また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > hiro2017さんのHP > 日記
2019年10月09日 21:50未分類全体に公開

「日本の山が危ない 登山の経済学」

「日本の山が危ない 登山の経済学」


山ガールや中高年の登山ブームの中で、年々、登山者が増えています。
それに伴い、オーバーユースによる環境問題や初心者や軽装備での登山によるトラブルから、安易に利用してしまう救助ヘリの問題など今日の登山ブームの陰で問題も発生しています。

その為、問題を解決しようと入山料の徴収やヘリ救助の有料化など、試験的に実施を始める地域が出てきました。

これらのことは、私も関心があり、見聞きしていました。

ここへきて、私が全く想像もしていなかった問題をネットの記事でみかけました。

それは、山小屋のヘリ問題です。
記事によれば、この夏、北アルプスで天候と機体故障により、ヘリが一か月間、飛ぶことができなくなり、山岳地帯の約40軒の山小屋が孤立する事件が起こっていたそうです。

食料や備品などを山小屋へ運搬するのにヘリコプターを使用することは知っていましたが、この記事の中で、そのヘリ会社が一社しかないというのに驚かされました。



※ダイヤモンドオンラインでの記事で、一つ目の記事だけ読みました。
 それ以降は、会員登録が必要だそうです。
 興味のある方は、一つ目の記事だけでも読んで見てはどうでしょうか?


ダイヤモンドオンライン
日本の山が危ない 登山の経済学
https://diamond.jp/articles/-/216591
訪問者数:383人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2015/1/26
投稿数: 2183
2019/10/11 7:48
 RE: 「日本の山が危ない 登山の経済学」
こんにちは。
この課題は雲ノ平山荘の問題提起で明らかになりましたね。
https://kumonodaira.com/news/helicopter.html

ヤマレコ日記でも様々なご意見がありました。
https://www.yamareco.com/modules/diary/141824-detail-191087

一過性の話題ではなく、問題解決に向けた論議や対策が進展すればなと思います。

いま、私ら登山者にできることはなんでしょう...


ページの先頭へ