ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 976355 全員に公開 ハイキング京都・北摂

千頭岳・上醍醐・日野岳を歩く

日程 2016年10月09日(日) [日帰り]
メンバー nack74_sg
天候早朝雨から曇り
午後には晴れ間も
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR石山駅からバス幻住庵BS降車

帰り:日野誕生院BSから地下鉄石田駅まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
1時間9分
合計
7時間6分
S幻住庵08:4010:51千頭岳11:10西千頭岳三角点11:3312:23横峰峠12:2412:36醍醐山13:52ユウレイ峠14:0314:13日野パノラマ岩14:4714:57日野岳15:03供水峠15:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
幻住庵から千頭岳
東海自然歩道区間が主で概ね歩きやすい道。

千頭岳から西千頭岳
急な上り下りに加え、モトクロスバイクのコースになっているようで
荒れ具合にはやや閉口。

西千頭岳から横峰峠
工事中の旧京都国際CCの中を突っ切る。
ハイキングコースは確保されている。
正門を出ると車道歩き。
交通量は極少(おそらく)

横峰峠から上醍醐
普通の山道。

上醍醐からユウレイ峠
下りは未舗装の林道。
上りは沢づたいに渡渉多め。

ユウレイ峠から日野
普通の山道。
分かりにくいところは赤テープ。

写真

前線が通り過ぎるのを待って
1時間ずらしのJR石山駅前。
なんとか雨上がり。
2016年10月09日 08:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前線が通り過ぎるのを待って
1時間ずらしのJR石山駅前。
なんとか雨上がり。
バスで幻住庵。
階段を登って一回り。
2016年10月09日 08:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスで幻住庵。
階段を登って一回り。
芭蕉さんの庵。
2016年10月09日 08:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芭蕉さんの庵。
入口。
時間的に庵の板戸はまだ開けられていません。
2016年10月09日 08:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口。
時間的に庵の板戸はまだ開けられていません。
至る所に短冊に一句。
2016年10月09日 08:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至る所に短冊に一句。
幻住庵からおりて
車道をぶらぶら。
東海自然歩道ing。
2016年10月09日 09:03撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻住庵からおりて
車道をぶらぶら。
東海自然歩道ing。
車道から離れ千頭岳方面を見やる。
2016年10月09日 09:14撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道から離れ千頭岳方面を見やる。
両脇は池。
2016年10月09日 09:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両脇は池。
谷筋となっております。
昨晩の雨が気がかりでしたが
水かさはまずまずか。
2016年10月09日 09:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋となっております。
昨晩の雨が気がかりでしたが
水かさはまずまずか。
心地よい沢登り。
2016年10月09日 09:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地よい沢登り。
橋は多めですが渡渉も結構あり。
2016年10月09日 09:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋は多めですが渡渉も結構あり。
これは立派な橋。
2016年10月09日 09:28撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは立派な橋。
一旦林道に。
2016年10月09日 09:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦林道に。
休憩所。
ここで林道から離れます。
2016年10月09日 09:35撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所。
ここで林道から離れます。
雰囲気あるけど
濡れてるのでスルー。
2016年10月09日 09:37撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気あるけど
濡れてるのでスルー。
振り返って。
ちかみちを通ってきたみたい。
2016年10月09日 09:39撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
ちかみちを通ってきたみたい。
再び休憩所。
緩やかな登りですが
とりあえず一服。
2016年10月09日 09:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び休憩所。
緩やかな登りですが
とりあえず一服。
川筋も細くなってきた。
2016年10月09日 09:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川筋も細くなってきた。
尾根筋に近づき、
ここからは階段で一気に高度を上げる。
2016年10月09日 10:06撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋に近づき、
ここからは階段で一気に高度を上げる。
尾根筋到着。
右はこの冬行った音羽山。
左千頭岳へ。
2016年10月09日 10:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋到着。
右はこの冬行った音羽山。
左千頭岳へ。
アバウトな道しるべ1
2016年10月09日 10:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アバウトな道しるべ1
道は広く、
選びたいホーダイ。
2016年10月09日 10:39撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は広く、
選びたいホーダイ。
道中左手にわずかながらの
琵琶湖の展望。
近江大橋の辺りのみ。
2016年10月09日 10:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中左手にわずかながらの
琵琶湖の展望。
近江大橋の辺りのみ。
キノコ乱立地帯。
2016年10月09日 10:44撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ乱立地帯。
頂上までラストの急登。
2016年10月09日 10:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上までラストの急登。
アバウトな道しるべ2
2016年10月09日 10:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アバウトな道しるべ2
千頭岳山頂。
西に対しての「東」千頭岳なのでしょうが
よく見ると消されかかってる「東」…
2016年10月09日 10:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千頭岳山頂。
西に対しての「東」千頭岳なのでしょうが
よく見ると消されかかってる「東」…
1
激下りからようやく東西間のコルへ。
とにかく荒れており
巻いて巻いて下りてくることに。
2016年10月09日 11:00撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下りからようやく東西間のコルへ。
とにかく荒れており
巻いて巻いて下りてくることに。
しばらく行っての分岐。
方向を考えているうちにどこからともなく爆音。
なるほど荒れ道の正体わかりました。
上手く共存出来れば言うことないのですが…
2016年10月09日 11:07撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行っての分岐。
方向を考えているうちにどこからともなく爆音。
なるほど荒れ道の正体わかりました。
上手く共存出来れば言うことないのですが…
先程の分岐を右に登ってしばらくで右へ。
ちょっとわかりづらいかも。
2016年10月09日 11:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程の分岐を右に登ってしばらくで右へ。
ちょっとわかりづらいかも。
と思ったら
親切な道しるべ。
2016年10月09日 11:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら
親切な道しるべ。
鉄塔に行き当たります。
ここを裏手に回る。
2016年10月09日 11:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔に行き当たります。
ここを裏手に回る。
こちらが西千頭岳三角点。
俺たちの伏見区最高峰となっております。
展望は鉄塔や電線、樹木のおかげで
イマサンぐらい…
2016年10月09日 11:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが西千頭岳三角点。
俺たちの伏見区最高峰となっております。
展望は鉄塔や電線、樹木のおかげで
イマサンぐらい…
1
わずかに見えるのは湖南アルプス方面かな。
2016年10月09日 11:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかに見えるのは湖南アルプス方面かな。
こちらを右に。
ここも脇伝いに。
2016年10月09日 11:35撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらを右に。
ここも脇伝いに。
旧ゴルフ場内へ。
ハイキングコースという名の
工事進捗状況閲覧。
2016年10月09日 11:39撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧ゴルフ場内へ。
ハイキングコースという名の
工事進捗状況閲覧。
霞む大阪方面の展望の手前に
まるで墓標のような…
2016年10月09日 11:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞む大阪方面の展望の手前に
まるで墓標のような…
こいつらの脚になるわけですね。
2016年10月09日 11:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こいつらの脚になるわけですね。
高度500m辺りの広大な敷地。
一面がソーラーパネルになるんかな。
2016年10月09日 11:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度500m辺りの広大な敷地。
一面がソーラーパネルになるんかな。
もはやゴルフ場の跡を思わせるものも見当たらなかったまま門の脇を通り車道へ。
2016年10月09日 11:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはやゴルフ場の跡を思わせるものも見当たらなかったまま門の脇を通り車道へ。
おおあった。
1976からだったのね。
ワタクシより少し後輩。
2016年10月09日 12:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおあった。
1976からだったのね。
ワタクシより少し後輩。
車道を歩いてて思わず声が。
この谷になっている箇所、鮮明に覚えてます。
かつて寒い冬の夜、車でここで立ち往生した記憶がw
20年以上も昔の話。
2016年10月09日 12:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を歩いてて思わず声が。
この谷になっている箇所、鮮明に覚えてます。
かつて寒い冬の夜、車でここで立ち往生した記憶がw
20年以上も昔の話。
牛尾観音方面の右からの道と合流。
ここから横峰峠は前も歩きました。
2016年10月09日 12:11撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛尾観音方面の右からの道と合流。
ここから横峰峠は前も歩きました。
前も来た展望地。
雨上がりの霞っぷりですが
やはりいい見通し。
2016年10月09日 12:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前も来た展望地。
雨上がりの霞っぷりですが
やはりいい見通し。
そして前は気づかなかったのですが、
目の前の大岩山にも植ソーラーパネル。
ここもゴルフコースがあった場所と記憶。
2016年10月09日 12:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして前は気づかなかったのですが、
目の前の大岩山にも植ソーラーパネル。
ここもゴルフコースがあった場所と記憶。
1
さて目の前の醍醐山へ。
2016年10月09日 12:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて目の前の醍醐山へ。
横峰峠。
真ん中の階段を登っていきます。
2016年10月09日 12:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横峰峠。
真ん中の階段を登っていきます。
1
醍醐山山頂。
といってもこんだけ。
これは見過ごす率高そう。
2016年10月09日 12:39撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醍醐山山頂。
といってもこんだけ。
これは見過ごす率高そう。
1
上醍醐寺の境内へ。
五大堂。
2016年10月09日 12:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上醍醐寺の境内へ。
五大堂。
シャンシャン鳴るやつ。
錫杖越しに。
2016年10月09日 12:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャンシャン鳴るやつ。
錫杖越しに。
中央が醍醐寺の開基の理源大師 聖宝、左が醍醐寺一世座主 観賢僧正、右が修験道の祖 役小角
だそうです。
2016年10月09日 12:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央が醍醐寺の開基の理源大師 聖宝、左が醍醐寺一世座主 観賢僧正、右が修験道の祖 役小角
だそうです。
上醍醐の鳥瞰図。
2016年10月09日 12:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上醍醐の鳥瞰図。
開山堂。
2016年10月09日 12:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開山堂。
この日はイマイチでしたが、
京の街を見下ろすと言うか
見守る場所でおにぎり。
2016年10月09日 12:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日はイマイチでしたが、
京の街を見下ろすと言うか
見守る場所でおにぎり。
この標高では珍しい竹林をぬけて。
2016年10月09日 13:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標高では珍しい竹林をぬけて。
雰囲気ある境内を下る。
2016年10月09日 13:11撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気ある境内を下る。
裏門から出させてもらいます。
2016年10月09日 13:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏門から出させてもらいます。
石段で一気に林道まで。
炭山方面へ南へ。
2016年10月09日 13:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段で一気に林道まで。
炭山方面へ南へ。
林道で川沿いを下ります。
昨晩の雨が残ってるのか、
水を吸収しにくそうな路面も流れておりました。
2016年10月09日 13:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道で川沿いを下ります。
昨晩の雨が残ってるのか、
水を吸収しにくそうな路面も流れておりました。
滑らぬように。
2016年10月09日 13:23撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑らぬように。
車両ゲート。
2016年10月09日 13:32撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車両ゲート。
西から流れてくる川との合流地点。
ここで橋を渡る前に西の川沿いを登ります。
つまり橋手前で右折。
ただ通りたい道が水没してたので
流れから離れすぎぬよう巻いて巻いて。
2016年10月09日 13:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西から流れてくる川との合流地点。
ここで橋を渡る前に西の川沿いを登ります。
つまり橋手前で右折。
ただ通りたい道が水没してたので
流れから離れすぎぬよう巻いて巻いて。
このルートがこの日最大の難所だったなと後で思えば。
木の幹の印を頼りに何回も渡渉。
2016年10月09日 13:40撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートがこの日最大の難所だったなと後で思えば。
木の幹の印を頼りに何回も渡渉。
しばらくはこれが目印。
2016年10月09日 13:41撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくはこれが目印。
橋も東海自然歩道みたいに立派ではないので慎重に。
2016年10月09日 13:44撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋も東海自然歩道みたいに立派ではないので慎重に。
ようやく川から離れると
珍しい色合いの杉林(だよね?)
2016年10月09日 13:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく川から離れると
珍しい色合いの杉林(だよね?)
1
ユウレイ峠。
2016年10月09日 13:57撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユウレイ峠。
「出るか」と問われれば
「出るかも」と言いそうになるぐらいの薄暗さではあったユウレイ峠。
2016年10月09日 14:03撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「出るか」と問われれば
「出るかも」と言いそうになるぐらいの薄暗さではあったユウレイ峠。
ユウレイ峠で進路を南へ。
やや蜘蛛の巣の多い山道を緩やかに登っていくと
行く手を阻む大岩。
噂の。
2016年10月09日 14:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユウレイ峠で進路を南へ。
やや蜘蛛の巣の多い山道を緩やかに登っていくと
行く手を阻む大岩。
噂の。
日野パノラマ岩。
それほど広くないスペースですが
幸い一人、大休憩。
2016年10月09日 14:28撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日野パノラマ岩。
それほど広くないスペースですが
幸い一人、大休憩。
おニューの水筒、
湯の温度もまだいける。
至福のcoffeeタイム。
2016年10月09日 14:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おニューの水筒、
湯の温度もまだいける。
至福のcoffeeタイム。
1
展望は真西を中心に
180°近く。
眼下の木幡・桃山から
京都市内南部。
2016年10月09日 14:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は真西を中心に
180°近く。
眼下の木幡・桃山から
京都市内南部。
こちらは宇治・久御山から
大阪方面へぬける。
2016年10月09日 14:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは宇治・久御山から
大阪方面へぬける。
ズームで。
大岩山・稲荷山の向こうに
京都市街、愛宕山。
2016年10月09日 14:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームで。
大岩山・稲荷山の向こうに
京都市街、愛宕山。
田園の中の久御山JCT、
鳩ヶ峰(男山)の向こうは霞む北摂。
逆光で吹田スタジアムや観覧車のシルエット。
2016年10月09日 14:32撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田園の中の久御山JCT、
鳩ヶ峰(男山)の向こうは霞む北摂。
逆光で吹田スタジアムや観覧車のシルエット。
宇治西部から枚方の高台の向こうに
大阪ビル群のシルエット。
2016年10月09日 14:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇治西部から枚方の高台の向こうに
大阪ビル群のシルエット。
山科川と宇治川の合流。
京阪宇治線が
中書島・観月橋・桃山南口・六地蔵と続く
思い出深いこの辺り。
2016年10月09日 14:48撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山科川と宇治川の合流。
京阪宇治線が
中書島・観月橋・桃山南口・六地蔵と続く
思い出深いこの辺り。
パノラマ岩から少し行くと分岐。
このまま日野まで下りられますが
折角なので日野岳・供水峠廻りで。
2016年10月09日 14:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ岩から少し行くと分岐。
このまま日野まで下りられますが
折角なので日野岳・供水峠廻りで。
はっきりしたルートは無かったですが
赤テープと地形を頼りに日野岳山頂。
立派なケルン。
2016年10月09日 15:00撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりしたルートは無かったですが
赤テープと地形を頼りに日野岳山頂。
立派なケルン。
1
地元のお子様でしょうか。
2016年10月09日 15:00撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元のお子様でしょうか。
供水峠。
距離はそれほどですが
ここまで結構な斜度の下り。
2016年10月09日 15:06撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
供水峠。
距離はそれほどですが
ここまで結構な斜度の下り。
供水峠の祠で手を合わせます。
2016年10月09日 15:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
供水峠の祠で手を合わせます。
1
淡々と続く結構なオフロードな下り…
2016年10月09日 15:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と続く結構なオフロードな下り…
麓まで下りてきました。
あれ?どうやらどこかで分岐を間違え
方丈石と違うルートで下りてきて再合流したみたい。。
2016年10月09日 15:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓まで下りてきました。
あれ?どうやらどこかで分岐を間違え
方丈石と違うルートで下りてきて再合流したみたい。。
気を取り直して日野の里まで車道歩き。
2016年10月09日 15:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を取り直して日野の里まで車道歩き。
日野の高台から。
日も傾いてきたかな。
2016年10月09日 15:39撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日野の高台から。
日も傾いてきたかな。
振り返って日野岳方面。
2016年10月09日 15:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って日野岳方面。
パノラマ岩をアップ。
2016年10月09日 15:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ岩をアップ。
日野誕生院内を通り抜けて。
2016年10月09日 15:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日野誕生院内を通り抜けて。
バス停到着。
奇しくも芭蕉の幻住庵で始まり
鴨長明の方丈庵で〆(いや行けてないけどw)
よう歩いた。
2016年10月09日 15:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停到着。
奇しくも芭蕉の幻住庵で始まり
鴨長明の方丈庵で〆(いや行けてないけどw)
よう歩いた。

感想/記録

特に意識していたわけでは無いですが、
芭蕉の幻住庵で始まり
鴨長明の方丈庵で〆たルート。

伏見のゴルフ場が移り変わるさまや、
パノラマ岩から見る少年時代を過ごした街に
「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」
「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」

これ程当てはまるとは。
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/10
投稿数: 411
2016/10/12 20:21
 ペンタックスに
反応してしまいました
高校時代から一眼レフは何故かペンタックスです
息子の追っかけも終了し、今は使ってませんけど
登録日: 2015/4/14
投稿数: 2
2016/10/13 1:36
 Re: ペンタックスに
反応ありがとうございます

とくにこだわりがあるわけでも無しですが、
まだ5年ぐらいとはいえ
ペンタックスさんに愛着みたいなものも出てきた気も。

ただ重い一眼は
辛い登り時で「いっそどこかに葬ってやろうか…」
と恐ろしい考えが起きることもあったりなかったりします(笑)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ