ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968790 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

笠取山と多摩川の源流巡りとテント泊

日程 2016年09月25日(日) 〜 2016年09月26日(月)
メンバー RyuShang
天候1日目 曇り時々晴れ(夜に小雨)
2日目 曇り時々晴れ(朝に小雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行きは中央道上野原IC〜小菅・丹波山を抜けて作場平。
帰りは青梅の方を抜けて中央道八王子ICへ。
国道411号線から作場平までの道は狭く、対向車とのすれ違いに気を使います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間33分
休憩
35分
合計
6時間8分
S作場平橋駐車場08:0808:28中島川口08:3008:46民宿みはらし08:4709:09牛王院下09:1410:18将監小屋10:3310:44将監峠10:4510:55牛王院平(牛王院北)11:02山ノ神土11:55唐松尾山11:5612:312044P12:49黒槐山(黒槐ノ頭)12:5213:11水干尾根分岐13:1413:31笠取山13:38笠取山西峰13:55笠取山西13:5814:01小さな分水嶺14:0214:06雁峠分岐14:16笠取小屋
2日目
山行
1時間58分
休憩
25分
合計
2時間23分
笠取小屋06:3606:47雁峠分岐06:53笠取山西07:02水干(多摩川源頭部)07:2007:25水干尾根分岐07:34シラベ尾根分岐07:3508:06笠取小屋08:1108:42一休坂分岐08:4308:59作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
唐松尾山〜笠取山の稜線に踏み跡らしきモノが幾つかあって、それがちょっと紛らわしいと思う。
それ以外は非常に整備されていて歩きやすい道です。
登山口に登山ポストはありません。近場に交番も見当たらないので登山届はネットで提出が良いと思います。
その他周辺情報道の駅たばやまの「のめこいの湯」。
食事もできるのでいいですね。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

作場平橋駐車場は10台ほど。
2016年09月25日 08:06撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場平橋駐車場は10台ほど。
車道を3kmほど戻り、将監小屋への登山道に入ります。
2016年09月25日 08:48撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を3kmほど戻り、将監小屋への登山道に入ります。
軽トラも入ってくる登山道はとても緩やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽トラも入ってくる登山道はとても緩やか。
小さな命の始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな命の始まり。
将監小屋で休憩させてもらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋で休憩させてもらいました。
バイオトイレも完備しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイオトイレも完備しています。
1
水も豊富。
ジャバジャバ出ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水も豊富。
ジャバジャバ出ています。
1
小屋からひと登りで将監峠。
笠取山に向かいましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からひと登りで将監峠。
笠取山に向かいましょう。
少し色付いた木もありました。
茂みでガサガサ音がして怖かった〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し色付いた木もありました。
茂みでガサガサ音がして怖かった〜。
山の神土。笠取山・唐松尾山方面を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神土。笠取山・唐松尾山方面を目指します。
崩壊地を越して進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地を越して進みます。
気持ちいい苔の森ウォーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい苔の森ウォーク。
時折富士山が顔を出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折富士山が顔を出します。
1
唐松尾山頂の標識は意外と地味です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾山頂の標識は意外と地味です。
笠取山への分岐。上に進みましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山への分岐。上に進みましょう。
笠取山の東峰に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山の東峰に到着!
少し始まった紅葉と富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し始まった紅葉と富士山。
2
初雪化粧はここから確認できませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初雪化粧はここから確認できませんでした。
笠取山西峰は「山梨百名山」の標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山西峰は「山梨百名山」の標識。
一気に下って笠取山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に下って笠取山を振り返る。
1
水干への分岐。
この日はまっすぐ笠取小屋へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干への分岐。
この日はまっすぐ笠取小屋へ。
小さな分水嶺も確認できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺も確認できました。
到着した笠取小屋に人っ気無し。
ここでザックを下ろしテント泊です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着した笠取小屋に人っ気無し。
ここでザックを下ろしテント泊です。
人はいないが鹿はいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人はいないが鹿はいる。
1
一人っきりのテント泊。
ベンチ・テーブルに近いところに張らせていただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一人っきりのテント泊。
ベンチ・テーブルに近いところに張らせていただきました。
2
翌朝。
少し早起きして食事の準備。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。
少し早起きして食事の準備。
1
大菩薩嶺の方が明るくなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺の方が明るくなってきました。
1
水干への分岐まで少し戻ります。
正面の小高い場所は小さな分水嶺。昨日見たので巻いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干への分岐まで少し戻ります。
正面の小高い場所は小さな分水嶺。昨日見たので巻いていきます。
多摩川の最初の流れが見えるとな!?
じゃあ降りて行きましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多摩川の最初の流れが見えるとな!?
じゃあ降りて行きましょう。
沢の上部が水干。
それがあっという間に水の流れになっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の上部が水干。
それがあっという間に水の流れになっています。
水干。
奥の穴でポタポタ落ちている水滴が多摩川の最源流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干。
奥の穴でポタポタ落ちている水滴が多摩川の最源流。
1
穴のアップ。
湧いてきた水はここで一回土に戻るようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴のアップ。
湧いてきた水はここで一回土に戻るようです。
水干沢越しの富士山と大菩薩嶺。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干沢越しの富士山と大菩薩嶺。
2
その先の分岐で、笠取山と将監峠へは行かずに中島川口に向かい、またシラベ尾根分岐を笠取小屋方面に戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先の分岐で、笠取山と将監峠へは行かずに中島川口に向かい、またシラベ尾根分岐を笠取小屋方面に戻ります。
アップダウンの少ないフカフカトレイル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの少ないフカフカトレイル。
笠取小屋から作場平を目指して下山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋から作場平を目指して下山です。
山麓の方は全く色付いてませんね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山麓の方は全く色付いてませんね。
川が大きくなってくると作場平橋までもうすぐです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川が大きくなってくると作場平橋までもうすぐです。

感想/記録

テントでのんびりと過ごしたくて、笠取小屋泊で笠取山を計画してみました。
ただ行って帰るだけではツマラナイので、将監峠、唐松尾山も入れた周回コースにしてみました。
あと水干。以前テレビで見た「多摩川の最初の一滴」を見ることが出来ましたが、あぁそう?くらいの感じ。
毛木平から甲武信ヶ岳へ向かう信濃川源流のドバドバ具合の方が好きですね。
ポタポタよりもドバドバです。

結局笠取小屋に泊まったのは自分ひとり。
静かな森かと思いきや、動物の声が夜も結構賑やか。
空は曇りがちで、星空を眺めることが出来なくて残念でした。
訪問者数:260人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ