ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996349 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

国師岳〜甲武信岳

日程 2016年10月29日(土) 〜 2016年10月30日(日)
メンバー miyamako
天候晴れたりガスったり。夜は霧雨
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間37分
休憩
1時間23分
合計
7時間0分
S大弛峠10:0010:42国師ヶ岳10:5312:15国師ノタル12:3113:09東梓13:1614:12両門ノ頭14:3415:05富士見15:1515:51水師15:5816:012353m地点16:30甲武信ヶ岳16:4017:00甲武信小屋
2日目
山行
5時間3分
休憩
12分
合計
5時間15分
宿泊地04:0006:30なめ滝06:4208:10毛木平09:15梓山G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

国師岳頂上より
2016年10月29日 10:59撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師岳頂上より
両門の頭より国師岳
2016年10月29日 14:27撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両門の頭より国師岳
1
ナメ滝
2016年10月30日 06:49撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝
1
不思議だ。霧の中を歩くのは。(ヘッセ)
2016年10月30日 07:02撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議だ。霧の中を歩くのは。(ヘッセ)
1
この水は故郷を通って日本海へ注ぐ
2016年10月30日 07:53撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この水は故郷を通って日本海へ注ぐ
1
田舎の善き人々に便りを
2016年10月30日 07:54撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田舎の善き人々に便りを
1
落葉松と白樺。信州の秋
2016年10月30日 08:31撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉松と白樺。信州の秋

感想/記録

(29日)バスで登っていく途中は濃霧だったが、大弛峠が近づくと、青空が覗き、南アルプスもくっきり見える。峠から甲武信方面は、時期と時間がずれているためか、人気がなく嬉しい。国師のタル辺りでは、寒気が入るとの予報のとおり、とても寒くなり、フリースを着込む。両門の頭からは稜線を越える滝雲が美しかった。静かな樹林の風情に存分に浸りながら歩き、暗くなった頃に甲武信小屋に辿り着いた。
(30日)前の晩から頭が痛く、早く帰ることにする。ヘッドランプで出発、千曲川源流の沢音とともに下る。私の両親が上田出身で、私も夏休みには長期逗留していたので、千曲川は田舎の風景と言って良い。この夏には、老親と戸倉上山田温泉で千曲川の悠然とした流れを見てきた。久々に会った親戚達は皆、齢を重ねていた。この山のように、秋から終焉へと向かう、人の生。自分も歳をとり、そんな小さな事どもが心に沁みる。中腹は霧が立ち込めて、ヘッセの詩を思わせる世界だ。黄葉と紅葉を愛でながら、「秋の徒歩旅行」を味わった。
訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 白樺 フリース
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ