ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982856 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

北八ヶ岳(雨池)麦草峠から周回

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー abukata
天候快晴、気温は麦草峠スタート時(午前7時台)1℃
アクセス
利用交通機関
中央道、諏訪IC利用、R152〜R299(メルヘン街道)で麦草峠へ
午前7時で麦草峠の無料駐車場は予想通り満杯でした。
路駐の車輌はまだなく、私が路駐第一号となりました。麦草ヒュッテへの入口部分はバスの転回に使用するので”駐禁”の緑ロープで規制されています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間36分
休憩
23分
合計
5時間59分
S茶水の池07:2807:43大石峠08:00中小場08:0508:49茶臼山08:5509:34縞枯山 展望台09:3509:51縞枯山09:5510:21雨池峠10:2412:06雨池12:0913:24茶水の池13:2513:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは国道沿いにはありません。
麦草峠から茶臼山、縞枯山とピークを踏んで雨池峠から雨池、そして麦草峠へ戻る周回路を取りましたが、鎖場等の危険箇所はありません。しかし、縞枯山展望台、雨池峠からの下りは”岩ボコ”なのでウェット時はスリップ注意です。
その他周辺情報下山後の日帰り入浴は”八峰の湯”(ヤッホーの湯)を利用しました。
http://www.yahho-onsen.jp/
”信州物味湯産手形”の無料入浴が利用できる施設です。
北関東方面の方には馴染みの道かも知れませんが、初めて麦草峠を佐久側へ下りました。日程的に余裕のある時は、以前から気になっていた稲子湯や本沢温泉をスタートに八ヶ岳を楽しめればと思います。

写真

佐久穂町の標識のところから入ります。
2016年10月15日 07:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐久穂町の標識のところから入ります。
5
R299から入ってすぐのところにある”茶水の池”は一部凍結していました。
2016年10月15日 07:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R299から入ってすぐのところにある”茶水の池”は一部凍結していました。
17
茶水の池からしばらくは木道が整備されています。
2016年10月15日 07:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶水の池からしばらくは木道が整備されています。
2
茶臼山方面は大石峠を右側へ進みます。
2016年10月15日 07:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼山方面は大石峠を右側へ進みます。
4
最初のビューポイントである”中木場”です。
2016年10月15日 08:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のビューポイントである”中木場”です。
10
これから向かう”茶臼山”です。
2016年10月15日 08:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう”茶臼山”です。
12
南アルプス(仙丈、甲斐駒、北岳)方面です。
2016年10月15日 08:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス(仙丈、甲斐駒、北岳)方面です。
14
北八ヶ岳名物の縞枯れ現象です。
2016年10月15日 08:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳名物の縞枯れ現象です。
9
コケ(その1)
2016年10月15日 08:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ(その1)
9
コケ(その2)
2016年10月15日 08:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ(その2)
3
茶臼山展望台への分岐です。
2016年10月15日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼山展望台への分岐です。
2
茶臼山展望台到着です。
2016年10月15日 08:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼山展望台到着です。
17
北アルプス方面(穂高連峰から大キレット)です。
2016年10月15日 08:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス方面(穂高連峰から大キレット)です。
15
乗鞍岳です。
2016年10月15日 08:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳です。
8
御嶽です。
2016年10月15日 08:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽です。
12
南八ヶ岳方面(赤岳・中岳・阿弥陀岳)
2016年10月15日 08:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳方面(赤岳・中岳・阿弥陀岳)
21
蓼科山の山頂部のアップです。
2016年10月15日 08:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山の山頂部のアップです。
8
北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅です。
2016年10月15日 08:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅です。
4
霜柱(その1)
2016年10月15日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱(その1)
16
霜柱(その2)
2016年10月15日 09:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱(その2)
4
霜柱(その3)
2016年10月15日 09:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱(その3)
5
茶臼山と縞枯山の鞍部に下りてきました。
縞枯れ地帯です。
2016年10月15日 09:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼山と縞枯山の鞍部に下りてきました。
縞枯れ地帯です。
4
縞枯れの白骨木と八ヶ岳ブルーの空です。
2016年10月15日 09:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縞枯れの白骨木と八ヶ岳ブルーの空です。
6
縞枯山展望台への分岐まで登ってきました。
2016年10月15日 09:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縞枯山展望台への分岐まで登ってきました。
4
茶臼山を振り返ります。
2016年10月15日 09:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼山を振り返ります。
13
縞枯山展望台の標柱です。
人が多くてこのアングルになってしまいました。
2016年10月15日 09:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縞枯山展望台の標柱です。
人が多くてこのアングルになってしまいました。
10
本日の最高点です。
ここから雨池峠への下りが始まります。
2016年10月15日 09:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最高点です。
ここから雨池峠への下りが始まります。
5
雨池峠の手前でナナカマドの赤い実と縞枯れ、そして、八ヶ岳ブルーの空です。
2016年10月15日 10:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池峠の手前でナナカマドの赤い実と縞枯れ、そして、八ヶ岳ブルーの空です。
2
雨池峠まで下りてきました。
2016年10月15日 10:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池峠まで下りてきました。
5
雨池への下りの途中で、八柱山が見えました。
2016年10月15日 10:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池への下りの途中で、八柱山が見えました。
5
八柱山山頂のアップです。
中継アンテナが見えます。
2016年10月15日 10:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八柱山山頂のアップです。
中継アンテナが見えます。
4
大河原林道まで下りてきました。
2016年10月15日 10:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大河原林道まで下りてきました。
2
雨池到着です。
2016年10月15日 11:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池到着です。
20
雨池(その2)
2016年10月15日 11:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その2)
13
雨池(その3)
2016年10月15日 11:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その3)
10
雨池(その4)
2016年10月15日 11:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その4)
11
雨池の紅葉は終わっていました。
2016年10月15日 11:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池の紅葉は終わっていました。
4
ナナカマドの実です。
2016年10月15日 11:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実です。
13
雨池(その5)
2016年10月15日 11:18撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その5)
6
雨池(その6)
2016年10月15日 11:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その6)
6
雨池(その7)
2016年10月15日 11:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その7)
3
雨池(その8)
2016年10月15日 11:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その8)
10
雨池(その9)
2016年10月15日 11:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その9)
10
雨池(その10)
2016年10月15日 11:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その10)
8
雨池(その11)
2016年10月15日 11:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その11)
4
雨池(その12)
2016年10月15日 11:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その12)
13
雨池(その13)
2016年10月15日 12:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その13)
5
雨池(その14)
2016年10月15日 12:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その14)
2
雨池(その15)
2016年10月15日 12:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その15)
3
雨池(その16)
2016年10月15日 12:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その16)
5
目立っていたナナカマドです。
2016年10月15日 12:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目立っていたナナカマドです。
2
雨池(その17)
2016年10月15日 12:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その17)
7
雨池(その18)
2016年10月15日 12:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その18)
7
雨池(その19)
2016年10月15日 12:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その19)
4
雨池(その20)
2016年10月15日 12:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨池(その20)
5
大河原林道から麦草峠への分岐です。
2016年10月15日 12:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大河原林道から麦草峠への分岐です。
2
ピークを越えて下り始めると、こんな道になりました。
2016年10月15日 13:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを越えて下り始めると、こんな道になりました。
5
熊棚でしょうか?
ヤドリギでしょうか?
2016年10月15日 13:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊棚でしょうか?
ヤドリギでしょうか?
4
茶水の池へ戻って来ました。
氷は完全に融けています。
2016年10月15日 13:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶水の池へ戻って来ました。
氷は完全に融けています。
17

感想/記録

今年は三連休が雨に祟られ、また野暮用も重なってまともに山行が組めませんでした。今回も嫁はんの里帰りと当たってしまい、一人旅となりました。

そうなれば、一人旅ならではの楽しみ方を・・・、ということで午前0時過ぎに名古屋を出発し、中央道の恵那峡SAで1時間、駒ヶ岳SAで3時間の仮眠をして、午前7時過ぎに麦草峠へ到着しました。嫁はんが一緒だとこんなタイムスケジュールは許してもらえません。

予想していた通り、麦草峠の無料駐車スペース(トイレ付)は満車です。しかし、R299に路駐の車は一台も居ません。登山口直近のベストポジションに路駐させていただきました。(バス転回の邪魔にならないところでの直近ポイントです)

この時期、観光地化している白駒の池には見向きもしないで”雨池”を訪問することが固定化していますが、今年も雨池は静かに私を迎えてくれました。

鮮やかな紅葉はありませんでしたが、”心と身体の健康のため”を標榜している私にとっては、将にそれを達成できる重要なポイントです。

気温もスタート時、車の車外温度計で1℃、温度計を忘れたのでそれ以降は測定できませんでしたが、水分の消費がアクエリアス1000mlで済んだことを考えると、最高でも15℃以下だったのではないでしょうか? 私にとっては快適温度でした。

それでも汗を掻かないようにスローペースで歩きました。道をお譲りした方は数知れず、その方々はすぐに見えなくなります。中には追い越された方が休憩中に、私が先行するというパターンもありましたが、その後、また道をお譲りするという形でした。

そんなスローペースでの周回でしたが、それでも13時30分には麦草峠まで戻って来られましたので、白駒の池へもと一瞬は思いましたが、人の多さが容易に想像できたので、日帰り入浴が空いている時間帯を狙って、初めてとなる”八峰の湯”を目指しました。

名古屋からは遠回りとなる佐久側から八ヶ岳を登ったことはなく、麦草峠を佐久方面へ下ったこともありませんでした。道はよく整備されており、八峰の湯も予想通り空いていました。通常料金は500円ですが、”信州物味湯産手形”のお蔭で無料入浴が出来ました。

また、今季二度目となる”シナノスイート”(りんご)を購入しましたが、袋の中の一つが痛んでいるのを発見して、交換してくださいました。こんなちょっとしたホスピタリティが嬉しいabukataです。

帰途は嫁はんもいないので、早く帰る必要もなく、麦草峠経由では能がないので、少々大回りでもR141からR142の笠取峠、和田峠(新和田トンネル)越えを選択しました。

結局、岡谷ICで中央道に乗り、辰野PAで仮眠、阿智PAで本眠しての帰宅となりました。グルメとはまったく縁のない行程となりましたが、たまにはそれも良しです。

ちなみに、嫁はんからはただの一度も連絡が入りませんでした。(こちらからもですから、お相子ですが・・・)
訪問者数:747人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ