ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 946056 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

初の甲斐駒ヶ岳へ。黒戸尾根から。

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月14日(日)
メンバー momopapa
天候曇り時々雨、のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
2時間57分
休憩
5分
合計
3時間2分
七丈小屋05:5406:24屏風小屋跡06:26五合目小屋跡06:2707:04刀利天狗07:12刃渡り07:47笹の平分岐08:46竹宇駒ヶ岳神社08:4708:52尾白川渓谷駐車場08:5508:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

ベルが通りからは甲斐駒の勇ましい姿が拝めるはずですが、
山頂は雲の中。うーむ(悩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベルが通りからは甲斐駒の勇ましい姿が拝めるはずですが、
山頂は雲の中。うーむ(悩
うーむ(悩
と悩んでいてもしょうがないので出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーむ(悩
と悩んでいてもしょうがないので出発です。
駒ヶ岳神社に礼をし、手を打ち、礼をし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社に礼をし、手を打ち、礼をし。
神社横の吊橋を渡れば、そこから登山道の始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社横の吊橋を渡れば、そこから登山道の始まりです。
歩き始めて目につくのは石碑や石仏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて目につくのは石碑や石仏。
徐々にガスが薄れ、ときおり日ざしが差し込んでくるようになってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々にガスが薄れ、ときおり日ざしが差し込んでくるようになってきました。
刃渡りとは名ばかりか。 < まだ強気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りとは名ばかりか。 < まだ強気
ここから屏風岩か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから屏風岩か。
もう垂直じゃん。(汗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう垂直じゃん。(汗
ちわーす。(しーん)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちわーす。(しーん)
テン場からは地蔵のオベリスクが拝めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場からは地蔵のオベリスクが拝めました。
1
また出たな、クサリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また出たな、クサリ。
あまりにカッコ良すぎてここが山頂かと思いましたが、9合目だったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりにカッコ良すぎてここが山頂かと思いましたが、9合目だったようです。
稜線の中に甲斐駒ヶ岳の山頂を発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の中に甲斐駒ヶ岳の山頂を発見。
山頂手前の『本社』。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の『本社』。
ついにゲット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついにゲット。
来た道を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。
テン場に戻るとテントの数が倍ほどに増えていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場に戻るとテントの数が倍ほどに増えていました。
登頂の喜びを噛み締め、カンパイ!(ひとりで)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂の喜びを噛み締め、カンパイ!(ひとりで)
1
星の軌跡は途切れ途切れで、やはり雲が流れていたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星の軌跡は途切れ途切れで、やはり雲が流れていたようです。
軽く朝食を済ませ、撤収。
足に疲労を感じつつ、無事下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く朝食を済ませ、撤収。
足に疲労を感じつつ、無事下山しました。

感想/記録

日本三大急登の中でも辛さはトップなのでは、と言われる黒戸尾根。スタート地点の駒ヶ岳神社付近の標高は 770m。そこから甲斐駒ヶ岳山頂の標高 2967mまで、なんとその標高差は2197m。まぢかー。(汗

レッツ・チャレンジ。(ドキドキ

---------------
べるが通りを登山口に向けてクルマを走らせます。ここから甲斐駒の勇ましい姿が拝めるはずですが、山頂は雲の中。うーむ、と悩んでいてもしょうがないので出発です。ダメなら戻ってくればいいさー。

出発前、駒ヶ岳神社に礼をし、手を打ち、礼をし。無事戻って来れますように。神社横の吊橋を渡れば、そこから登山道の始まりです。引き返すならここかな...。 < おぃ

歩き始めて目につくのは石碑や石仏。甲斐駒ヶ岳は古くから信仰の対象となっており、至る所に奉られています。刀利天狗はここまでのコースでは規模の大きい祠です。行者の修行の場なのであります。

樹林帯では高湿と高温で滝汗。難易度はさほどではないナイフリッジまで来ると、青空も見えるようになっていました。しかし太陽は暑い! 展望は欲しいけど、直射日光は体力が奪われてキツいので適度にガス出してー、と勝手なもんです。

黒戸山を巻くように進み、せっかっく稼いだ標高を吐き出すように下った鞍部にて屏風岩と対峙。ここから先のただならぬ気配にピタリと足が止まります。この先ハシゴやクサリ場が連続して登場し、疲労がたまってきた体に堪えるアトラクションが続きます。ここ、がんばりどころです。

難所を越えるとようやく本日の幕営地である七丈小屋に到着です。ご挨拶しようと思っても誰もおらず。どのみちテン場の受付は午後かららしいので、先に設営だけ済ませることにしました。小屋からテン場は200mほど離れており、正直、今回はこの 200mが一番遠く感じました。(笑 ほんとにこの先にテン場があるのか? 間違えか? 戻ろうか?疲れた体には数メートルの移動でも無駄にしたくないものです。テン場からは地蔵のオベリスクが拝めました。

設営後、軽く昼食を済ませ、しばしの休憩。山頂アタックは翌日にしてもいいのですが、二日目は初日より天候が崩れてくる予報が出ていることと、ツライ事(!) は先に済ませておこうと、山頂に向かうことにしました。それにしても一度腰を落ち着けてしまうと、歩き出しが重いのだ。よっこらしょ。

七丈小屋から山頂まではまだ500m以上の標高差があり、ビールの前にちょっと山頂まで、という気軽なもんじゃありません。また、アトラクション的なクサリ場やクライミングスポットが多数あり、とても楽しめます。(ツライってば

2本の剣があまりにカッコ良すぎてここが山頂かと思いましたが、9合目だったようです。さらに進み、山頂直前の駒ヶ岳神社の本社にご挨拶。ほどなく山頂ゲット。来た道を振り返り、感無量。

テン場に戻り、登頂の喜びを噛み締め、カンパイ!(ひとりで)
小屋で購入したビールはよく冷えていて、汗でひからびた体に染み渡るのでした。翌日、軽く朝食を済ませ、撤収。足に疲労を感じつつ、無事下山しました。

---------------
黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳。

噂に違わぬハードなコースでした。最近は北沢峠からの登山者の方が圧倒的多数ということですが、甲斐駒に登るならこの黒戸尾根の表参道から登ってみたかったんですよね。目標達成。

今回は1泊のテン泊で計画しましたが、今の自分にはこれが精一杯。現地で話した他の登山者さんのプランを聞くと、意外なほど日帰りピストンの人が多かった印象です。ハードなコースだけに、ここをトレーニングの場としているハードユーザーが多いのかもしれません。

山頂では、「もう二度目は無いな」と思うほどヘトヘトになっちゃましたが、時間が経つとあれ不思議。「またいつか登っても良いかな」なんて思っちゃう自分もいたりして。
訪問者数:168人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ