ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999591 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

塩見岳日帰り!のはずが烏帽子岳から見るだけの巻(鳥倉林道ゲート)

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー mkazu11, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
午前0時に横浜を出発。午前4時過ぎに鳥倉林道ゲート前駐車場着。20台くらいいました。帰りはその逆
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三伏峠まではなだらかな登り、、という先人たちの記録に惑わされました。結構な登りで地味に体力を奪われます。コース自体は危険箇所はあまりないものの、この日は積雪と凍結箇所があり滑ると危険なところは何箇所かありました。アイゼンはギリギリ使わなかったですが今後は…
その他周辺情報清流苑で汗を流して帰りました。ここの温泉は9種類もあって¥400はお得です。マッサージ機も良かったw

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

塩見岳…これに登るはずが
2016年11月05日 08:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳…これに登るはずが
1
烏帽子岳から眺めるだけの巻〜
2016年11月05日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳から眺めるだけの巻〜
富士山もバッチリ見えております
2016年11月05日 09:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もバッチリ見えております
ツララが面白いことになってましたw
2016年11月05日 08:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツララが面白いことになってましたw
麓は紅葉が綺麗でした〜
2016年11月05日 12:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓は紅葉が綺麗でした〜
撮影機材:

感想/記録

塩見岳に日帰りで行こう!と0時に横浜を2時間睡眠で出発。鳥倉林道ゲートに着いた時には関東では味わえない満天の星空に感動。凄まじかったです。
車は既に20台くらい停まってました。真っ暗な中ヘッデンを点けて4時半にゲート出発です。
地味に長い林道を歩き登山口へ。そこから三伏峠まではなだらかな登山道であると先人の記録にはありましたが実際に登ってみるとなだらかな事なくそれなりの登り。寝不足もあり体が重い。そして心も折れました。
そんな訳で自分たちは4/10の所でピークはやめよう、塩見を見て帰るだけにしようと烏帽子岳に行き先を変更。そこからは気持ちも気楽に登山を楽しめるようになりました。
ところどころ今週降った雪が残り、一部は凍結していましたので慎重に登りました。念のため軽アイゼンは持参していたので危なかったら着けるつもりでいましたが、最終的にはこの日は装着しないで終わりました(ちょっと危険な時もありましたが)。
三伏峠に到着するとトタン屋根の山小屋から板状のツララが垂れておりなかなか面白い事になってました。
三伏峠から片道1時間の烏帽子岳は眺望抜群で、塩見岳はもちろん、富士山や他の南アルプスの山々を一望できました。
下山して登山口からゲートまでの林道沿いはかなり紅葉が綺麗で、行きは真っ暗だったので、明るいうちに下山した事で視界も開け季節を楽しめました。
塩見岳は外国の山のような雰囲気を持つかっこよさがありました。いつかきっと登ります。その時はきっと夏で三伏峠でテン泊してピークハントしようと思うのでした。
訪問者数:173人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/16
投稿数: 6
2016/11/7 19:08
 烏帽子が正解だったかもしれません
三伏小屋で話をさせていただいたと思います。
塩見目指しましたが9.5合目で撤退してきました。
兄貴が思った以上にへばってしまいまして最後の暗闇の中の下山には参りました。
登録日: 2015/7/2
投稿数: 5
2016/11/7 20:10
 Re: 烏帽子が正解だったかもしれません
コメントありがとうございます。やっぱりご兄弟の方だったのですね。ピークは残念でしたが逆に勇気ある冷静な判断と思います。
またどこかの山でお会いできればと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ