ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989866 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳馬蹄形 反時計回り

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー hasytter
天候晴れのちくもり
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:0:08着の終電で水上駅=>8kmをジョグで白髪門登山口
帰り:谷川岳ロープウェー駅=>水上駅(関越交通バス670円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間40分
休憩
1時間20分
合計
16時間0分
S水上駅00:2001:30土合駅01:4002:00白毛門登山口駐車場02:1003:50松ノ木沢の頭04:40白毛門05:50笠ヶ岳07:00朝日岳07:20ジャンクションピーク08:30清水峠白崩避難小屋08:30清水峠09:20七ツ小屋山10:00蓬峠10:40武能岳11:50茂倉岳12:10一ノ倉岳12:20ノゾキ13:2012:50谷川岳13:00谷川岳(トマノ耳)13:10西黒尾根登山口15:50土合口駅/谷川岳ベースプラザ15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○高度感のある箇所は多数あるものの緊張するほどではなかった。
○肩の小屋を下ると急傾斜の岩場が西黒尾根と厳剛新道の分岐まで結構長く続く。ここは濡れていたら相当怖い。
○西黒尾根は厳剛新道との分岐の先に長めの鎖場が二三所ある。濡れていなければ、足が引っかかる場所が必ずあるので慣れている人には難しくない。
その他周辺情報水上駅から徒歩13分のふれあい交流館。
入浴料570円。ビール300円。うどん400円。
安くくつろげるので気にっている。風呂は小さいが湯は気持ち良い。

写真

0:08着の終電で水上駅。5人くらい降りたかな。登山客は自分ひとり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0:08着の終電で水上駅。5人くらい降りたかな。登山客は自分ひとり。
1
いざ自走で8km先の白髪門登山口へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ自走で8km先の白髪門登山口へ。
1
半月。山影とトンネル以外はヘッデンなしで大丈夫でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半月。山影とトンネル以外はヘッデンなしで大丈夫でした。
1
土合駅。中を覗いてみると、待合室でシュラフにくるまって寝てる人、車座で語り合っているグループ、改札付近でテント張ってる人など、いろいろいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土合駅。中を覗いてみると、待合室でシュラフにくるまって寝てる人、車座で語り合っているグループ、改札付近でテント張ってる人など、いろいろいました。
3
できれば土合駅から電車で帰りたい。時間が合えば。上りは15:34か18:18。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
できれば土合駅から電車で帰りたい。時間が合えば。上りは15:34か18:18。
バスの時間もチェックします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの時間もチェックします。
1
土合橋を右折して白髪門登山口へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土合橋を右折して白髪門登山口へ。
2時過ぎ、入山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時過ぎ、入山します。
1
白髪門までは急登です。下りで使いたくない!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髪門までは急登です。下りで使いたくない!
3
笠ヶ岳に近づく頃、空が白んできました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳に近づく頃、空が白んできました。
1
笠ヶ岳が見えてきました。まだ先。遠く感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳が見えてきました。まだ先。遠く感じます。
3
肉眼ではもっと鮮やかなオレンジです。ナイトハイクの醍醐味です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼ではもっと鮮やかなオレンジです。ナイトハイクの醍醐味です。
6
笠ヶ岳。さあ、ここからは楽しい稜線です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳。さあ、ここからは楽しい稜線です。
4
対面の稜線。何時間後に通れるのかイメージつきません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対面の稜線。何時間後に通れるのかイメージつきません。
3
どっちを向いても良い景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっちを向いても良い景色。
1
日が昇ったら暑くなりました。半袖短パンに脱皮。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が昇ったら暑くなりました。半袖短パンに脱皮。
2
朝日岳に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳に着きました。
3
ここからは長いくだりです。なだらかですが、石がゴロゴロしており走れません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは長いくだりです。なだらかですが、石がゴロゴロしており走れません。
1
ジャンクションピークを通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークを通過。
2
清水峠が近づいてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水峠が近づいてきました。
1
ハイジが住んでいそうなJR小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイジが住んでいそうなJR小屋。
5
下りきったところが白崩避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきったところが白崩避難小屋。
1
そしてJR小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてJR小屋。
きれいな笹原を登り返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな笹原を登り返します。
1
大源太山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山アップ
1
ずっと気持ちが良い笹原が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと気持ちが良い笹原が続きます。
七ツ小屋山。この縦走で踏んだピークは9座。8回登り返しがあるということです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山。この縦走で踏んだピークは9座。8回登り返しがあるということです。
1
越後湯沢市街を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後湯沢市街を望む。
2
蓬ヒュッテが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬ヒュッテが見えてきました。
2
こんな鞍部にあったのですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな鞍部にあったのですね。
3
ずっと笹原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと笹原。
言葉はいりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
言葉はいりません。
6
谷川岳の双耳峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳の双耳峰。
2
また下って登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また下って登る。
これまでで高度感が麻痺しているので、下を覗き込んでもあまり怖くありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまでで高度感が麻痺しているので、下を覗き込んでもあまり怖くありません。
3
いつか攻略したい万太郎山、平標山へ続く尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか攻略したい万太郎山、平標山へ続く尾根。
2
西黒尾根で下りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根で下りました。
1
西黒尾根の登山口。途中肝が冷える箇所がありましたが、無事下山できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根の登山口。途中肝が冷える箇所がありましたが、無事下山できました。
3

感想/記録

行動時間は14時間でした。コースには石ころが多くて普段より全然走れず、思ったより時間がかかりました。しかし体力的にキツイと感じませんでした。登り返しが適度な傾斜の直登となっており、効率よく高度を稼ぐことが出来たおかげと思われます。景色が目まぐるしく移り変わるので気分的にノッていけました。長いのを忘れられるほど楽しかったです。馬蹄形には、奥まで行けた者だけが味わえる感動がありますよね。

○水上駅に終電で入るという作戦
今回、水上駅に0:08に到着。それから登山口までジョグし、2時に入山という方法を取りました。

理由ですが、まず今回は関越・首都高を運転したくなかったので、寝てれば運んでもらえる電車だと決めました。で、前乗りするわけですが、どのようにするか? 土合駅に20:51の最終で入り、そこで駅寝で時間調整し、2時頃出発する方法がひとつ。もうひとつは、水上駅に0:08の最終で着いて、そこから登山口までジョグで移動するやり方。駅寝用の防寒・寝具を省きたかったので、今回は後者にしてみました。

で、実行してみての感想。私のような中途半端なレベルの者が馬蹄形日帰りに挑戦するにはピッタリでした。反時計回りの場合、空が白み始める頃に稜線に出られるので、明るい時間を稜線歩きに目いっぱい使えます。そして水上駅行きの最終バス(17:56)には余程のことがないかぎり間に合うはずです。

これまでは神奈川の自宅からは北アも谷川岳もかかる交通費と時間が一緒ですので、どうしても北アに目が向きがちでした。しかし、今回トライしてみて、谷川岳はやり方次第でコスパ最強となることが分かりました。

電車代は高崎まで湘南新宿ラインで向かえば片道3,000円。しかも水上駅は登山口が近いので、ジョグまたは歩きで山に入れる。白髪門登山口までは8km。天神山にアクセスする谷川温泉の登山口までなら3km。現地で18時間遊べるのです。北ア南アでは考えられません。

なぜ今まで気づかなかったのか。万太郎山も平標山も余裕で攻めていけそうです。これから水上駅に通うぞ!と誓うのでした。
訪問者数:347人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ