ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939033 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

黒川鶏冠山と大菩薩嶺(柳沢峠から水源林を歩く。)

日程 2016年08月13日(土) [日帰り]
メンバー shokunpapa
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
柳沢峠の市営駐車場に駐車
駐車台数約30台。トイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間6分
休憩
55分
合計
9時間1分
S柳沢峠駐車場08:0508:50六本木峠09:15横手山峠09:421695m分岐点09:53鶏冠山(鶏冠神社)09:5610:121695m分岐点10:12黒川山(三角点)10:17見晴台10:2410:241695m分岐点10:35横手山峠11:06六本木峠11:42天庭峠11:58寺尾峠12:16丸川荘(丸川峠)12:4013:57大菩薩嶺14:03雷岩14:1714:23大菩薩嶺15:25丸川荘(丸川峠)15:3215:46寺尾峠15:58天庭峠16:29六本木峠16:44展望台17:06柳沢峠駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
所要時間:9時間1分
歩行時間:517分(小休止を含む、昼食休憩含まず。)標準CT(574分)の0.90倍。
距離:23.9km
累積標高差:+-1140m
行程量:47.8+22.8+11.4=82.0P(EK41)(★★★)
ラップタイム:6.30分/P(マイペース登高能力:+357m/h、ランク掘
(標準CT:7.00分/P、+321m/h)
エネルギー定数:517*0.03+1.14*10+1.14*0.6+23.9*0.3=34.767
(ルート定数:574*0.03+.....=36.477)
山のグレード:4B
消費カロリー:34.767*(80+(9.3+6.2)/2)=3,051kcal
※各指標の説明は、私のプロフィールに掲載。
コース状況/
危険箇所等
■もともと、水源林の巡視のために作られた道なので、急坂が少なく歩きやすいです。
■鶏冠神社への道が唯一の難路です。
その他周辺情報■下山後、丹波山の「のめこい湯」で入浴。大人600円(JAF割引で500円)。普段は19:00(受付は18:00)までですが、立ち寄った日は20:00(受付19:00)まで延長して営業していました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ 飲料 お湯

写真

8:06 柳沢峠の階段を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:06 柳沢峠の階段を登ります。
8:13 ミズナラ林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:13 ミズナラ林
8:26 この一帯は、東京都水道局の管理する水源林になっており、柳沢峠に近い林には、散策道が整備されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:26 この一帯は、東京都水道局の管理する水源林になっており、柳沢峠に近い林には、散策道が整備されています。
8:32 大きなミズナラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:32 大きなミズナラ
8:41 苔に覆われた岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:41 苔に覆われた岩
1
8:42 いろいろな苔が生えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:42 いろいろな苔が生えています。
8:50 六本木峠に到着。この後も2度通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:50 六本木峠に到着。この後も2度通過します。
8:56 丸太橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:56 丸太橋を渡ります。
9:02 林道を横切ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:02 林道を横切ります。
9:04 林の中の道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:04 林の中の道
9:15 横山峠(黒川鶏冠山への登り口)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:15 横山峠(黒川鶏冠山への登り口)
9:20 緩やかな登り道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:20 緩やかな登り道が続きます。
9:42 1695m分岐点。ここで鶏冠山と見晴台方面に分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:42 1695m分岐点。ここで鶏冠山と見晴台方面に分岐。
9:42 鶏冠山に行くために、一旦鞍部に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:42 鶏冠山に行くために、一旦鞍部に下ります。
9:46 鶏冠山への登りの岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:46 鶏冠山への登りの岩場
9:53 鶏冠山の山頂。山梨百名山の標識が建っています。鶏冠神社が祀られています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:53 鶏冠山の山頂。山梨百名山の標識が建っています。鶏冠神社が祀られています。
9:54 大菩薩嶺が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:54 大菩薩嶺が見えます。
10:09 再び1695m分岐点に戻ります。見晴台方面に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:09 再び1695m分岐点に戻ります。見晴台方面に行きます。
10:11 黒川山の三角点。見晴台へ行く道から右手前のピークを上った所にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:11 黒川山の三角点。見晴台へ行く道から右手前のピークを上った所にあります。
10:19 見晴台からの北方の多摩川源流の眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:19 見晴台からの北方の多摩川源流の眺め。
1
10:19 南方の眺め。これからたどる、大菩薩嶺に向かう稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:19 南方の眺め。これからたどる、大菩薩嶺に向かう稜線。
10:45 動物の足跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:45 動物の足跡
10:51 檜林もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:51 檜林もあります。
11:06 六本木峠に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:06 六本木峠に戻りました。
11:09 丸川峠・大菩薩嶺方面への道。わりと平坦です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:09 丸川峠・大菩薩嶺方面への道。わりと平坦です。
大きなブナの木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなブナの木
11:09 沢の奥の水源
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:09 沢の奥の水源
2
11:18 苔が生えた林の中の道を通ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:18 苔が生えた林の中の道を通ります。
1
11:41 天庭峠を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:41 天庭峠を通過。
10:52 卵のようなキノコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:52 卵のようなキノコ
12:14 尾根を巻いて丸川峠に下りていく道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:14 尾根を巻いて丸川峠に下りていく道
12:16 丸川峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:16 丸川峠に到着
1
丸川峠で昼食。帰省先の関西で大量に買ったポールウインナーも持参。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠で昼食。帰省先の関西で大量に買ったポールウインナーも持参。
1
丸川峠の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠の標識
12:40 大菩薩嶺は左に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40 大菩薩嶺は左に
12:40 丸川山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40 丸川山荘
13:55 山頂近くのコメツガ林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:55 山頂近くのコメツガ林
13:57 大菩薩嶺の山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:57 大菩薩嶺の山頂
14:03 雷岩に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:03 雷岩に到着
14:03 大菩薩湖が薄っすらと見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:03 大菩薩湖が薄っすらと見えます。
14:17 柳沢峠の駐車場に向けて、来た道を戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:17 柳沢峠の駐車場に向けて、来た道を戻ります。
14:23 再び大菩薩嶺山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:23 再び大菩薩嶺山頂
15:00 ダケカンバの大木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:00 ダケカンバの大木
マルバタケブキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバタケブキ
マルバタケブキの群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバタケブキの群落
このような花も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような花も
柵に守られたヤナギラン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵に守られたヤナギラン
1
15:32 丸川峠のお地蔵さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:32 丸川峠のお地蔵さん
16:14 ブナの若木と苔の森
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:14 ブナの若木と苔の森
16:29 三度、六本木峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:29 三度、六本木峠
16:42 多摩源流域展望台に立ち寄り。霞に覆われて遠くまでは見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:42 多摩源流域展望台に立ち寄り。霞に覆われて遠くまでは見えず。
16:59 散策道を離れて柳沢峠への道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:59 散策道を離れて柳沢峠への道へ
17:04 夕日に照らされたミズナラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:04 夕日に照らされたミズナラ
17:05 柳沢峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:05 柳沢峠に到着
17:06 市営駐車場に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:06 市営駐車場に到着

感想/記録

 お盆の期間は高速道路は混むし、低い山では暑いしということで、この時期に出かけるのに相応しい山がないかと探した結果、奥多摩を車で走り詰めて、柳沢峠から黒川鶏冠山に登ることにしました。また、大菩薩嶺と柳沢峠との間を赤線でつなぐために、大菩薩嶺にも登りました。

 柳沢峠は、国道411号青梅街道の最高点で、標高が1475mあります。多摩川と富士川の分水嶺になっており、周辺の山林は、山梨県にもかかわらず東京都水道局が管理する水源林になっています。

 今回たどった道は、水源林の中の道で、もともとは巡視用に作られたものと思います。急な坂道がなく、歩きやすくできていました。

 最初に登った黒川鶏冠山は、甲信越100名山の一つになっています。東に離れた鶏冠山の頂上には鶏冠神社が祀られていました。ここへは、赤テープに従って岩場を越えていきました。鶏冠山と黒川山三角点と見晴台を一通りめぐりました。

 次に、来た道を六本木峠まで戻って、尾根伝いに丸川峠を経由して大菩薩嶺を往復しました。急坂はないものの、距離があるため、往復するのに時間がかかりました。道中の森の中には、大きな岩に苔が張り付いた苔ガーデンがあって綺麗でした。天気は曇り空で、大菩薩嶺を越えて雷岩まで行きましたが、景色が霞んでいました。

 田中陽希さんが100名山グレートトラバースの際に、秩父の三峰の麓の宿を出発して、雲取山と大菩薩嶺を1日で踏破していますが、私が今回歩いたコースは、その際のルートの一部です。私には走る体力がないので、起伏の少ない道でもずっと歩きで通しました。
訪問者数:303人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ