また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

Mount Kinabalu(Low's Peak)(きなばる山(ろーずぴーく))

最終更新:tac
基本情報
標高 4095.2m
場所 北緯06度04分30秒, 東経116度33分31秒
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

キナバル山(キナバルさん、, )は、ボルネオ島北部、マレーシア領のサバ州にある山である。標高 4,095.2mはマレーシアの最高峰である。
キナバルとは、マレー語でキナは中国、バルは未亡人の意味。キナバル山付近には、中国の王子とその未亡人の伝説も残っている。広東の漁師兄弟が台風で遭難、当地に漂着し、現地妻を娶った後、兄がホームシックで北上航海に出たが その後音信が途絶え、現地に残された妻がこの山にのぼってマレーへ帰る船影をさがしたという伝説も伝わる。実際にはアキ・ナバル(祖先の霊る山)がなまってキナバルになったという説が有力である。
1851年、プラントハンターのヒュー・ローによって初登頂を果たされる。ヒュー・ローは76種の新種の植物を採取した。世界でも有数の生物多様性に富み、6000種以上の植物と100種以上の哺乳類が確認されている。山頂には、花崗岩による独特の岩場が広がっている。また山の麓は、熱帯雨林特有のジャングルとなっている。熱帯雨林から高山帯までの特異な動植物が数多く存在している。山麓のジャングルでは、世界最大の花とも言われるラフレシア、食虫植物として有名なウツボカズラが原生している。
山域は、キナバル自然公園として、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。
キナバル山のあるサバ州の旗には、キナバル山が描かれている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「Mount Kinabalu(Low's Peak)」 に関連する記録(最新10件)

アジア
  50    10  3 
dekoyama, その他9人
2017年12月31日(2日間)
アジア
  10    2  2 
2017年12月28日(2日間)
アジア
  64    21  3 
2017年11月03日(3日間)
アジア
  126     44  4 
mamepyon, その他1人
2017年11月02日(2日間)
アジア
  93     12  1 
mushitaro418nunchaku, その他7人
2017年09月13日(2日間)
アジア
  14   2 
2017年09月13日(2日間)
アジア
  64     17 
nunchakumushitaro418, その他7人
2017年09月13日(2日間)
アジア
  52    14 
2017年09月08日(2日間)
アジア
  55   7 
2017年08月18日(2日間)
ページの先頭へ