ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940392 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

ツルネ東稜→赤岳→ギボシ&権現→天女山

日程 2016年08月09日(火) 〜 2016年08月10日(水)
メンバー takayama2
天候晴れ(山はガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間23分
休憩
33分
合計
6時間56分
Sスタート地点(レストハウス赤い橋)06:0906:35天女山方面・たかね荘方面分岐08:10出合小屋08:1208:14本谷・赤岳沢分岐08:37ツルネ東稜取付き点08:4509:52標高2315m付近10:0210:33ツルネ11:03キレット小屋上部の稜線11:42標高2504mP11:5212:47竜頭峰12:4813:00赤岳13:0213:05宿泊地(赤岳頂上山荘)
2日目
山行
7時間40分
休憩
1時間9分
合計
8時間49分
宿泊地(赤岳頂上山荘)06:1006:12赤岳06:1407:44キレット小屋07:4808:15ツルネの頭08:22ツルネ東稜分岐08:2409:06旭岳09:1309:46東ギボシ10:1110:25権現岳10:4711:26三ッ頭11:2711:56前三ツ頭11:5813:58天女山上駐車場14:04天女山14:0814:59ゴール地点(レストハウス赤い橋)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
東沢橋近くのレストハウスPに駐車。
川俣川東沢北側の林道から地獄沢に入る。始めは涸れ沢だが、途中から水流あり、東稜尾根取付きまで10回程度の渡渉。当日は水量少なく、登山靴を濡らすことはなかった。
ネットの記録から、地形図やGPSは不要と判断し、登山地図のみ携行する。実際に歩いてみた結果、迷いやすい所や分かりにくい所は全くなかったが、急斜面の岩場が何ヶ所かあり、下りには要注意。

レストハウス赤い橋=標高約1470m
ツルネ東稜の尾根取り付き点=約1920m
ツルネ(縦走路合流点)=約2550m
赤岳=2899.4m

ツルネ東稜の標準コースタイム
美し森→出合小屋=2H
出合小屋→ツルネ=2H
(赤岳頂上山荘トイレ入口の山域一帯の概略図に依る。下りのCTは書かれていない。)

写真

登山スタート前、レストハウス赤い橋の駐車場からの眺望。
三ッ頭〜権現〜旭〜ツルネ〜牛首。
牛首の奥に赤岳。
2016年08月09日 06:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山スタート前、レストハウス赤い橋の駐車場からの眺望。
三ッ頭〜権現〜旭〜ツルネ〜牛首。
牛首の奥に赤岳。
地獄沢の開けた所から権現(左)、旭(右)を見上げる。
2016年08月09日 07:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄沢の開けた所から権現(左)、旭(右)を見上げる。
堰堤に印されたペンキマーク
2016年08月09日 07:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤に印されたペンキマーク
その右側の梯子
2016年08月09日 07:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その右側の梯子
森林軌道の痕跡をとどめるひん曲がったレール
2016年08月09日 08:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林軌道の痕跡をとどめるひん曲がったレール
天然の丸太橋で渡る。
2016年08月09日 08:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然の丸太橋で渡る。
出合小屋
2016年08月09日 08:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出合小屋
小屋内部
2016年08月09日 08:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋内部
赤岳沢は天狗尾根、本谷はツルネ東稜方向
2016年08月09日 08:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳沢は天狗尾根、本谷はツルネ東稜方向
(標高1910m)
この道標のすぐ近くで上ノ権現沢左股を渡り、さらに奥で右股を渡って東稜尾根に取り付く。
2016年08月09日 08:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(標高1910m)
この道標のすぐ近くで上ノ権現沢左股を渡り、さらに奥で右股を渡って東稜尾根に取り付く。
東稜の中間付近から大天狗と赤岳(中央奥)
2016年08月09日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東稜の中間付近から大天狗と赤岳(中央奥)
縦走路との合流点(ツルネ)から阿弥陀〜中岳〜赤岳
2016年08月09日 10:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路との合流点(ツルネ)から阿弥陀〜中岳〜赤岳
ツルネから権現
2016年08月09日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネから権現
赤岳方向を示す標板に隠れているが、『ここはツルネ』と書かれている(2550m)。
この北側にツルネの頭(2565mピーク)がある。
2016年08月09日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳方向を示す標板に隠れているが、『ここはツルネ』と書かれている(2550m)。
この北側にツルネの頭(2565mピーク)がある。
竜頭峰の祠
2016年08月09日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜頭峰の祠
ツルネの頭から
2016年08月10日 08:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネの頭から
ツルネのコマクサ
2016年08月10日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネのコマクサ
旭岳への上りからツルネ(右)とツルネの頭(左)。
手前は無名ピーク
2016年08月10日 08:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳への上りからツルネ(右)とツルネの頭(左)。
手前は無名ピーク
旭岳頂上
2016年08月10日 09:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳頂上
旭岳から権現の肩〜ギボシ
2016年08月10日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳から権現の肩〜ギボシ
1
ギボシ頂上の石祠
2016年08月10日 09:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシ頂上の石祠
ギボシから穂高〜槍
2016年08月10日 09:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシから穂高〜槍
ギボシから権現
2016年08月10日 09:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシから権現
編笠山
2016年08月10日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山
阿弥陀〜硫黄〜横岳〜赤岳
2016年08月10日 09:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀〜硫黄〜横岳〜赤岳
立場岳、右の▽形の崩壊地は展望が良い。
立場岳の奥は峰の松目
2016年08月10日 10:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立場岳、右の▽形の崩壊地は展望が良い。
立場岳の奥は峰の松目
編笠〜西ギボシ〜西岳
2016年08月10日 10:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠〜西ギボシ〜西岳
富士山が見えたのはこの時だけ。
2016年08月10日 10:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えたのはこの時だけ。
権現岳
2016年08月10日 10:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳
1
権現から眺める東ギボシ(2700m)と西ギボシ(2647m)
2016年08月10日 10:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現から眺める東ギボシ(2700m)と西ギボシ(2647m)
三ツ頭の北側からギボシ〜権現
2016年08月10日 11:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭の北側からギボシ〜権現
三ツ頭頂上からギボシ〜権現〜阿弥陀〜赤岳
2016年08月10日 11:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭頂上からギボシ〜権現〜阿弥陀〜赤岳
タカネマツムシソウ
2016年08月10日 11:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウ
天女山(左に三角点標石)
2016年08月10日 14:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山(左に三角点標石)
八ヶ岳中信高原案内図
2016年08月10日 14:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳中信高原案内図
八ヶ岳牧場
2016年08月10日 14:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳牧場
撮影機材:

感想/記録

初めての赤岳は観音平からの日帰りだったが、濃いガスで展望皆無。
その後ルートを変えて何度も登り、素晴らしい眺望にも恵まれた。
今回の主目的はツルネ東稜と、未踏のギボシに立つこと、八ヶ岳で初の小屋泊まり。赤岳頂上は登頂日も翌朝もガスで、写真は撮らず。

ツルネ東稜というバリルートについては数年前、ヤマレコとは別のSNSで知った。立場岳や稲子岳とは違い、ルート上にピークがあるわけではないので後回しとなっていた。
2900m近い山頂に建つ赤岳頂上山荘にも、いつかは泊まってみたいと思っていた。下りには、権現岳と双璧をなすギボシにも寄ってみたいと思っていた。

ツルネ東稜は予想どおり、バリルートにしてはとても明瞭だった。一般登山道並みの立派な道標が立ち、赤ペンキやテープでの目印も適宜に付けられている。矢張り、人気の八ヶ岳エリアならでは、である。
ツルネ頂上で縦走路に出、キレットの鞍部は小屋まで下らず、稜線を行く。下りで天狗尾根へ誤進入する人がいるらしく、入口にはロープが張られていた(以前はロープも何もなし)。
竜頭峰へ立ち寄り後、赤岳へ登頂するもガスで展望はない。

頂上山荘には早い時刻に着くことが分かっていたので、宿泊手続き後に横岳奥ノ院か阿弥陀まで行ってくるつもりだったが、ガスで何も見えない状況では行く気が失せた。
当日夕食時、人数を数えたら自炊一人を含め、意外や意外 たったの16人。
山荘内の明日の天気などのお知らせ板に、明け方の最低気温は7℃と記されていた。半袖の肌シャツと長袖薄地の上着だけで、寒ければ防寒着を着るつもりでいたが、意外にも寒さは全く感じなかった。

翌朝も赤岳頂上はガス・・・。 ほとんど素通りで通過する。
キレット小屋に寄り、地獄沢沿いに曲がったレールがあったことについて、昔は森林軌道があったのかどうか聞いたら、あったとのこと。
当時 出合小屋は営林署が所有していたが、今は民間の山岳会が管理している。
頂上山荘の若い小屋番さんはツルネ東稜そのものをご存じないようだった。

今回、旭岳頂上にも寄り道した。このピークにもステンレス製の立派な標識があった。
ギボシは東西に二つあるが、今回寄ったのは東ギボシ。権現岳西峰というべき立派なピークで、山岳信仰名残りの石祠がある。
八ヶ岳横断自然歩道から車道へ下り、赤い欄干の東沢橋を渡って登山口へ戻った。
訪問者数:141人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ