ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965961 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

至仏山と逆さ燧と光り輝く尾瀬ヶ原

日程 2016年10月06日(木) 〜 2016年10月07日(金)
メンバー miyapon03
天候1日目 曇り
2日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
)佑僚擦爐弔ば市から沼田ICまで高速道で約2時間30分。
⊂妥ICから片品村戸倉まで約1時間。
8輿劼ら鳩待峠までバスで約25分。片道930円。
せ衒山荘にて宿泊。1泊2食9,000円。
ト径堝修ら戸倉まで乗り合いタクシー。片道930円
Ω輿劼ら吹割の滝まで約30分。
Э甞笋梁譴ら老神温泉まで約10分。
老神温泉から沼田ICまで約30分。

ちなみに、戸倉~鳩待峠のバスの時刻等はこちら
http://www.kan-etsu.net/publics/index/43/
また、人数が集まり次第乗り合いタクシーも運行されます。
なお、戸倉の駐車場は1日1000円の料金がかかりました。

至仏山荘のホームページ
http://www.welcome-to-oze.com/mountain/?page=0004
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間23分
休憩
22分
合計
2時間45分
S鳩待峠12:1013:09山ノ鼻13:46逆さ燧のポイント13:57牛首14:0714:18逆さ燧のポイント14:3014:55山ノ鼻
2日目
山行
5時間55分
休憩
1時間55分
合計
7時間50分
山ノ鼻06:4007:05逆さ燧のポイント07:2307:48山の鼻07:5308:45森林限界08:5509:20中間地点09:521965m地点10:0211:02至仏山12:0412:52小至仏山13:0213:26オヤマ沢田代14:30鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
元々のんびり登山のうえ道が滑りやすくてかなり気をつけて歩いたので、コースタイムはガイドブック等に書かれているものよりだいぶ長くかかっています。
コース状況/
危険箇所等
山の鼻から至仏山への上りは、前日までの秋雨の影響か、始めはちょろちょろ小川状態でした。
中腹からは蛇紋岩がゴロゴロしていて、雨だといかにも滑りやすそう。
鎖場が2ヶ所ありましたが、三点確保の方が上りやすそうです(たいした傾斜ではないのですが、僕はつい手が出てしまいます)。
その他周辺情報吹割の滝。
http://www.city.numata.gunma.jp/kanko/fukiware/
自称「東洋のナイアガラ」だそうです。

老神温泉 湯元華亭。
http://www.hanatei.info/
3時間700円でした。
分類上は単純硫黄泉ですが、濁り湯というほどではないです。
僅かな湯花と微かな塩化水素臭あり。
露天風呂が広くて豪華でした。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ スパッツ

写真

赤城高原SAより武尊山を望む
2016年10月06日 09:44撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城高原SAより武尊山を望む
2
角度を変えてもう1枚
2016年10月06日 09:48撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角度を変えてもう1枚
1
鳩待峠より。至仏山には雲がかかっている。
2016年10月06日 11:43撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠より。至仏山には雲がかかっている。
まるでトンネル
2016年10月06日 12:16撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるでトンネル
おっ、キノコだ
2016年10月06日 12:43撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、キノコだ
キノコをアップ
2016年10月06日 12:43撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコをアップ
至仏山荘。お世話になります。
2016年10月06日 13:07撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山荘。お世話になります。
1
山の上の方は雲がかかったまま
2016年10月06日 13:10撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の上の方は雲がかかったまま
1
おっ、少し日が出てきたぞ。
2016年10月06日 13:18撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、少し日が出てきたぞ。
1
これなんでしょう?アキノキリンソウ?
2016年10月06日 13:20撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これなんでしょう?アキノキリンソウ?
アップで?
2016年10月06日 13:22撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで?
小さい秋
2016年10月06日 13:23撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さい秋
池塘にヒツジグサ
2016年10月06日 13:35撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘にヒツジグサ
3
アップで
2016年10月06日 13:35撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで
巨大化したミズバショウの葉
2016年10月06日 14:49撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大化したミズバショウの葉
至仏山荘の夕食です。キノコたっぷりのそうめんも出ました。
2016年10月06日 17:00撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山荘の夕食です。キノコたっぷりのそうめんも出ました。
2
朝食です。
2016年10月07日 06:01撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食です。
1
おおっ、威風堂々な燧ケ岳
2016年10月07日 06:59撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ、威風堂々な燧ケ岳
6
至仏山も山頂までばっちり!
2016年10月07日 06:59撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山も山頂までばっちり!
3
逆さ燧!
2016年10月07日 07:04撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆さ燧!
1
湯気が上がる池塘
2016年10月07日 07:14撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯気が上がる池塘
至仏山をえいこらと登って振り返れば燧ケ岳
2016年10月07日 08:35撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山をえいこらと登って振り返れば燧ケ岳
2
登山道です。水場ではないです。
2016年10月07日 08:38撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道です。水場ではないです。
燧ケ岳から尾瀬ヶ原まで一望のもとに
2016年10月07日 08:40撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳から尾瀬ヶ原まで一望のもとに
1
蛇紋岩がごつごつした登山道
2016年10月07日 09:23撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇紋岩がごつごつした登山道
いかにも蛇紋
2016年10月07日 09:23撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いかにも蛇紋
蛇紋岩地帯からもパチリ
2016年10月07日 09:59撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇紋岩地帯からもパチリ
越後の山々
2016年10月07日 10:17撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後の山々
赤城山らしい
2016年10月07日 10:27撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城山らしい
あともう少しだー。
2016年10月07日 10:30撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともう少しだー。
小至仏山から武尊山
2016年10月07日 10:46撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山から武尊山
2等三角点だそうで。
2016年10月07日 11:04撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2等三角点だそうで。
1
山頂わーい!
2016年10月07日 11:09撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂わーい!
3
富士山が、霞みつつもひっそりと見えます。
2016年10月07日 11:07撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が、霞みつつもひっそりと見えます。
1
至仏山から小至仏山の間に利根川の水源があるとか。ちなみに下界に見えるのは奈良俣ダムのようだ。
2016年10月07日 12:04撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山から小至仏山の間に利根川の水源があるとか。ちなみに下界に見えるのは奈良俣ダムのようだ。
1
山の稜線にも秋の実が。
2016年10月07日 12:29撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の稜線にも秋の実が。
何の実でしょう?
2016年10月07日 12:34撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の実でしょう?
ナナカマドでしたっけ?
2016年10月07日 13:15撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドでしたっけ?
いよいよさよなら燧ケ岳
2016年10月07日 13:56撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよさよなら燧ケ岳
最後にまたキノコ
2016年10月07日 14:03撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にまたキノコ
鳩待峠です。お疲れさまでした。
2016年10月07日 14:28撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠です。お疲れさまでした。
今日は至仏山もばっちり
2016年10月07日 14:34撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は至仏山もばっちり
吹割の滝。第一観瀑台から。
2016年10月07日 16:14撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹割の滝。第一観瀑台から。
第三観瀑台から。
2016年10月07日 16:18撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三観瀑台から。
群馬のナイアガラ
2016年10月07日 16:38撮影 by DSC-H10, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群馬のナイアガラ
2

感想/記録

今年の秋はどこに行こうかなぁ~光り輝く草紅葉が見たいなぁ~、ということで日本最大の湿原・尾瀬を選択しました。昨年初夏に燧ケ岳~尾瀬沼一周ハイク(http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-672684.html )をしてとても楽しかったのでそのコースを再び、とも思ったのですが、その前にまだ行ってないところへ行ってみよう!と考えて尾瀬ヶ原&至仏山にしました。

【1日目】
鳩待峠に入り、早速カエデの赤とブナの黄色とシラカバのレモン色等々がお出迎えでした。ただし天気は曇りで、至仏山の上の方は霧がかかって見ることができませんでした。
山の鼻からは湿原の草紅葉がお見事でした。たまに日が差すと黄金色に輝きます。燧ケ岳は完全に雲の中でしたが、翌日に備えて逆さ燧のポイントを確認したくて&尾瀬ヶ原の広さを実感したくて、牛首のちょっと向こうあたりまで歩きました。ヘリコプターが木道の修理のための木材を運んでいました。

【2日目】
この日は快晴、絶好の登山日和でした。山荘を出ると至仏山がどーん、もう少し歩くと燧ケ岳がどーーーん、というかんじで至福の時を過ごしました。逆さ燧もばっちり見ることができました。
至仏山からは光り輝く尾瀬ヶ原&燧ケ岳の絶景が見れました。これこれ、これを見たかったんだよ! また、山頂からは雲ひとつない360度の大パノラマで、なんと富士山まで見ることができました! 武尊山にも、いずれ登りたいなぁ。

至仏山は、初夏に多種多様な高山植物が咲き乱れるようなので、その時季にまた登りたいなと強く思いました。
今シーズンの登山は、あとは地元の筑波山に登って終わりかな。
訪問者数:388人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/21
投稿数: 62
2016/10/10 3:11
 金色の野に…逆さ燧
miyapon殿!お帰りなさい
好天のもと、秋の尾瀬を満喫された由、レコ嬉しく拝見いたしました。
(仕事、合唱団の定期練習などあり、コメント今頃になり恐縮です

尾瀬は過去四回訪れており、燧・至仏も登頂していますが、いずれも5〜7月の花の季節でして… やはり素晴らしい秋の尾瀬、何時か訪れてみたい…
そして、逆さ燧 気付かなかったなぁ 四回も行ってるのに、不覚 今度行ったらちゃんと見ておきます。

至仏は是非、高山植物の花時にいらして下さい。本当にきれいです
特に、ここと谷川岳にしかない「ホソバヒナウスユキソウ」お忘れなく

シーズン〆の筑波レコも楽しみにしています 麓の梅園が見ごろになったら、初心者の女友達を誘って筑波山に行くつもりです。ジモティーならではのとっておき情報を教えてくださいませm(__)m
登録日: 2014/5/19
投稿数: 10
2016/10/11 21:36
 Re: 金色の野に…逆さ燧
これはこれは、会津駒での3リットルのお姉さま、コメントありがとうございます。
逆さ燧は、牛首の少し手前(山の鼻側)の木道に「逆さ燧↑」と書かれた金属プレートが据え付けられていました。andy846さんが訪れた時にはまだなかったのでしょう。好天をお祈りします。
ウスユキソウ、いいですね。僕は岩手の早池峰山に咲くウスユキソウのファンでした。至仏山のものもぜひ見たいです。
筑波山の梅園にはいろいろな品種の梅が植えられているので、2月半ばから3月末まで、どこかしらで花が咲いています。しかしそれゆえ山全体が白梅・紅梅で染まっているというわけにはいかず、少々迫力不足です。むしろ、4月上旬に筑波山に登ればカタクリやエイザンスミレが咲き誇っていますし、よーく探すとキクザキイチゲやニリンソウも見れたりします。カタクリ祭もやっていますので、こちらの方がおすすめです。
それでは、どうぞお気をつけて、山旅をお楽しみください
登録日: 2016/6/21
投稿数: 62
2016/10/21 9:41
 Re[2]: 金色の野に…逆さ燧
亀レス御容赦 とっておき地元情報ありがとうございます
どうも県外者は茨城=梅 という連想をしがちです(^^;)
4月のカタクリ祭がよいのですね エイザンスミレ、キクザキイチゲ、ニリンソウ
みんな大好きな花ばかり 来年の4月にしましょう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ