ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940553 全員に公開 ハイキング丹沢

真夏に塔ノ岳に登るのは間違っているだろうか?2016

日程 2016年08月14日(日) [日帰り]
メンバー juusinn005
天候朝は霧雨、山頂はガス、下ってからは曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 小田急線渋沢駅 神奈中バス大倉
復路 富士急湘南バス玄倉 小田急線新松田駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
1時間4分
合計
8時間27分
S大倉バス停07:3908:05観音茶屋08:22雑事場ノ平08:24見晴茶屋08:40休憩08:5009:07駒止茶屋09:28堀山の家09:50天神尾根分岐10:0010:27花立山荘10:3310:44花立10:49金冷シ11:06塔ノ岳11:3611:51不動の水12:41尊仏ノ土平13:47熊木沢出合14:08ユーシンロッジ分岐ゲート14:18雨山橋14:28休憩14:3615:03新青崩隧道15:32玄倉林道ゲート16:06玄倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大倉    7:39
観音茶屋  8:05
雑事場ノ平 8:22
見晴茶屋  8:24
休憩    8:40ー8:50
駒止茶屋  9:07
堀山の家  9:28
天神尾根分岐9:50ー10:00
花立山荘  10:27−10:33
花立    10:44
金冷シ   10:49
塔ノ岳   11:06ー11:36
不動の水  11:51
尊仏ノ土平 12:41
熊木沢出合 13:47
ユーシン分岐14:08
雨山橋   14:18
休憩    14:28ー14:36
新青崩隧道 15:03
ゲート   15:32
玄倉バス停 16:06

休憩
休憩     10分
天神尾根分岐 10分
花立山荘    6分
塔ノ岳    30分
休憩      8分
計      64分(1時間4分)
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは渋沢駅、大倉に、コンパスから神奈川県警に提出

大倉〜塔ノ岳
何度も記入しているので省略。
木道、木階段は濡れていると滑りやすい。
塔ノ岳〜尊仏ノ土平
木道、木階段は濡れていると滑りやすい。
1箇所崩落地あり、道が付け替えられている。
水場からの下りは、草が登山道に結構侵食している。
尊仏ノ土平〜熊木沢出合
崩壊した林道歩き。
あまりの崩壊具合に正しい道か判断つかなくなり、来た道を辿り直した。
辿り直す途中で出会ったトレイルランナーの方のGPSを確認させていただき
ユーシンまで同行していただくことに。
東丹沢詳細地図では大崩落地帯となっている箇所を再度通過し無事到着。
途中の赤テープに釣られると、鍋割山へのバリエーションルートに入ってしまう。
要注意。
熊木沢出合〜玄倉
うんざりするような林道歩き。
途中、ヘッデンが必要なトンネルがある。

1本道にもかかわらず崩壊した林道で、道に迷ったか判断がつかなくなった。
地図、コンパスは持っていて何度か確認をしたが、自分の居場所がわからないと
役にたたない。
目印となる山なども無かったので余計混乱したが、結局のところ最初歩いていた
道で問題がなかった。
最悪塔ノ岳を登り返すつもりだったので、同行していただいた方に感謝である。
林道の崩壊度合い等について下調べが足りなかったのが原因なのでメジャーでは
無いコースは下調べが重要だと反省する次第である。
その他周辺情報鶴巻温泉弘法の里湯 モンベル割 ¥800

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ スパッツ 虫除けスプレー 膝サポーター レスキューシート
備考 飲料水3リットル持参、使用2リットル、塔ノ岳の水場で500ml補充

写真

大倉に着いたら霧雨だった。
2016年08月14日 07:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉に着いたら霧雨だった。
2
観音茶屋を通過。
2016年08月14日 08:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音茶屋を通過。
2
雑事場ノ平を通過。
2016年08月14日 08:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑事場ノ平を通過。
1
見晴茶屋を通過。
2016年08月14日 08:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋を通過。
2
駒止茶屋を通過、湿度が高すぎて非常に辛い。
2016年08月14日 09:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒止茶屋を通過、湿度が高すぎて非常に辛い。
2
堀山の家を通過、トイレが使用できなくなったとのこと。
2016年08月14日 09:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山の家を通過、トイレが使用できなくなったとのこと。
1
天神尾根分岐、この先のベンチで少し休憩。
2016年08月14日 09:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根分岐、この先のベンチで少し休憩。
3
花立山荘、皆がかき氷を食べているのを横目に、塩飴なめて休憩。
2016年08月14日 10:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘、皆がかき氷を食べているのを横目に、塩飴なめて休憩。
2
氷の幟もガスの中。
2016年08月14日 10:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の幟もガスの中。
3
花立、ガスの中。
2016年08月14日 10:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立、ガスの中。
1
花立、塔ノ岳は見えない。
2016年08月14日 10:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立、塔ノ岳は見えない。
4
金冷し、ガスは抜けた。
2016年08月14日 10:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷し、ガスは抜けた。
2
最後に登ったのは去年の10月だったな。
2016年08月14日 11:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に登ったのは去年の10月だったな。
12
塔ノ岳山頂。
2016年08月14日 11:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂。
2
塔ノ岳の主を発見w
2016年08月14日 11:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳の主を発見w
54
こちらの山頂表示も。
2016年08月14日 11:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの山頂表示も。
4
餌をねだっている。
2016年08月14日 11:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餌をねだっている。
49
昼飯その1
2016年08月14日 11:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼飯その1
8
主様が巡回中。
2016年08月14日 11:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主様が巡回中。
41
あんまりキーマカレーぽくなかったな。
2016年08月14日 11:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんまりキーマカレーぽくなかったな。
6
主様がくつろいでいる。その後、西側の斜面を下っていった。
2016年08月14日 11:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主様がくつろいでいる。その後、西側の斜面を下っていった。
37
今回もフルーツを買ってきた。
2016年08月14日 11:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回もフルーツを買ってきた。
6
ミカンとパイナップルが入っている。
2016年08月14日 11:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミカンとパイナップルが入っている。
11
前来た時にはこんな道標は無かったな。
2016年08月14日 11:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前来た時にはこんな道標は無かったな。
4
ユーシンへ向かう。
2016年08月14日 11:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンへ向かう。
1
水場まで200m、てガシガシ下るんだけど。
2016年08月14日 11:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場まで200m、てガシガシ下るんだけど。
1
水場まで150m
2016年08月14日 11:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場まで150m
1
これって食べられるのだろうか?
2016年08月14日 11:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これって食べられるのだろうか?
3
水場まで100m
2016年08月14日 11:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場まで100m
1
これを下るのか。
2016年08月14日 11:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを下るのか。
3
水場まで50m
2016年08月14日 11:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場まで50m
2
水場に到着、空のペットボトルに念のため補充。
水は美味しい。
2016年08月14日 11:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場に到着、空のペットボトルに念のため補充。
水は美味しい。
8
水場のベンチ、大昔の記憶と随分水場が変わってしまっている。
2016年08月14日 11:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場のベンチ、大昔の記憶と随分水場が変わってしまっている。
2
この道標が無いと分からないな。
2016年08月14日 12:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標が無いと分からないな。
2
尊仏ノ土平
2016年08月14日 12:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尊仏ノ土平
3
崩壊しかけた林道をユーシンへ向かう。
2016年08月14日 12:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊しかけた林道をユーシンへ向かう。
5
タマアジサイ、その後歩いている道に自信がなくなり右往左往する。途中で出会ったトレイルランナーの方に同行してもらうことに。
2016年08月14日 13:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマアジサイ、その後歩いている道に自信がなくなり右往左往する。途中で出会ったトレイルランナーの方に同行してもらうことに。
2
熊木沢出合いを通過、元の道で問題なかった。
2016年08月14日 13:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木沢出合いを通過、元の道で問題なかった。
熊木沢ブルーその1
2016年08月14日 13:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木沢ブルーその1
5
熊木沢ブルーその2
2016年08月14日 13:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木沢ブルーその2
16
ユーシン分岐、ここで同行していただいた方と別れる。
2016年08月14日 14:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシン分岐、ここで同行していただいた方と別れる。
1
タマアジサイ、林道脇に一杯咲いていた。
2016年08月14日 14:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマアジサイ、林道脇に一杯咲いていた。
2
雨山峠への登山口、いずれは歩いてみたい。
2016年08月14日 14:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠への登山口、いずれは歩いてみたい。
2
くたびれたので小休止。
2016年08月14日 14:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くたびれたので小休止。
7
トンネルの脇で休憩した。
2016年08月14日 14:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルの脇で休憩した。
3
ここはそれほど長くなかったが、ヘッデンは必要だろう。
2016年08月14日 14:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはそれほど長くなかったが、ヘッデンは必要だろう。
1
長い上にカーブしていて先が見えないトンネルだったが、観光客はライトなしで歩いていた。怖くて真似できないわ。
2016年08月14日 15:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い上にカーブしていて先が見えないトンネルだったが、観光客はライトなしで歩いていた。怖くて真似できないわ。
6
ようやく玄倉林道のゲートを通過。
2016年08月14日 15:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく玄倉林道のゲートを通過。
1
丹沢湖、水が少ない。
2016年08月14日 16:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢湖、水が少ない。
2
バス停に着くとすぐにバスが来たので飛び乗った。
2016年08月14日 16:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停に着くとすぐにバスが来たので飛び乗った。
6
撮影機材:

感想/記録

ユーシンの方へ歩いてみたことが無かったので歩いてみることにした。
真夏の丹沢では、結構ひどい目にあっているので飲料水3Lにエナジー系ゼリー
を8個用意して、先に塔ノ岳へ登ってしまうことに。

大倉に到着すると、天気は霧雨で思ったほど暑くない。
久しぶりの大倉尾根なのでバテないようゆっくり歩くが、湿度が高すぎて汗びっ
しょりになりかなり辛い。
天神尾根分岐ぐらいまでがキツかったが、マメに休憩を入れたので花立の階段は
あっさりクリアし、なんとか塔ノ岳へ。

山頂は完全に白い世界だったが、今日の目的はユーシン側へ降りることなので
さっさと食事を済ませて、下山する。
塔ノ岳の水場は記憶にあるのと大分違っていたが、水は旨い。
念のため空ペットボトル1本に水を補充して、尊仏ノ土平へ。
誰も歩いていないのか、蜘蛛の巣をはらいながらどんどん高度を下げていく。

尊仏ノ土平に着く頃には、ガスが晴れているのか少し暑い。
道標に従い、崩れかけた林道を歩いて行くが、道標があまりない上に崩壊具合が
ひどすぎる。
不安になって、元来た道を戻ると赤テープがあるのでそちらへ進んで見る。
どうやら、そちらは鍋割山へのバリエーションルートのようなので、最後の道標
まで戻ってやり直すべく元来た道を戻り始める。

戻りだすと、このコースに入ってから初めて人に出会う。
同方向なので同行しましょうか、と言っていただいのでお言葉に甘える。
崩壊具合の一番酷いところを乗り越えて進むと、さらに林道が続いており、無事に
熊木沢出合に。
この方はユーシンの河原へ行くとのことなので、ユーシンの分岐でお別れした。
その後は、ひたすら長い林道をだらだら歩いて玄倉に到着。
到着するとバスがすぐ来たのでそのまま乗り込み新松田へ。
その後は何時ものごとく弘法の里湯で汗を流してから帰宅した。

昨年の夏ひどい目にあった塔ノ岳にこりもせず行ったわけだが、今回は高湿度に苦
しめられた。
さらに、下調べが足りなかったため、尊仏ノ土平から先で右往左往するはめになり
恥ずかしい。
ユーシンまでの間に同行していただいたトレイルランナーの方が居なかったら、
塔ノ岳を登り返すことになっていたかもしれないので、その方にはこの場でお礼を
申し上げたい。
「大変お世話になり、ありがとうございました。」
やはり、真夏に塔ノ岳に登るのは間違っているようだ。
訪問者数:1405人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/28
投稿数: 741
2016/8/15 4:31
 夏の塔ノ岳は…
Juusinn005さん、こんばんは!

またまた行ってしまったのですね、真夏の塔ノ岳(^^;
しかし、時間がある時を見計らってまだ歩いた事の無いルートを歩きたい…そんな気持ち良く分かります(^^)

最近山から遠ざかっていますので、羨ましく拝見させていただきました。
お疲れ様でした!

山頂ネコさん元気でいますね。
一時どなたかに保護されるという情報を聞きましたが…あれはどうなってしまったのか…
登録日: 2013/12/3
投稿数: 173
2016/8/15 20:06
 大崩落で
juusinn005さん 今晩は

大崩落で引き返しましたか
私もあそこで迷いました、それも日が暮れてヘッデン点けて
乗越えるのか?2か所で・・その先に倒木・・
夜中で初ユーシン林道は中々デンジャラスでした
もう2014年のことであの頃よりは良くなっているようですが
それでも落石注意のとんでもない道ですよねぇ

夏の塔ノ岳・・・丹沢自体ですよねぇ夏は沢筋以外灼熱地獄
登録日: 2014/12/7
投稿数: 237
2016/8/15 21:19
 Re: 夏の塔ノ岳は…
itadakipinkさん、こんばんわ。

懲りずにいってしまいました、塔ノ岳
7月の畦ヶ丸もそうでしたが、霧雨の高湿度が非常に堪えました
かえって霧雨を抜けた花立の上りの方が楽だったぐらい

塔ネコくん、捕獲計画が失敗して以来保護話を聞かないので、
話自体無くなったのかもしれませんね
本ネコは、そんな話もどこ吹く風といったようでしたが
登録日: 2014/12/7
投稿数: 237
2016/8/15 21:27
 Re: 大崩落で
KazzSさん、こんばんわ。

まさに大崩落で引き返しました

落ち着いて地図を検討していれば先に進んでいたのでしょうが、あまりの道の
酷さに完全にうろたえて、最悪塔ノ岳を登り返すことを覚悟しました
先にカーブミラーが見えていたんですけどね
途中で同行してくれた方と出会わなければ、おそらく登り返していたでしょう。

大崩落の前後にテープなりマーキングが欲しかったですね、他力本願だけど

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

水場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ