ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998687 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

有馬・六甲最高峰・東六甲縦走路・宝塚

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー buntyan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:神戸電鉄有馬温泉駅
帰路:阪急電車宝塚駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
6分
合計
5時間30分
S神戸電鉄有馬温泉駅09:5710:03有馬バスターミナル(阪急バス)11:37一軒茶屋11:43六甲山11:4712:04一軒茶屋12:16石の宝殿12:36水無山13:01船坂峠13:24大平山13:47大谷乗越13:4914:18譲葉山14:36岩倉山14:49塩尾寺15:27湯元台広場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
有馬温泉街〜魚屋(ととや)道登山口
有馬温泉のホテル・旅館街を通過して登山口に至ります。初めてのハイカーは地図で道を確認して進みましょう。
魚屋道〜六甲最高峰
昔、神戸の御影や深江で獲れた魚介類を有馬温泉の旅館に運んだ道に因んで魚屋道と呼ばれるようになりました。
魚介類を大八車で運んだようですが、大八車が通ることができる道幅です。2年前の大雨で土砂崩れの箇所がありますが、注意して歩けば問題ありません。1時間半ほどで六甲最高峰に到着します。
六甲最高峰〜東六甲縦走路分岐点
最高峰直下の一軒茶屋から縦走路分岐点まで舗装道路を歩くので、自動車に注意して進みましょう。
東六甲縦走路分岐点〜大谷乗越
数回のアップダウンを繰り返します。特に水無山を過ぎた地点と船坂峠に下る坂は急で注意が必要です。2年前の土砂崩れで崩落した箇所には迂回路が設けてありますが、縦走大会などで夜間ここを通る場合はヘッドライトで前を確認しながら歩く必要があります。
大平山を過ぎ大谷乗越の急坂がこの区間の最大の難所です。縦走大会では渋滞が発生します。
大谷乗越〜塩尾寺(えんぺいじ)
この区間はほとんど下り坂か平坦道です。枝道が数か所ありますが、「六甲全山縦走路」の標識を確認しながら歩きましょう。この日縦走路に倒木が道をふさいでいました。枝道が分かれる地点に倒れていたので、注意が必要です。
塩尾寺〜宝塚(湯元台広場)
急な舗装道路を下ります。疲れた脚に負担がかかります。甲子園大学の脇を通り紅葉が丘の住宅街まで下れば湯元台広場までまもなくです。
その他周辺情報湯元台広場前のナチュール・スパ宝塚で汗を流しました。
http://www.naturespa-takarazuka.jp/info.html
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

神戸電鉄有馬温泉駅。今回は有馬温泉街から六甲最高峰に登り、宝塚まで歩く予定です。
2016年10月30日 09:54撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸電鉄有馬温泉駅。今回は有馬温泉街から六甲最高峰に登り、宝塚まで歩く予定です。
有馬温泉の旅館街を抜けて・・・
2016年10月30日 10:04撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬温泉の旅館街を抜けて・・・
魚屋道の登山口に着きました。
2016年10月30日 10:12撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道の登山口に着きました。
1
魚屋道は緩い登り坂で道幅も広く歩きやすい道です。
2016年10月30日 10:19撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道は緩い登り坂で道幅も広く歩きやすい道です。
写真ではわかりにくいですが、樹木の間から温泉街が見えました。
2016年10月30日 10:26撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいですが、樹木の間から温泉街が見えました。
2年前の大雨で崩壊した箇所。
2016年10月30日 10:33撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年前の大雨で崩壊した箇所。
紅葉ももうすぐかな?
2016年10月30日 10:40撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ももうすぐかな?
フラットな道を快適に進みます。
2016年10月30日 10:44撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フラットな道を快適に進みます。
1
最高峰までの中間あたりにある東屋。小休止です。
2016年10月30日 10:53撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰までの中間あたりにある東屋。小休止です。
魚屋道唯一の下り坂(最高峰から下った来ると唯一の登り坂)。
2016年10月30日 10:57撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道唯一の下り坂(最高峰から下った来ると唯一の登り坂)。
1
ブナ林の説明板。
2016年10月30日 11:05撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林の説明板。
魚屋道最大の土砂崩れ。下から見上げます。
2016年10月30日 11:16撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道最大の土砂崩れ。下から見上げます。
上からは見下ろすとこう見えます。
2016年10月30日 11:19撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上からは見下ろすとこう見えます。
六甲山系によく設置されている119ばんつうほうプレート。ケガや病気で119番に通報する時この番号を伝えると場所が分かるということです。この場合は「き3−4」
2016年10月30日 11:28撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲山系によく設置されている119ばんつうほうプレート。ケガや病気で119番に通報する時この番号を伝えると場所が分かるということです。この場合は「き3−4」
2年前の大雨の後は流水で道がVの字形に掘れていましたが、フラットになるように土を埋めてありました。山道整備の方に感謝です。
2016年10月30日 11:32撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年前の大雨の後は流水で道がVの字形に掘れていましたが、フラットになるように土を埋めてありました。山道整備の方に感謝です。
山道が石畳になると・・・
2016年10月30日 11:33撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道が石畳になると・・・
最高峰直下、一軒茶屋前の広場で出てきました。
2016年10月30日 11:36撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰直下、一軒茶屋前の広場で出てきました。
最高峰の標識は外すことができません。標高931m
2016年10月30日 11:43撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰の標識は外すことができません。標高931m
3
三角点にタッチ。
2016年10月30日 11:43撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ。
秋が深まっています。ススキの穂が垂れていました。
2016年10月30日 11:50撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋が深まっています。ススキの穂が垂れていました。
1
最高峰直下から阪神間を撮りました。
2016年10月30日 12:01撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰直下から阪神間を撮りました。
通常撮影
2016年10月30日 12:02撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通常撮影
1
パノラマ撮影
2016年10月30日 12:03撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ撮影
2
宝塚方面に向かいます。
2016年10月30日 12:12撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝塚方面に向かいます。
石の宝殿前を通過して
2016年10月30日 12:15撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の宝殿前を通過して
東六甲縦走路分岐点から山道に入ります。
2016年10月30日 12:19撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東六甲縦走路分岐点から山道に入ります。
のどかな尾根道です。
2016年10月30日 12:24撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のどかな尾根道です。
クマザサが道に覆いかぶさっていました。
2016年10月30日 12:29撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマザサが道に覆いかぶさっていました。
水無山あたりの標識。このあたりはクマザサだらけです。
2016年10月30日 12:36撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無山あたりの標識。このあたりはクマザサだらけです。
縦走路で唯一の崩落箇所。左側に迂回路があります。
2016年10月30日 12:54撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路で唯一の崩落箇所。左側に迂回路があります。
船坂峠への下りにある急坂。
2016年10月30日 13:00撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船坂峠への下りにある急坂。
船坂峠。縦走路を左から右方向に進みます。正面は西宮市山口町船坂地区に下る「清水谷道」
2016年10月30日 13:01撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船坂峠。縦走路を左から右方向に進みます。正面は西宮市山口町船坂地区に下る「清水谷道」
林立した樹木の間を縦走していきます。
2016年10月30日 13:10撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林立した樹木の間を縦走していきます。
約1時間少々で大平山の舗装道路に到着しました。
2016年10月30日 13:24撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約1時間少々で大平山の舗装道路に到着しました。
舗装道路を進み・・・
2016年10月30日 13:26撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道路を進み・・・
右方向に山道に入る階段を下ります。
2016年10月30日 13:36撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右方向に山道に入る階段を下ります。
大谷乗越の急坂です。慎重に下りましょう。
2016年10月30日 13:48撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷乗越の急坂です。慎重に下りましょう。
下り切ったら県道を横断してまた山道に入ります。
2016年10月30日 13:50撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り切ったら県道を横断してまた山道に入ります。
山道がやや狭くなってきました。
2016年10月30日 14:03撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道がやや狭くなってきました。
縦走路に倒木がありました。夜間ここを通過する時注意しなければなりません。
2016年10月30日 14:06撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路に倒木がありました。夜間ここを通過する時注意しなければなりません。
甲山を眺望できる所です。
2016年10月30日 14:24撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲山を眺望できる所です。
2
パノラマでも撮影しました。
2016年10月30日 14:24撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマでも撮影しました。
1
やっとのことで塩尾寺まで下ってきました。ここから急な舗装道路を下ります。疲れた脚にはかなりの負担でした。
2016年10月30日 14:50撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとのことで塩尾寺まで下ってきました。ここから急な舗装道路を下ります。疲れた脚にはかなりの負担でした。
1
ここに来ると毎回この方向で写真を撮影します。宝塚・池田・川西方面でしょう。
2016年10月30日 14:58撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに来ると毎回この方向で写真を撮影します。宝塚・池田・川西方面でしょう。
1
紅葉ケ丘の住宅地まで下りてくると塩谷川に沿ってゴールを目指します。
2016年10月30日 15:17撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ケ丘の住宅地まで下りてくると塩谷川に沿ってゴールを目指します。
今回のゴール、湯元台広場の緩い階段を登るのも大変でした。
2016年10月30日 15:26撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のゴール、湯元台広場の緩い階段を登るのも大変でした。
湯元台広場。この後前にあるナチュール・スパ宝塚で汗を流しました。
2016年10月30日 15:26撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯元台広場。この後前にあるナチュール・スパ宝塚で汗を流しました。
武庫川に架かる宝来橋を渡り・・・
2016年10月30日 16:34撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武庫川に架かる宝来橋を渡り・・・
阪急電車宝塚駅から帰途に就きました
2016年10月30日 16:37撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阪急電車宝塚駅から帰途に就きました

感想/記録

2016年10月10日以来の20日ぶりの山行きでした。2016KOBE六甲全山縦走大会(11月23日)に参加するためのトレーニングでしたが、大会完走を達成するには身体の仕上がりまだまだだなぁ、と感じざるを得ませんでした。
大会当日までには縦走路でのトレーニングに励む予定です。
訪問者数:68人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ