ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978245 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

天狗岳 (麦草峠からピストン)

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー hushiyama
天候晴れときどき曇り。午前中は雲海が見れました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
麦草峠の無料駐車場(30台ぐらい駐められます。きれいなトイレもあり)。
前夜,午後8時ごろに麦草峠に到着しましたが,すでに数台の空きしかありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
56分
合計
7時間8分
S麦草峠 駐車場05:5205:55麦草ヒュッテ06:23青苔荘07:24ニュウ07:2608:12中山峠08:17黒百合ヒュッテ08:3108:41天狗の奥庭09:23東天狗岳09:2509:35天狗岳09:5110:33中山峠11:00中山展望台11:1412:00高見石12:0812:23丸山12:57麦草ヒュッテ13:00麦草峠 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありませんが,岩がゴロゴロしている登山道が多く,
おまけに前日の雨でぬかるみもたくさんあり,
ぬかるみを避けながら,濡れた岩や木の根で滑らないように注意しながらで,
思ったよりも疲れました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

朝の麦草峠駐車場。ガスっているのかとちょっとガッカリしましたが,晴れ間も見えるので,だんだん天気はよくなってくると期待して出発します。
2016年10月10日 05:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の麦草峠駐車場。ガスっているのかとちょっとガッカリしましたが,晴れ間も見えるので,だんだん天気はよくなってくると期待して出発します。
まずは麦草ヒュッテへ。
2016年10月10日 05:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは麦草ヒュッテへ。
雲が朝日を浴びて,赤く輝いています!
2016年10月10日 05:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が朝日を浴びて,赤く輝いています!
3
麦草ヒュッテで登山届を提出。
2016年10月10日 05:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草ヒュッテで登山届を提出。
20分ほど歩いて,白駒の奥庭を通り抜けます。
2016年10月10日 06:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分ほど歩いて,白駒の奥庭を通り抜けます。
青苔荘の前から,白駒池湖畔へ下りました。25年ぶりぐらいの白駒池。
2016年10月10日 06:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青苔荘の前から,白駒池湖畔へ下りました。25年ぶりぐらいの白駒池。
前の写真の対岸あたりからの白駒池。かなり紅葉がきれいになってきています。
2016年10月10日 06:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真の対岸あたりからの白駒池。かなり紅葉がきれいになってきています。
1
ニュウへ向かう道すがら,白駒湿原のわきを通る。
2016年10月10日 06:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニュウへ向かう道すがら,白駒湿原のわきを通る。
ニュウ(2352m)に到着しました。南のほうには天狗岳,さらに向こうに硫黄岳が見えます。
2016年10月10日 07:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニュウ(2352m)に到着しました。南のほうには天狗岳,さらに向こうに硫黄岳が見えます。
1
北には白駒池。
2016年10月10日 07:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北には白駒池。
1
中山峠へ向かって歩いていく。
2016年10月10日 07:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠へ向かって歩いていく。
もうすぐ中山峠。東天狗岳がかなり近づいてきた。
2016年10月10日 08:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ中山峠。東天狗岳がかなり近づいてきた。
1
中山峠を右折して,黒百合ヒュッテへ向かいます。
2016年10月10日 08:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠を右折して,黒百合ヒュッテへ向かいます。
黒百合ヒュッテ。ここでちょっと休憩。
2016年10月10日 08:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ。ここでちょっと休憩。
ヒュッテ前から,すりばち池を経由して,東天狗岳へのコースをたどります。
2016年10月10日 08:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ前から,すりばち池を経由して,東天狗岳へのコースをたどります。
すりばち池は水がほとんど涸れていました。正面に双耳峰の天狗岳。
2016年10月10日 08:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すりばち池は水がほとんど涸れていました。正面に双耳峰の天狗岳。
2
雲海のかなたに,御嶽山,乗鞍岳,槍・穂高連峰。
2016年10月10日 08:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海のかなたに,御嶽山,乗鞍岳,槍・穂高連峰。
1
左・東天狗岳,右・西天狗岳
2016年10月10日 08:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左・東天狗岳,右・西天狗岳
稜線に出ました。なだらかな北八ヶ岳。蓼科山も見えますね。
2016年10月10日 09:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。なだらかな北八ヶ岳。蓼科山も見えますね。
稜線を,東天狗岳へ登っていきます。
2016年10月10日 09:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を,東天狗岳へ登っていきます。
東天狗岳山頂はけっこうな人だかりでした。人気の山なんですね。
2016年10月10日 09:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂はけっこうな人だかりでした。人気の山なんですね。
2
南八ヶ岳方面。硫黄岳の向こうに,赤岳や阿弥陀岳。
2016年10月10日 09:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳方面。硫黄岳の向こうに,赤岳や阿弥陀岳。
1
西天狗岳へ向かう人もたくさんいます。
2016年10月10日 09:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳へ向かう人もたくさんいます。
1
西天狗岳山頂(2646m)です。ここも人でいっぱいでした。人がたくさんいる山頂はちょっと落ち着きませんね。
2016年10月10日 09:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂(2646m)です。ここも人でいっぱいでした。人がたくさんいる山頂はちょっと落ち着きませんね。
1
西天狗岳からの眺望。南に行くにしたがって,山が険しくなっていく。
2016年10月10日 09:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳からの眺望。南に行くにしたがって,山が険しくなっていく。
1
それでは,東天狗岳へもどりましょう。
2016年10月10日 09:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは,東天狗岳へもどりましょう。
1
稜線を中山峠へ向かう途中から,天狗岳をふり返る。
2016年10月10日 10:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を中山峠へ向かう途中から,天狗岳をふり返る。
1
中山展望台からの天狗岳。
2016年10月10日 11:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山展望台からの天狗岳。
1
中山展望台から北をのぞむ。ここらも木立ちの縞枯れ現象か。
2016年10月10日 11:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山展望台から北をのぞむ。ここらも木立ちの縞枯れ現象か。
1
高見石小屋のわきから,高見石に登ります。
2016年10月10日 11:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石小屋のわきから,高見石に登ります。
高見石からの眺望 )未涼祓瓜海篌文六魁
2016年10月10日 12:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石からの眺望 )未涼祓瓜海篌文六魁
1
高見石からの眺望◆‥譴稜魘霖咫
2016年10月10日 12:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石からの眺望◆‥譴稜魘霖咫
高見石からの眺望 南の中山。
2016年10月10日 12:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石からの眺望 南の中山。
1
苔の森。
2016年10月10日 12:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の森。
苔がいっぱいです。
2016年10月10日 12:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔がいっぱいです。
その森を通り抜けて,麦草ヒュッテへ。
2016年10月10日 12:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その森を通り抜けて,麦草ヒュッテへ。
麦草峠の駐車場に戻ってきました。駐車場はもちろん満車ですが,周囲の道路には路駐の車がいっぱいでした。
2016年10月10日 13:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草峠の駐車場に戻ってきました。駐車場はもちろん満車ですが,周囲の道路には路駐の車がいっぱいでした。

感想/記録

この前の10月三連休も,あまりお天気に恵まれませんでしたね。
それでも最終日はなんとか晴れが見込まれたので,日帰りで山に出かけることにしました。

今回向かったのは北八ヶ岳。
赤岳や横岳など南八ヶ岳には,かつて毎年のように冬山登山していましたが,
北八ヶ岳にはあまり登ったことがありませんでした。
せいぜい蓼科山に登ったのと,白駒池や坪庭を歩いたことがある程度。
そこで今回は,麦草峠を起点に天狗岳まで歩いてみることにしました。

麦草峠に着いたのは,9日の午後8時ごろ。
もちろん前日,前々日から車を駐めて山に入っている人もいたのでしょうが,
麦草峠の駐車場はその時間でほぼ満車でした。
だから,登山から戻ってきたときには,周辺の道路も路駐の車でいっぱいでした。
やっぱり八ヶ岳は人気の山なんですね。

麦草峠から白駒池,そしてニュウまで登って稜線に出ると,一気に展望が開けました。
南には,めざす天狗岳や硫黄岳が見えています。
雲海の向こうには富士山も頭をのぞかせていました。

苔むす樹林帯の稜線を中山峠まで歩き,黒百合ヒュッテで休憩して,天狗岳へ。
だんだん人が増えてきて,東天狗岳山頂はけっこうな人だかり。
落ち着いて座っている場所もなかったので,すぐに西天狗岳へ向かいました。

西天狗岳山頂は大展望のてっぺんでした。八ヶ岳の北から南まで,一望です。
さらに南アルプス,中央アルプス,御嶽山,乗鞍岳,槍・穂高連峰が,
雲海の上に浮かんでいました。

それにしても,距離はまぁまぁの長さでしたが,標高差は数百m程度の山行なのに,
そのわりにはけっこう消耗しました。
岩ゴロゴロにくわえて,たくさんのぬかるみをさけて歩くのに疲れたのでしょうか。
途中「硫黄岳まで行っちゃおうか」とも思わなかったわけではありませんが,
終わってみれば,「行ってたら大変なことになってたかも…」という感想です。

高い山々はずいぶん寒くなってきましたね。
前夜の車中泊は,麦草峠の標高が2000mもあったのでかなり寒かったです。
山は秋から,確実に冬に向かっていることを実感しました。
訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/17
投稿数: 165
2016/10/13 11:58
 やっぱり 岩ゴロと泥が大変でしたか
hushiyamaさん こんにちは

やっぱり岩ゴロと泥に苦しみましたか...

そうなんですよね〜
標高差少ないし割と初級向けと思い込んで歩いてみると
これがなかなか大変

じわじわと疲弊してくるし
思いのほか早く進めないし
最後は真っ暗になってました

でも
南八と趣異なる山の姿は十分楽しめたし
他の方にもお薦めもできます

西天狗からの展望良かったですね
私はガスガスでしたから
登録日: 2012/9/8
投稿数: 48
2016/10/17 20:29
 Re: やっぱり 岩ゴロと泥が大変でしたか
goldengateさん,コメントありがとうございました。
すみません,返信遅くなって…。

北八ッはいいところだけど,泥グジュグジュと人が多いのがちょっとね…という感じです。
でも,麦草峠から北の縞枯山や北横岳にも行ってみたいとも思うし,
雪のある時期に天狗岳へ行ってみたいとも思うので,
また行くことがあるかもしれません。

この土日はいいお天気だったけど,どこにも行けなかったので,
そろそろ高い山への登山は終了ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ