ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996220 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

初冠雪の甲斐駒ケ岳(黒戸尾根から)

日程 2016年11月01日(火) [日帰り]
メンバー Ennosuke
天候早朝、雨(山の上は雪)
9時頃から、曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場、竹宇(ちくう)駒ヶ岳神社などでナビ検索。
ナビは中央道須玉IC降りで誘導するが、1つ手前の韮崎で降りてしまったほうがわかりやすい。所要時間も大差なし。
駐車場のトイレは現在改築工事中。仮設のトイレが並んでいます。綺麗だし、水洗の勢いがハンパないです(笑)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間5分
休憩
59分
合計
10時間4分
S尾白川渓谷駐車場08:2308:26竹宇駒ヶ岳神社09:37笹の平分岐09:3910:31刃渡り10:43刀利天狗10:4511:16五合目小屋跡11:2711:28屏風小屋跡11:2912:00七丈小屋12:0112:39八合目御来迎場13:23駒ヶ岳神社本宮13:2413:30甲斐駒ヶ岳13:4213:50駒ヶ岳神社本宮14:32八合目御来迎場15:05七丈小屋15:1415:36屏風小屋跡15:3715:39五合目小屋跡15:4916:20刀利天狗16:2116:30刃渡り17:13笹の平分岐17:2118:22竹宇駒ヶ岳神社18:27尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七丈小屋から上、雪があります。七丈から八合目までは晴れれば消えそうでしたが、八合目から上は根雪になっていくのではないでしょうか。(11/3も大荒れ予報)
昼の気温次第では溶けたり凍ったりを繰り返しそうで、あまり状態のいい雪ではありませんが、現段階では軽アイゼンを携行していれば問題ないと思います。
その他周辺情報温泉は駐車場から近い「尾白の湯」。露天の赤湯が素晴らしい。

今回行ったわけではありませんが、この尾白の湯と同じ敷地内に「サラダボウルキッチン」という地場産の野菜をふんだんに使ったレストランがあります。ディナーを予約して行ったことがありますが、野菜料理がコースでこれでもか、これでもかと出てきて、野菜好きなら大満足間違いなしです。

写真

五合目付近で初めて甲斐駒が見える。薄っすら雪化粧。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目付近で初めて甲斐駒が見える。薄っすら雪化粧。
1
八合目から山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目から山頂。
4
北岳のほうが雪が多そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳のほうが雪が多そう。
4
鳳凰三山も薄っすらと雪が被っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山も薄っすらと雪が被っています。
10

感想/記録

本当は日向山、大岩山から八丁尾根で甲斐駒に登って黒戸尾根を降りてくる計画でしたが、この日の稜線の天気予報は「午前中、風雪の荒れ模様、午後から回復」。駐車場には3時過ぎに着いたものの夜半から降り出した雨が本降りに。この雨のなか、びしょ濡れで稜線に上がって風に吹かれたら低体温症のリスクも。

今日は無理だなと思い、二度寝の快楽〜爆睡へ。
久しぶりに山梨県立美術館(ミレーの絵が充実)へ行こうかなとすっかり諦めモードだったが、8時前に起きてみると雨はかなり小振りになっていて、午後には晴れる予報だから、日向山から尾白川渓谷を周回するハイキングくらいやろうと準備して車の外へ。

外へ出たらすっかりやる気になってしまい、黒戸尾根を登ることに。
8時半スタートなので「行けるところまで行って降りてこよう」と誰とはなしに言い訳しつつ、上まで行く気満々でスタート。じきに雨はあがり、晴れ間も見えるように。行ってよかった。

ただ、予想以上に雪があり、トレランシューズにアイゼンなしだったので、八合目から上は若干難儀する場面も。ストックも五合目にデポしてきてしまった。雪や凍結が疑われる時期になったらチェーンアイゼンの携行は必須ですね。反省。

下りは笹の平分岐からヘッデン使用。枯葉が容赦なくトレールを隠しているので、足下を照らしつつ、前方の木の高いところに付いている赤マークも探しながら慎重に下ってきました。
訪問者数:2362人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/11/5
投稿数: 1
2016/11/5 14:27
 テン場にて
甲斐駒で会ったテント張ってた者です。
翌朝はやっぱり雪が凍ってツルツルしてて、登れても下山が怖いかなぁと思って8合目くらいで潔くあきらめました。
夜は寒かったけど、星と街の夜景ががとっても綺麗でしたよ。
楽しい話や雪の情報など、ありがとうございました。
登録日: 2012/9/28
投稿数: 68
2016/11/7 7:11
 Re: テン場にて
kishiechanさん、どうもです。
書き込みありがとうございます。
雪の状況を客観的に伝えるのは難しく、また、北沢峠方面は大したことなかったかも知れません。必要以上におどかしてしまったかもと気になっていました。
登頂断念は残念ですが、慎重なのが一番ですね。またの機会に頂上目指して下さい!
登録日: 2011/12/24
投稿数: 157
2016/11/7 21:33
 やはり雪なのですね。白州から見るとたいしたことないのですが
日帰りお疲れさん、おいらは横手の登山口近くにセカンドハウスがあるので下からいつも眺めているのです、やはりこの時期はね雪なのですね。
昨日日向山から甲斐駒をしばらく眺めていました、一度黒と尾根から登りたいとおもいつつもう10年が経ちました。5合目ちあくの刃渡りの先までは行ったのですが、ちょうど小屋での食事が出ない時であきらめした、来年こそ行きたいです、 68歳のじーより
登録日: 2012/9/28
投稿数: 68
2016/11/9 19:51
 Re: やはり雪なのですね。白州から見るとたいしたことないの...
じー様、コメントありがとうございます。
白洲にセカンドハウスとは羨ましいです。私は尾白の湯が大好きなので。甲斐駒は北沢峠から登ったほうがずっと楽ですが、登り甲斐があるところが黒戸尾根の魅力ですね。私は冬も行きますが、七丈小屋が通年営業なのはありがたいです。その日に管理人がいるかどうかは駐車場に車があるかでわかります。浜松ナンバーの車です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ