ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982233 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

ライチョウ・アサギマダラ 5回目の光岳 (2016)

日程 2016年10月11日(火) 〜 2016年10月14日(金)
メンバー chiroro_
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間0分
休憩
55分
合計
6時間55分
S畑薙ダムゲート前07:5008:33畑薙大吊橋08:3809:04ヤレヤレ峠09:1710:15ウソッコ沢避難小屋10:3412:02横窪沢小屋12:2014:45茶臼小屋
2日目
山行
6時間6分
休憩
1時間2分
合計
7時間8分
茶臼小屋05:5106:20茶臼岳07:16希望峰07:1807:32仁田岳07:4107:55希望峰08:0309:31易老岳09:3910:31三吉平10:4911:51イザルヶ岳11:5412:12県営光岳小屋12:1812:32光岳12:4012:59県営光岳小屋
3日目
山行
8時間5分
休憩
1時間46分
合計
9時間51分
県営光岳小屋04:3905:23三吉平05:2906:25易老岳06:3607:50希望峰08:0108:41茶臼岳09:03茶臼小屋09:2810:41横窪沢小屋10:5811:48ウソッコ沢避難小屋12:0712:57ヤレヤレ峠13:0813:31畑薙大吊橋13:3714:28畑薙ダムゲート前14:30ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
4日目は赤石温泉白樺荘に宿泊
コース状況/
危険箇所等
危険個所はなし、というものの急峻な地形につき滑落にはご用心あれ。

写真

しばらくぶりのいい天気!畑薙第一ダムは無風で静か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくぶりのいい天気!畑薙第一ダムは無風で静か。
大吊橋。コバルトブルーも少し望むことができる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大吊橋。コバルトブルーも少し望むことができる。
1
陽光射す大吊り橋を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽光射す大吊り橋を振り返る。
1
おとなしい横窪沢の流れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おとなしい横窪沢の流れ。
ヤレヤレ峠を越えウソッコ沢小屋へ到着、小休止。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤレヤレ峠を越えウソッコ沢小屋へ到着、小休止。
横窪沢小屋を経て茶臼小屋。開放された2階の冬季小屋からの山側の眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横窪沢小屋を経て茶臼小屋。開放された2階の冬季小屋からの山側の眺め。
1
2日目の黎明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の黎明。
3
荘厳な朝。早朝出発を考えていたが、あまりの景色に動けず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荘厳な朝。早朝出発を考えていたが、あまりの景色に動けず。
4
茶臼岳を越えて仁田池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳を越えて仁田池。
3
喜望峰から仁田岳を往復。これまで4回はスルーしていたが見事な展望と稜線の景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜望峰から仁田岳を往復。これまで4回はスルーしていたが見事な展望と稜線の景色。
2
仁田岳から左回りに茶臼岳〜聖岳〜兎岳〜南岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田岳から左回りに茶臼岳〜聖岳〜兎岳〜南岳
2
仁田岳から先に進み易老岳までの間の好ましい空閑地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田岳から先に進み易老岳までの間の好ましい空閑地。
2
易老岳から下り、三吉ガレ、三吉平を経て一直線にガレ場を登り詰めて静高平の水場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
易老岳から下り、三吉ガレ、三吉平を経て一直線にガレ場を登り詰めて静高平の水場。
1
光岳に到着すると荷物を置いて光岳を往復する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳に到着すると荷物を置いて光岳を往復する。
何度でも訪れたい光岳小屋。こんなにいいロケーションにある山小屋は知らない。小屋の清潔さきれいさは管理人さんご夫婦の心づくしの賜物。冬季小屋利用者のため真っ白な雑巾が何枚も置かれていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度でも訪れたい光岳小屋。こんなにいいロケーションにある山小屋は知らない。小屋の清潔さきれいさは管理人さんご夫婦の心づくしの賜物。冬季小屋利用者のため真っ白な雑巾が何枚も置かれていた。
2
前日は、畑薙ダムから光岳に登ったパーティが宿泊。その人たちが発った跡にゴミが残った。このパーティの物だったのかは知らない。(清掃しておいた。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日は、畑薙ダムから光岳に登ったパーティが宿泊。その人たちが発った跡にゴミが残った。このパーティの物だったのかは知らない。(清掃しておいた。)
2
3日目。04:30出発。今日のコースタイムは11時間。ひたすら歩く。下りる。慰めは4羽のこどもライチョウ。おかあさんはお隠れに!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目。04:30出発。今日のコースタイムは11時間。ひたすら歩く。下りる。慰めは4羽のこどもライチョウ。おかあさんはお隠れに!
5
茶臼岳から下山途中の上河内岳。地味ながらいい山だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳から下山途中の上河内岳。地味ながらいい山だ。
茶臼小屋に寄って、入念なストレッチ。急斜面が続く下山道は細心の注意が必要。「たおやかな」というような形容をされる南アの山も稜線に出るまでは危険がいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼小屋に寄って、入念なストレッチ。急斜面が続く下山道は細心の注意が必要。「たおやかな」というような形容をされる南アの山も稜線に出るまでは危険がいっぱい。
ヤレヤレ峠で一休みし最後の急斜面を下りて畑薙ダムに架かる大吊橋を渡って「登山終了」。安全登山、お疲れさま。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤレヤレ峠で一休みし最後の急斜面を下りて畑薙ダムに架かる大吊橋を渡って「登山終了」。安全登山、お疲れさま。
3
沼平までのリンドウでアサギマダラを見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼平までのリンドウでアサギマダラを見る。
4

感想/記録

2016年はがっつり系の山歩きがなかなかできない環境にある。そんななかようやく4連休が作れたのでどこかへ・・・、と思案を巡らす。朝日連峰の紅葉巡り4日間が有力だったが、直前になって南アルプスに変更。

体育の日の3連休の後の平日なので入山者は少ないだろうと思っていたが、茶臼小屋も光岳小屋も4〜5人の宿泊者であった。少なからず1日で畑薙第一ダムから光岳まで歩く人がいるほか、池口岳からの人、大根沢山からの人、遠くは北岳から光岳まで歩いてきた人もいた。シーズンオフだからこその多様な歩き方と言えよう。

当初、3日目は横窪沢小屋(冬季小屋)泊を考えていたが、赤石温泉白樺荘が空いているとのことで急きょ変更し、温泉三昧!極楽至極!!

2017年の残雪期にも同じルートを歩こうと思っている。2014年に三吉平あたりで落としたテルモスが2015年の残雪期に光岳小屋に置かれていたことがあった(感謝)。
訪問者数:260人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/21
投稿数: 1
2016/11/1 7:21
 小屋状況、教えてください。
今週末に同じルートに登ろうと考えています。小屋を利用してと考えてますが、茶臼小屋の水場、トイレ状況などを教えて貰えると助かります。
登録日: 2012/1/20
投稿数: 79
2016/11/6 21:56
 茶臼小屋の状況について
8818さん!
コメントを見るのが遅くなってしまい、すでに山に入られているころとお見受けします。
ほかの方への参考ともなるものと思いますので、少し前の状況ながら茶臼小屋の様子をお伝えします。

水場の状況:小屋のテント場より少し下がったところからの湧水がしっかりと十分な水量で流れ出していました。(積雪があると埋もれてしまいかねません。そのようなときはウソッコ沢小屋から中の段に登って途中にある大岩の下からの湧水を汲んでいくことになるのかもしれません。)
 
トイレの状況:別棟のトイレ棟のうち1か所が冬季用トイレとして準備されています。

その他:小屋を使用した際の協力金は1人1,000円ほどを「善意の箱」に投入するのが習わしのようです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ