ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 942296 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

塩見岳:畑薙から日帰り。三度目の挑戦!

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー kirinchan
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
15時間51分
休憩
1時間10分
合計
17時間1分
S畑薙ダムゲート前02:0503:31椹島04:44二軒小屋ロッジ04:5205:10蝙蝠岳登山口05:41中部電力施設07:30徳右衛門岳07:3909:11蝙蝠岳09:1511:20塩見岳東峰11:23塩見岳11:5011:53塩見岳東峰13:29蝙蝠岳13:3914:48徳右衛門岳16:10中部電力施設16:42蝙蝠岳登山口17:00二軒小屋ロッジ17:1217:50椹島19:06畑薙ダムゲート前19:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・蝙蝠岳〜徳右衛門岳は倒木が多く、デカザックの場合は苦労しそうです。
・二軒小屋〜塩見岳は水場が1か所しかないため、飲料をそれなりに担ぐ必要があります。※今回水場の状況は確認していません。
・北俣岳〜蝙蝠岳は尾根が広くガスが出た際の道迷いと雷注意。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

畑薙沼平出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙沼平出発!
ライトは二灯だけど100均のだから暗い〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライトは二灯だけど100均のだから暗い〜
暗闇をひたすら漕いで椹島。すでにお尻が痛いけど、まだ先は長い〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗闇をひたすら漕いで椹島。すでにお尻が痛いけど、まだ先は長い〜
やっとこさ二軒小屋着。尻、腰、膝が限界に痛い。もうバテバテ。※途中まで一緒に行ってくれたcotaさんありがとうございました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ二軒小屋着。尻、腰、膝が限界に痛い。もうバテバテ。※途中まで一緒に行ってくれたcotaさんありがとうございました!
ぬかるんだ林道を走ってきたので全身泥はねがひどい。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぬかるんだ林道を走ってきたので全身泥はねがひどい。。
1
さぁ気合を入れて登りますよー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ気合を入れて登りますよー!
中電の要塞。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中電の要塞。
!!! マイタケの一種?らしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
!!! マイタケの一種?らしいです。
食べれるのかな〜???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べれるのかな〜???
若干荒れてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干荒れてます。
徳右衛門岳着!ちなみにグローブ新調しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳右衛門岳着!ちなみにグローブ新調しました。
森林限界越えました!富士山がキレイ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界越えました!富士山がキレイ!
まずは蝙蝠岳を目指します!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは蝙蝠岳を目指します!
1
蝙蝠岳ついたー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝙蝠岳ついたー!
1
塩見はまだ遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見はまだ遠い。
農鳥、間ノ岳、仙丈方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥、間ノ岳、仙丈方面。
荒川三山の巨大山塊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川三山の巨大山塊。
富士山もばっちり!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もばっちり!
1
歩いてきた道を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返る。
さぁ塩見目指します!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ塩見目指します!
1
一旦樹林帯に突っ込みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦樹林帯に突っ込みます。
このあたりからハエが出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからハエが出てきました。
1
こんもりした尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんもりした尾根。
1
常に塩見を見て歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常に塩見を見て歩きます。
1
近づいてきたぞ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてきたぞ〜
1
とにかくハエがすごい。常時身体に20匹くらいくっついてる状態。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかくハエがすごい。常時身体に20匹くらいくっついてる状態。
1
来た道を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。
1
このあたりから道が厳しくなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから道が厳しくなります。
1
もうひと踏ん張り!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうひと踏ん張り!
1
ついた〜!塩見岳東峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついた〜!塩見岳東峰
1
この尾根を歩いてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根を歩いてきました。
1
西峰を目指します!写真で見ると遠そうですが、すぐつきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰を目指します!写真で見ると遠そうですが、すぐつきます。
1
着いたー!やったー!奥に見えるのは東峰です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いたー!やったー!奥に見えるのは東峰です。
1
良い感じの三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い感じの三角点。
1
三角点おタッチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点おタッチ。
1
山頂でお昼休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂でお昼休憩。
1
名残惜しいですが、帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが、帰ります。
1
東峰に立つ人。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰に立つ人。
1
さぁまた来た道を戻ります。一枚では収まり切れない長い蝙蝠尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁまた来た道を戻ります。一枚では収まり切れない長い蝙蝠尾根。
1
隣の写真のその先。右のピークが蝙蝠岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の写真のその先。右のピークが蝙蝠岳。
1
うへー長い。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うへー長い。。
1
気持ちいいんだけど暑い。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいいんだけど暑い。。
1
蝙蝠に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝙蝠に戻ってきました。
1
やっとこさ徳右衛門。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ徳右衛門。
ごろごろいったかと思ったらザァーと降ってきました。樹林帯に入ってからで良かった〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごろごろいったかと思ったらザァーと降ってきました。樹林帯に入ってからで良かった〜。
1
要塞まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要塞まで戻ってきました。
飲み水がギリギリだったため二軒小屋で補給。まだチャリ区間が残ってる。。泊まりたい〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飲み水がギリギリだったため二軒小屋で補給。まだチャリ区間が残ってる。。泊まりたい〜
1
へとへとだけど頑張ります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へとへとだけど頑張ります!
1
真っ暗になる前に着けて良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗になる前に着けて良かった。
1
お疲れ山でした〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ山でした〜
1

感想/記録

畑薙から日帰りで塩見岳に行こうなんておかしなことを思いついてしまい、昨年の夏に挑戦したものの蝙蝠岳でギブアップ。そして今年、7月に再挑戦しましたが畑薙にたどり着く前に落石で進めず撤退。三度目の正直ということで、今回のチャレンジになりました。
分かってはいましたが、チャリ区間がモーレツにキツイです。椹島まではアップダウンを繰り返しながらの登り、二軒小屋まではずっと登りの片道25km。個人差もあると思いますが、私は普段自転車にあまり乗らないので、基本的な筋力が無いのでしょう、二軒小屋に着くまでに尻、膝、腰にダメージを受けふらふらになりました。本当に長くてしんどいです。
山区間はチャリ区間同様やたら長いです。笑 ルートは一部破線ですが、普段から山を歩いている方であれば問題ないと思います。水場が1か所(ルートから往復20分)のみのため、それなりの水が必要で、背中の荷物が増えます(今回3.5L担ぎましたが、暑さもあって二軒小屋に戻るときには残り200mlとギリギリでした)。

塩見岳は長野側から登るのが一般的ですが、静岡県民として、どうしても静岡県側から登りたかった。その夢(といったら大袈裟ですが)を三回目にしてようやく達成できました。
今回の山行は本当にきつかった。もう二度と同じルートを漕いで歩くことはないでしょう。笑
訪問者数:135人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/11
投稿数: 72
2016/8/16 19:23
 素晴らしいですね👍
この挑戦は凄いです✨
我々は椹島までバスで行って、そこから歩いて2泊で行ったルートです😅

蝙蝠尾根、森林限界を越えてからの稜線歩きが最高ですね〜🙆
やはり静岡県民は二軒屋小屋から登り始める事に意味が有ると、私も思います❗

それにしても、相変わらず速すぎます😅リスペクトさせて頂きます🙇
お疲れ様でした❗
登録日: 2014/9/16
投稿数: 23
2016/8/17 19:00
 Re: 素晴らしいですね👍
こんにちは!
o-tarさんは椹島から歩いて登ったんですね。それは凄い!とにかくあの林道が地獄でした〜´д` ;
そうですね。稜線歩きは全方位南アルプスの好きな山に囲まれて幸せでした。静岡県民たるものあのルートで是非登るべきですね!
登録日: 2013/7/19
投稿数: 209
2016/8/18 11:30
 こんにちは
kirinchanさん、こんにちは。
蝙蝠岳~塩見岳間で往復すれ違った親子です。
ヤマレコユーザーさんだったのですね。
最初北俣岳から蝙蝠尾根を見た時に、凄いペースで稜線をかけていらっしゃる人が居るのをビックリしました。
さらに日帰りで畑薙からいらっしゃっている事を聞いて2度ビックリです。

蝙蝠岳は初めて行きましたが、とても静かで穏やかな山ですね。
奥深い山ですが、とても好きになりました。

それでは、またどこかの山で。
登録日: 2014/9/16
投稿数: 23
2016/8/19 0:47
 Re: こんにちは
こんばんは!
コメントありがとうございます。確かにお会いしましたね。うちにもssPENTAGONssさんと同じ年頃の息子がいますのでよく覚えてます。うちのはまったく山に興味無しですが^^;
FB拝見しました。凄い旅をしていたんですね〜。びっくりしましたが茶臼小屋でもお会いしてますね!僕も望月選手が茶臼小屋に着いた時にいました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-942403.html
またどこかの山でお会いしましょう!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ