ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 972473 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

大日岳(称名滝〜大日平〜行ってみたかった七福園へ)

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー Sanchan33
天候雨のち曇り(時々晴れ)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北陸道の立山ICで下車。
アルペンルートの立山駅方面へ向かい、分岐を左(称名滝)方面へ。
無料駐車場のキャパシティは問題なし。
ゲートがあり、季節によって通行可能時間帯が異なるため注意する。
ちなみに10月2日時点では7:00〜17:00となっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
1時間2分
合計
7時間2分
S称名滝駐車場07:1407:22大日岳登山口07:2308:01牛ノ首08:0308:55大日平山荘08:5810:35大日小屋10:3610:47大日岳11:0311:12大日小屋11:1411:21中大日岳11:24七福園11:4811:51中大日岳11:57大日小屋11:5912:59大日平山荘13:0713:42牛ノ首13:4414:08大日岳登山口14:0914:16称名滝駐車場14:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■称名滝〜大日平
・大日平近辺まで来るとクサリやハシゴが続くがそれほど危険とは思わなかった。
・牛ノ首は痩せた尾根なので滑落注意。
・大日平の木道歩きは気持ちいいが濡れていると例に漏れず滑るので注意。
・本日時点で大日平周辺の紅葉がピークだったが、枯れた個体が多かった。

■大日平〜大日岳
・平坦な木道ゾーンを過ぎると大きい岩の登山道となる。木道同様滑りやすいので注意する。
・沢沿いを歩くので水場は豊富。
・大日小屋まではとにかく急登なので歩くペースに気をつける。

■七福園
・思ったよりこじんまりしているが日本庭園の雰囲気が楽しめる。
・大人数で休憩するような場所はないのでプライベート山行向け。

写真

称名平駐車場はまさかの雨・・・好転することを願って出発。
2016年10月02日 07:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
称名平駐車場はまさかの雨・・・好転することを願って出発。
1
午後5時までにゲートを出る必要がありそう。
初コースなのでペース配分とか時間面で多少不安。
2016年10月02日 07:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後5時までにゲートを出る必要がありそう。
初コースなのでペース配分とか時間面で多少不安。
1
小雨の中登山口を目指して歩いていくと称名滝がちょこっとだけ見えた。
2016年10月02日 07:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨の中登山口を目指して歩いていくと称名滝がちょこっとだけ見えた。
1
ここから登山道に入る。
2016年10月02日 07:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道に入る。
1
しばらく登っていくと青空が見えてきた。
雨は最初の20分だけでした。
2016年10月02日 07:30撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登っていくと青空が見えてきた。
雨は最初の20分だけでした。
4
クサリ場やハシゴもあるがそれほど危険な場所はない。
2016年10月02日 08:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリ場やハシゴもあるがそれほど危険な場所はない。
1
1500mから下の紅葉はまだこれから。
2016年10月02日 08:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1500mから下の紅葉はまだこれから。
1
大日平の紅葉はちょうどピークを迎えていた。
2016年10月02日 08:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平の紅葉はちょうどピークを迎えていた。
5
白山同様ほぼ枯れている個体が多かったが、これはかなり良い方。
2016年10月02日 08:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山同様ほぼ枯れている個体が多かったが、これはかなり良い方。
6
大日平の標識発見。
ここ大日平はラムサール条約に指定されているというので珍しいのかと思っていたがどうやら日本に50箇所ほどあるらしい。
2016年10月02日 08:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平の標識発見。
ここ大日平はラムサール条約に指定されているというので珍しいのかと思っていたがどうやら日本に50箇所ほどあるらしい。
3
まずは大日平小屋に到着。
2016年10月02日 08:56撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは大日平小屋に到着。
1
大日平小屋の裏に不動滝の展望台があった。
見れてラッキー。
2016年10月02日 08:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平小屋の裏に不動滝の展望台があった。
見れてラッキー。
3
これから向かう大日岳。
草紅葉と木道、そして青い空と雲の景観が素晴らしかった。
2016年10月02日 09:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう大日岳。
草紅葉と木道、そして青い空と雲の景観が素晴らしかった。
19
沢の水もめちゃくちゃきれい。
2016年10月02日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の水もめちゃくちゃきれい。
1
青空に映えるナナカマドの紅葉。
2016年10月02日 09:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に映えるナナカマドの紅葉。
10
木道ゾーンが終わると岩ゾーンが始まる。
2016年10月02日 09:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道ゾーンが終わると岩ゾーンが始まる。
1
かなりの急登を登っていくと稜線が見えてきた。
2016年10月02日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの急登を登っていくと稜線が見えてきた。
1
大日平と弥陀ヶ原、アルペンルートを見下ろす。
素晴らしい景色だ。
2016年10月02日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平と弥陀ヶ原、アルペンルートを見下ろす。
素晴らしい景色だ。
12
大日小屋が見えてきた。
いつか泊まりたいランプの宿。
2016年10月02日 10:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋が見えてきた。
いつか泊まりたいランプの宿。
1
少しガスってきたけど大日岳の山頂へ向かいます。
2016年10月02日 10:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しガスってきたけど大日岳の山頂へ向かいます。
1
この日は晴れたりガスったりの繰り返し。
天空の城ラピュタでシータがさらわれる場所に似てる(笑)
2016年10月02日 10:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は晴れたりガスったりの繰り返し。
天空の城ラピュタでシータがさらわれる場所に似てる(笑)
6
大日岳初登頂!
山頂は狭いけど稜線の雰囲気は最高。
2016年10月02日 11:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳初登頂!
山頂は狭いけど稜線の雰囲気は最高。
5
観音様?が鎮座されていました。
2016年10月02日 10:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音様?が鎮座されていました。
1
今日の主役は雲でした。
2016年10月02日 10:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の主役は雲でした。
2
見えそうで見えない剱岳。
こっち側からの剱は三角形でかっこいいんだよね。
2016年10月02日 10:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えそうで見えない剱岳。
こっち側からの剱は三角形でかっこいいんだよね。
7
眼下には鍬崎山が。
2016年10月02日 11:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には鍬崎山が。
1
雲間から眺めるアルペンルート。
2016年10月02日 11:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲間から眺めるアルペンルート。
1
飛行機の中から撮った写真みたいでしょ。
2016年10月02日 11:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行機の中から撮った写真みたいでしょ。
2
しばらく景色を楽しんでから今日のメイン、七福園に向かいます。
2016年10月02日 11:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく景色を楽しんでから今日のメイン、七福園に向かいます。
1
岩と草紅葉の景色が最高。
近いだけあってちょっと毛勝や猫又にも似てるかも。
2016年10月02日 11:04撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と草紅葉の景色が最高。
近いだけあってちょっと毛勝や猫又にも似てるかも。
4
谷間から湧き上がる雲。
2016年10月02日 11:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷間から湧き上がる雲。
5
大日小屋をかすめて七福園へ。
2016年10月02日 11:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋をかすめて七福園へ。
1
前を歩いていたテン泊の女性が草紅葉の景色とマッチしていたので隠し撮り(笑)
100リットルくらいありそうなザックでどこまで行くんだろう。
2016年10月02日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前を歩いていたテン泊の女性が草紅葉の景色とマッチしていたので隠し撮り(笑)
100リットルくらいありそうなザックでどこまで行くんだろう。
15
今日の目的地、七福園に到着。
2016年10月02日 11:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的地、七福園に到着。
5
岩に登って晴れるのを待っていたらこんな素晴らしい青空と奥大日方面の景色が顔を出してくれた。
2016年10月02日 11:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に登って晴れるのを待っていたらこんな素晴らしい青空と奥大日方面の景色が顔を出してくれた。
5
今日一番の剱岳。
2016年10月02日 11:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日一番の剱岳。
4
静かに写真撮影していたら、やっぱり出てきてくれました。
今年産まれたヒナが大きくなった感じかな。
2016年10月02日 11:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かに写真撮影していたら、やっぱり出てきてくれました。
今年産まれたヒナが大きくなった感じかな。
11
七福園からも不動滝が見えた。
2016年10月02日 11:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七福園からも不動滝が見えた。
1
一瞬の晴れ間。
狙い通り、白山の北弥陀ヶ原に似た日本庭園の趣がある。
2016年10月02日 11:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬の晴れ間。
狙い通り、白山の北弥陀ヶ原に似た日本庭園の趣がある。
9
さあ下山。
登りで我慢した水場(笑)
あまり冷えてなかったけどまろやかな口あたりだった。
自宅用に1リットルほどいただきやした。
2016年10月02日 12:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ下山。
登りで我慢した水場(笑)
あまり冷えてなかったけどまろやかな口あたりだった。
自宅用に1リットルほどいただきやした。
3
大日平から眺める紅葉と弥陀ヶ原ホテル。
2016年10月02日 13:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平から眺める紅葉と弥陀ヶ原ホテル。
5
落ち葉と木道。
「秋」を表現してみました^^;
2016年10月02日 13:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉と木道。
「秋」を表現してみました^^;
7
牛ノ首から下は再びガスガス。
でもこれはこれでマイナスイオンの雰囲気が良かった。
2016年10月02日 13:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛ノ首から下は再びガスガス。
でもこれはこれでマイナスイオンの雰囲気が良かった。
3
無事下山。
奥大日まで行けばよかったかなー。
2016年10月02日 14:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。
奥大日まで行けばよかったかなー。
1
撮影機材:

感想/記録

9月以降、ぐずついた天気が続いているが、今週末も例に漏れず天気予報はイマイチ。
どちらにしても土曜日は予定があったので日曜日に日帰りでお茶濁し山行へ行くことにした。

どうせ今年の紅葉はダメだし、体力維持ができればどこでもいいか・・・と思いつつ、まだ登っていない山へ行くのもいいかも、ということで大日岳に白羽の矢を立てた。

大日岳の登山口となる称名滝までは自宅から高速を使って1時間半ほど。
実は県内に登山口がある白山より近い。
大日岳も「いつでも登れる」と思いつつ残ってしまった山のひとつである。

時間があれば前日のうちに現地に入って車中泊、室堂〜弥陀ヶ原経由で周回ルートというのも悪くないと思ったが、朝のうちまで雨が降りそうだったので次回のお楽しみに残しておくこととした。

朝5時過ぎに自宅を出発し高速を走らせる。
富山までは晴れていたが、立山ICを降りた途端に雨が降り出した。
駐車場に到着した時点で合羽を着るか悩むくらいの小雨だったのでそのまま歩き出した。

気温はそれほど高くないのに湿気が多く急登続きなので思ったより汗をかいた。
これで合羽を着てたらえらいことになっていただろう。

大日平に着くとタイミングよく晴れてくれた。
広大な湿地帯に朝日が降り注いで木々がキラキラと輝いている。
想像以上の素晴らしい景色に感動。
木道を歩きながら写真を撮りまくる。なかなか足が進まない(笑)
これで紅葉の木々が枯れていなかったらすごい景色だったかも。
大日平のながーい木道を歩いていると、なぜか遊佐未森の「夏草の線路」が頭の中をぐるぐると回りはじめた(笑)

大日平を過ぎると再び急登がはじまる。
つらい急登ではあるが沢のせせらぎが気分を紛らせてくれる。
帰りにガブ飲みしよう(笑)

大日小屋の手前で再びガスってきたが、大日岳に到着する頃には瞬間的に晴れ間が覗き、鍬崎山と雲海の絶景を演出してくれた。
稜線の草紅葉の景色も素晴らしく、歩いていて全く苦になることはなかった。

そして今日の目的地、七福園へ。
ここを目的にあの急登を登る人もそういないだろうな・・・と思いつつ、以前から写真で見て「いつかは七福園へ」と虎視眈々と狙っていた場所だ。
あいにく、ほとんど晴れ間は出なかったが、静かな日本庭園の趣を楽しむことができた。

最後に・・・「お茶濁し山行」なんて言ってすみませんでした。
大日岳と七福園、想像以上の素晴らしい山でした。
訪問者数:388人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/10
投稿数: 981
2016/10/2 21:48
 あ、そうか。
大日はまだだったんやね。意外。

大日小屋はいつか泊まってみたいね。
夕日と日の出、どちらもやばそう!
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2370
2016/10/3 5:56
 Re: あ、そうか。
yamachan、おはようございます。
そしてホールインワン、おめでとうございました(笑)
大日小屋、よさそうですよね。
夜大日岳に登れば富山平野の夜景とか時期によっては漁火なんかも見えそうです。
周回ルートで計画してみますか。
登録日: 2012/1/10
投稿数: 981
2016/10/3 7:25
 Re[2]: あ、そうか。
ナイスアイデア♪
登録日: 2008/6/16
投稿数: 1264
2016/10/3 7:55
 周回ルート
サンちゃんには、
バス無しで挑戦してもらいたいっす!
多分、弥陀ヶ原は走らないと
ゲートクローズ時間に間に合わないけど、
そのプレッシャーも跳ね除けてね!

ところで山頂の仏さまは、
観音様だったのですか?
てっきり、大日如来様と思い込んでましたよ。
クマ
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2370
2016/10/3 19:22
 Re[3]: あ、そうか。
今年は今週末で最後みたいなので来年ですかね。
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2370
2016/10/3 19:23
 Re: 周回ルート
クマさん、こんばんは。

もちろんバスなんか使いません。
弥陀ヶ原を歩かないともったいない。
それにバス使ったらクマさんに怒られますからね
1泊なら2日目に早出すればゲートクローズも気にしなくて良さそうです。

観音様の件はもちろんテキトーです。
そっち方面の種類はまったく知識がないので
言われてみれば「大日如来」の方がそれっぽいですね^^;
登録日: 2013/11/14
投稿数: 264
2016/10/3 20:29
 オセロゲーム⁉
珍しく計画上げていたので行先分かってましたがやっぱり遠征でしたね(まあ白山より実質近いのは置いといて)
最近白山→遠征→白山が続いていたので次は遠征だと思ってました(^。^)
・・・って事は三連休は白山??
最近レコ見てる人の次の行先に興味深々です♪

シータがさらわれる場所、飛行機の中から撮った写真・・・確かにそう思います‼
どうすればその様な表現がサクッと出てくるんですか?

私は大日三山は奥大日のみで称名滝から登ったことないんですよね〜。七福園って場所がある事すら知りませんでした(>_<)
なになに日本庭園のような感じ・・・う〜ん正直雲ノ平を想像してしまいあんまり良いイメージが無いかな。

↑↑周回って称名起点の大日三山・室堂・弥陀ヶ原周回ですか?私も一度はやってみたいと思っていますがゲート解放時間縛りがありほぼ7、8月限定、しかもかなりのハイペース必要ですよね⁉
まあsannchanさんならサクッとやっちゃうでしょうけど(^。^)

おっと、日帰り前提かと思ってました(汗)
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2370
2016/10/3 21:35
 Re: オセロゲーム⁉
kabukiyaさん、コメントありがとうございます。

いやいや、僕より僕のレコを細かくご覧いただいているようで嬉しく思います。
でも、オセロゲームは僕もちょっと思っていたところです。
結果論であって、今週末も天気次第で遠征にするか白山にするか・・・10日の月曜日が仕事なので土日勝負になります。

写真の表現についてはただの思いつきです(笑)
そういう意味ではkabukiyaさんの方がよほど表現力豊かだと思っていますよ^^
僕も3年ほど前に剱岳と奥大日をセットで登って以来、あの稜線からは遠ざかっていました。
奥大日もよかったんですが、個人的には大日岳の少し立山から離れた孤立感漂う雰囲気が好きになりました。
七福園も人が少なくてよかったです。
北弥陀ヶ原をコンパクトにした感じなので、雰囲気だけなら北弥陀ヶ原でも十分なのですが、不動滝や弥陀ヶ原を上から眺めたり、雷鳥がいたりするところが優位点でしょうか。

雲ノ平はイマイチですか?僕は結構好きですけどね。
最近は混んでてあれかもしれませんが、平日休みを活かしてテン泊なんて最高だと思います。

周回の件ですが、もちろんやるなら1泊か前泊(車中泊)です(汗)
とてもゲート開くの待ってから周回は僕にはムリです。
kabukiyaさんならできると思いますけどね^^
でもせっかくなら素晴らしい大日平、大日岳、そして弥陀ヶ原をのんびり時間をかけて散策したいところです^^
登録日: 2011/5/2
投稿数: 1010
2016/10/3 23:52
 いいコースだよね。
sanchanこんばんは
大日がまだ未踏だっただなんて意外ですね。
アクセスもいいしタダだしコースも変化に富んでて面白い。
人が少なくて静かだし雷鳥遭遇率は高いし大好きな山域です。
室堂まで登り上げて周回したらもっともっと楽しいですよ。
ワンディは無理だけどのんびり歩かないと勿体ない山域です。
僕も今年は雄山よりもたくさん登っちゃいましたよ
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2370
2016/10/4 6:36
 Re: いいコースだよね。
raubouさん、コメントありがとうございます。

今回は無許可でraubouさんのお膝元、ホームマウンテンにお邪魔してきました。
改めてraubouさんのレコを拝見しましたが、まさに僕がやりたいと思っている周回ルートを歩かれていたんですね!
しかも無銭飲食付きで!
僕も来年になると思いますがやってみたいと思います。

のんびり歩かないともったいない、その通りだと思います。
またレコ拝見させていただきますね^^

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ