ヤマレコ

HOME > EPSON(エプソン) > 山行記録の表示
記録ID: 968591 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山 御前峰・大汝峰周回(砂防新道>観光新道ルート)

日程 2016年09月24日(土) [日帰り]
メンバー kikaiohepson
天候雨時々曇り、9時まで一瞬晴れ、以降ガスガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マイカー規制中の為、市之瀬駐車場(マップコード 791 714 316)にて車中泊。
また市之瀬野営場(300円 076-259-2022)とも隣接。炊事場、水場、水洗トイレ完備。

早いうちに到着しても、第二駐車場の方が車中泊には向いていると思います。
(フリッカー持った誘導員が深夜早朝も居ますし、深夜もどんどん車来るので)
ちなみに第一駐車場のビジターセンター寄りの木の周辺は地雷。
雨と風もあったとは思いますが、定期的に葉っぱ等が落下してきて。深夜にコッ・・・コツ・・・と謎のノック音が聞こえるホラーで、一度気持ち悪くて車中泊場所移動しました(苦笑)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログはMZ-500Bにて計測、行きは別当出合から計測だが帰りは市之瀬ビジターセンターにて終了とミス。
ちなみに帰りのバス1350出発の後姿を見送り待ち時間20分(涙)
最終便1700発ですが、そこから逆算20分周期だと計算して後半のペース配分をすると、私のような悲しみを背負うことになるので、ちゃんと別当出合到着時に時刻表見た方がいいと思いますorz
コース状況/
危険箇所等
良く整備された道が延々と続き、登山と言うよりハイキングの様子。
大汝峰半時計回りルートは、みんな大汝峰でピストンする為に人と会わなかった。
白山2470地点下の雪渓の徒渉に期待したが、普通の道でした。

殿ヶ池避難小屋下、別当坂分岐上の部分に北西部の沢方面に誘う謎のピンクテープあり。【詳細写真有】
ヌタ場の獣道っぽい所なので吸い込まれないとは思いますが、注意した方がいいです。
その他周辺情報目の前に白山温泉 永井旅館(日帰り入浴600円)有り。
週末なのもあり、飛び込みで宿泊予約しようとするがいっぱい。
永平寺は意外と遠くて2時間程かかりました。

ちなみにガソリンがどうしても不安だったので、山中のガソリンスタンドで2000円分給油しましたが。リッター143円でビックリ、勝山市もしくは大野市の栄えている道路で入れましょう。(そこでは非会員125円前後でした)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 サブザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

中飯場。
別当出合から少し登るだけで、いきなりトイレと水場があるんですがそれは。
2016年09月24日 05:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中飯場。
別当出合から少し登るだけで、いきなりトイレと水場があるんですがそれは。
こういった木段がいたるところにあります。
流石にストックは引っかかりますが、歩く分には歩幅を調整しなくても普通に歩ける間隔なので、ストレスは感じません。
2016年09月24日 06:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういった木段がいたるところにあります。
流石にストックは引っかかりますが、歩く分には歩幅を調整しなくても普通に歩ける間隔なので、ストレスは感じません。
外観撮り忘れましたが「甚之助避難小屋」です。
外に蛇口の水場が複数あり、トイレも男女別+冬季用完備。
見た通り掃除も行き届いています。
2016年09月24日 06:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外観撮り忘れましたが「甚之助避難小屋」です。
外に蛇口の水場が複数あり、トイレも男女別+冬季用完備。
見た通り掃除も行き届いています。
毛布どころか布団さえもある!
流石にこれをアテにして登るのは迷惑行為ですが、怪我等で緊急避難した時は神施設だよなぁここ・・・。
2016年09月24日 06:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛布どころか布団さえもある!
流石にこれをアテにして登るのは迷惑行為ですが、怪我等で緊急避難した時は神施設だよなぁここ・・・。
室堂ビジターセンターになります。
2016年09月24日 07:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂ビジターセンターになります。
右手の手袋のほつれが映り込んで、若干心霊写真になっていますが、後ろを向いてぱしゃり。
2016年09月24日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の手袋のほつれが映り込んで、若干心霊写真になっていますが、後ろを向いてぱしゃり。
雲の絨毯かっこいい!ともっと写真撮りたかったですが。
天気が下り坂なので急いで先に進むことに。
2016年09月24日 08:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の絨毯かっこいい!ともっと写真撮りたかったですが。
天気が下り坂なので急いで先に進むことに。
若干右上に何かが映り込んでしまっていますが、お気に入りの一枚。
2016年09月24日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干右上に何かが映り込んでしまっていますが、お気に入りの一枚。
こういった池の説明やエピソードが掲示されています。
2016年09月24日 08:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういった池の説明やエピソードが掲示されています。
ガスガスです・・・。
2016年09月24日 09:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスです・・・。
大汝ですが、ガスガスと強風により最早帰りたいw
2016年09月24日 09:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝ですが、ガスガスと強風により最早帰りたいw
右奥の神社に皆さん逃げ込んでいました。
2016年09月24日 09:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥の神社に皆さん逃げ込んでいました。
石の塀に囲まれてほぼ無風。
ありがたや、ありがたや・・・。
2016年09月24日 09:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の塀に囲まれてほぼ無風。
ありがたや、ありがたや・・・。
1
MZ-500B
こうやって見るとガーミンのナビに近いですね。
2016年09月24日 09:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
MZ-500B
こうやって見るとガーミンのナビに近いですね。
雪渓見れてテンションあがりました。
2016年09月24日 10:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓見れてテンションあがりました。
避難小屋が見えたー。
2016年09月24日 12:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えたー。
殿ヶ池避難小屋です。
2016年09月24日 12:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殿ヶ池避難小屋です。
新しい感じの避難小屋で、水場は有りませんが外には食事用のベンチもありました。
2016年09月24日 12:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい感じの避難小屋で、水場は有りませんが外には食事用のベンチもありました。
中もかなり綺麗な感じで、トイレは小屋内にあり男女別。
トイレの個室とは別に、トイレブース手前にも立て付けのいい扉で二重に仕切られているので、汲み取り式ですが小屋内に匂いはありませんでした。
2016年09月24日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中もかなり綺麗な感じで、トイレは小屋内にあり男女別。
トイレの個室とは別に、トイレブース手前にも立て付けのいい扉で二重に仕切られているので、汲み取り式ですが小屋内に匂いはありませんでした。
【人が映っている写真】
時系列が前後していますが、この上(殿ヶ池避難小屋)から私は降りてきました。
別当出合から登ってきたこの3人組と分岐でお話し出来た為に、お互い迷わず行けました。
2016年09月24日 12:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【人が映っている写真】
時系列が前後していますが、この上(殿ヶ池避難小屋)から私は降りてきました。
別当出合から登ってきたこの3人組と分岐でお話し出来た為に、お互い迷わず行けました。
【ピンクテープのヌタ場】
上から降りてくると右手に見えるピンクテープとヌタ場ですが。
ルートを示して上に誘っていると言うより、奥に案内してるようにも見えますよね・・・。
2016年09月24日 12:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ピンクテープのヌタ場】
上から降りてくると右手に見えるピンクテープとヌタ場ですが。
ルートを示して上に誘っていると言うより、奥に案内してるようにも見えますよね・・・。
拡大写真で見ると、更に奥にもピンクテープ見えますね・・・。
林業用じゃなかったらタチ悪いよなぁ。
2016年09月24日 12:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拡大写真で見ると、更に奥にもピンクテープ見えますね・・・。
林業用じゃなかったらタチ悪いよなぁ。
【普通の道】
別当出合から登って来る道で、避難小屋から降りてくると左手に当たります。
下りの場合は問題ありませんが、別当出合から来ると高度の変わらない正面にヌタ場とピンクテープ、上に登る分岐(正解ルート)と別れるのが曲者です。
2016年09月24日 12:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【普通の道】
別当出合から登って来る道で、避難小屋から降りてくると左手に当たります。
下りの場合は問題ありませんが、別当出合から来ると高度の変わらない正面にヌタ場とピンクテープ、上に登る分岐(正解ルート)と別れるのが曲者です。

感想/記録

0430から並び始め0500始発のバスに乗車、後並ぶのが10分遅かったら次便だった・・・。
0515歩き始めでしたが、ヘッデン無くてギリギリ行ける位の明るさだったのでそのまま吊り橋を越えて進むとすぐに中飯場。トイレも有り。
特記事項も無いのですが、全体的に非常に手入れされている道で、木道や石畳完備、避難小屋も非常に綺麗でビックリしました。

室堂あたりからガスに追われつつも、とりあず御前峰までは天気が持ち一安心。
ただそれ以降ガスガスで、夕方から雨予報だったので、ここで引き返すか迷う。
しかしお池巡りはしておいて正解。
特に最初の下りの山頂から見える池は気持ち良く、折角なので計画通りピストンで無く反時計回り一筆書きに。
しかし大汝峰はガスガスと強風で、皆さん大汝神社のブロックの中に逃げ込んで昼食(笑)

大汝峰から七倉山方面に向かい反時計回りに回るも、誰とも会わなくなり不安になる。
しかし南アルプスのような景色は、白山の他のコースには無い魅力で、お花畑も枯れ枯れでしたが、1か月前に来たらかなり綺麗だった筈。
千蛇ヶ池の雪渓は残っていましたが、その後の室堂手前を覆う雪渓は見れずに残念。
殿ヶ池避難小屋も、水場は無いものの、男女別トイレも有り非常に綺麗でした。

問題は後半の写真にもある殿ヶ池避難小屋と、別当坂分岐の間にある謎のピンクテープ。
別当出合から登って来た写真の方々と、私が会ったためにお互い迷いませんでしたが。
時系列的に入れ替えてしまっていますが、【人が映っている写真】が別当出合から登ってきた人を振り向いて撮ったので、私はこの写真の上から降りてきました。
降りてきた場合は、右手に【ピンクテープのあるヌタ場】、左手に【普通の道】が見えるので、わざわざ怪しいヌタ場に吸い込まれることは無いと思いますが。
別当出合から観光新道を登って(北東へと進んで)来た場合、直進すると来た道と高度の変わらない【ピンクテープのヌタ場】、右に直登ルート(人が映っている写真)があるので、ピンクテープ方向に吸い込まれかねません。
林業関係なんでしょうか? 沢遊びの人が付けたんなら迷惑ですよねぇ・・・。

そして最後に痛烈な失敗。
最終バスが17時で、20分間隔でバスが発車しているので、逆算して14時台は
1400 1420 と、頭で考え、1400のバスに乗れるように1355別当出合着を
目標に途中ペースアップしたので、1350には別当出合に着いたのですが。
 走  り  去  っ  て  い  く  バ  ス  の  後  ろ  姿  が
??????????????????????????????????
乗り場のパネルを見てみたら、【次の発車は1410】と書いてありました。
私のような悲しみを背負うのはこれで最後にする為にも、皆さんは帰りのバスの時間をしっかりと調べておいた方がいいと思いました・・・。
訪問者数:139人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ