンシャジンの間を登る。きれいだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あざみ坂はハクサンシャジンの間を登る。きれいだった。
6
鳥海湖と御浜小屋が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海湖と御浜小屋が見える。
4
あの道標は稜線の道か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの道標は稜線の道か?
1
まだでした。ここが稜線の道。伏拝岳直下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだでした。ここが稜線の道。伏拝岳直下。
4
伏拝岳に出ると新山が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏拝岳に出ると新山が見える。
4
伏拝岳から河原宿方面、左端に滝ノ小屋が見える。車道終点の駐車場とトイレもその左に見えたが、写真には入っていない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏拝岳から河原宿方面、左端に滝ノ小屋が見える。車道終点の駐車場とトイレもその左に見えたが、写真には入っていない。
3
稜線上はイワギキョウがきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上はイワギキョウがきれい。
6
新山と七高山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山と七高山。
10
行者岳を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者岳を振り返る。
2
七高山が近づく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山が近づく。
2
新山と雪渓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山と雪渓。
7
七高山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山山頂。
7
七高山から祓川方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山から祓川方面
4
七高山から秋田方面の日本海。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山から秋田方面の日本海。
9
七高山から新山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山から新山。
4
この峰の右に三角推の岩木山が見えていたのだが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この峰の右に三角推の岩木山が見えていたのだが、
2
千蛇谷方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千蛇谷方面。
1
新山下から七高山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山下から七高山。
1
新山への登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山への登り。
2
途中雪渓を渡る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中雪渓を渡る。
2
新山への登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山への登り。
1
胎内くぐり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内くぐり。
2
鳥海山(新山)山頂。あれ、山頂標識は北側だったっけ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海山(新山)山頂。あれ、山頂標識は北側だったっけ?
16
新山山頂から、あっちが高い?(いつも思う)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山山頂から、あっちが高い?(いつも思う)
4
新山山頂から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山山頂から
1
胎内くぐり内部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内くぐり内部。
1
千蛇谷方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千蛇谷方面。
3
伏拝岳から下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏拝岳から下る。
2
小雪渓に雲が架かってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪渓に雲が架かってきた。
2
また晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また晴れてきた。
1
またニッコウキスゲの道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またニッコウキスゲの道。
14
東方面、丁岳はどれだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方面、丁岳はどれだろう。
2
もう少しで滝ノ小屋、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで滝ノ小屋、
4
いきなり車道に出る、長かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり車道に出る、長かった。
2
車道終点駐車場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道終点駐車場。
4

感想/記録
by kyen

この土日、東北は良い天気だったが、仕事。月曜に休みがとれるが、宮城周辺は一部雨の予報だった。日本海側の天気が良さそうなのだが、猛暑。それでは標高の高い所スタートというと、どこが良いだろうか?鳥海山で、まだ行ったことのないコース、湯ノ台口から新山まで行ってみようと考えた。

まだ暗いうちに出発し、山形道寒河江付近で夜明け。葉山はよく見えているじゃないの。酒田辺りからは鳥海山はよく見え、雲もなし。湯ノ台口の車道終点駐車場は、さすがに平日なので空いている。1200mのここでも20℃以上、今日は暑くなりそうだ。駐車場からすぐに樹林の中、荒い石畳の道で登る。しばらく行くと平坦になり沢1本を橋で渡って、15分ほどで滝ノ小屋前へ。良さそうな小屋だ。滝ノ小屋からは沢を通って上流へ向かう。周辺は低灌木帯である。小屋の名前にもなっている白糸の滝が見えると、左の山腹へ登りが開始する。最初は笹の暗い道であるが、直ぐに開けた大きな石の多い登りとなる。これより上は樹木はなく常に展望は良い。先ずは背後に庄内平野と朝日連峰の眺めが広がる。周辺は高山植物が咲き乱れている。この八丁坂を登りきって平坦になると河原宿小屋である。小屋前には沢が流れ、鳥海の外輪を望む良い環境である。ここから暫くは大きな石の多いややザレの道を進み、大雪渓に近づく。夏季はそのまま雪渓の左の石とザレの道を登っていくが、この辺りはニッコウキスゲが豊富できれいに咲いている。かなり上部で雪渓を横断する。スプーンカットでそれ程堅くもないので、あまり危険はない。大雪渓を渡ると尾根上の所を登っていき、上の小雪渓に近づく。雪も堅くないし、登りなら大丈夫だろうと、かなり下で小雪渓に入り、雪渓上を登って、対岸のルートサインの場所に出た。さて、いよいよあざみ坂の急登である。標高差は400m程度であるが、傾斜はきつい。道は石で整備されている所も多い。登り切ると伏拝岳山頂の直下の縦走路に出る。

伏拝岳で、中央火口丘の新山や行者岳から七高山への外輪山の展望が一気に広がる。湯ノ台方面を見ると、河原宿小屋、滝ノ小屋、駐車場やトイレも見える。外輪の縦走路を進むと行者岳は緩い登りだが、その先行者岳の下りには短いハシゴがある。さらに七高山へ向かうと、ハシゴが2つあり、数十メートルの登りとなる。御室小屋への分岐を直進すると少しの登りで七高山山頂に着く。七高山は2年ぶり、その時は春の雪山だったが。今日は太平洋側は雲が架かって見えない。日本海側は海岸線まで良く見えている。北の方向に三角のきれいな山容の山が見えたが、多分岩木山だろう。さて、先程の分岐から急な下りを御室小屋に向かい、下まで下って登り返して途中から新山山頂に向かう。途中で少し雪渓を横断する所がある。新山は鋭角の大岩の堆積で、ルートサイン通り、それを登っていく。この七高山側のルートは山頂直下に胎内くぐりがある。新山山頂は4年ぶりだった。少し雲が出てきて新山からの展望はあまり良くなかった。帰路は、そのままの道を戻った。七高山への登り返しは短いが、疲れた足にはこたえた。鳥海山はやはりスケールが大きい。特に新山の往復をあまり考えに入れていなかったので、結構きつかった。でも、鉾立からの長い、しかも石畳の道より、山らしくて、私はこちらの方が好きだ。一か月程早ければ、アイゼンを使うことになるが、登降路に長く雪渓を使えるので、もう少し楽になるかもしれない。鳥海は西北南から登ったので、東(百宅)も行きたいのだけど、アプローチが問題かな。
訪問者数:663人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2016/8/9 6:23
 滝ノ小屋
 kyenさん、おはようございます。
 先週末小生が東北にお邪魔し、気楽に観光&ハイクrunしている間お仕事、お疲れさまです。月曜に鳥海に行かれたんですね。天気も良くて 、良かったですね。ニッコウキスゲの海、素敵です。思い出します。
 日曜、横浜への帰途、高速で1箇所だけ“38度”の温度表示があって驚き ました。東北も今年の夏は灼熱 ?それでも、鳥海は東北中部以北の山では頭抜けて高いですので、避暑登山には最適ですね
 鳥海は一度しか行ってませんが、その時本コース上部は辿ってます。大雪渓、「心字雪渓」と呼んでいた記憶があります。その時は滝の小屋に泊まりましたが、流水の上に小屋掛けしたトイレで、「水洗だ」と感心?したのを覚えています。素泊まりでしたが単独だったせいか、囲炉裏端の小屋蕃の酒宴に呼ばれました。酔いも廻り半分近く聞き取れない(笑)山の会話を聞きながら、初めてのみちのくの高山の豊富な残雪、外輪山のお花畑の景色を反芻していた心地よさを今でも思い出します。
 鳥海山、再訪したいです。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 172
2016/8/9 17:18
 Re: 滝ノ小屋
odaxさん、こんばんは。
湯ノ台登山口は1200mですから、暑さは少しはましですけど、鳥海山は森林限界が低いので、ずっと直射日光を浴び、かなり暑かったですよ。適度の風があったので休憩すれば快適ですが。飲料+水は3リットル持っていきました。脱水の兆候はむくみが出ます。手(の甲)を見るとわかるので、注意して、脱水症状にならないよう気をつけています。
湯ノ台コースの雪渓は心字雪渓というのは聞いていました。写真16で見ると長い画が大雪渓(大雪路)、上の点が小雪渓(小雪路)にあたります。「水洗」トイレは今はそうじゃないですよね。小屋のすぐ上の沢では、顔洗って、タオルを浸して拭いていましたけど。
鳥海山はどこから登っても、登りがいがあります。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ