また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

手箱山(てばこやま)

最終更新:KENPEI

山の解説 - [出典:Wikipedia]

手箱山(てばこやま)は、四国山地西部の石鎚山脈に属する山である。四国百名山に選定されている。
手箱山は筒上山直下の大峰宗覚心寺派の道場がある手箱越(1,720m)から東側の稜線上にあり、高知県では三嶺など県境にある山を除けば、単独で県内に位置する山としては最高峰である。
江戸時代には土佐藩の御留山とされた。東側の尾根沿いはブナ林に覆われ、その麓の吉野川源流沿いにはかつて氷室が造られ、現在も氷室が復元されている。大瀧登山口には氷室番所跡がある。山頂付近の稜線上は笹原で覆われるが、手箱越東側の北側斜面は一部ダケカンバ林もある。
山頂には権現祠が祀られ、三等三角点、「手箱山」が設置されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「手箱山」 に関連する記録(最新10件)

四国
  53    6 
matsu5513, その他1人
2017年11月12日(日帰り)
四国
  86    4 
2017年08月19日(日帰り)
石鎚山
  
yuiyama, その他4人
2017年07月30日(日帰り)
四国
  26     8  2 
2017年05月29日(日帰り)
石鎚山
  16    10 
2017年05月27日(日帰り)
石鎚山
  30    7 
2017年05月27日(日帰り)
石鎚山
  168     20  2 
nekojigenessankirichan57, その他1人
2017年05月21日(日帰り)
石鎚山
  60     13 
2017年01月07日(日帰り)
石鎚山
  106   14 
2016年10月30日(日帰り)
石鎚山
  12   10 
2016年06月14日(日帰り)
ページの先頭へ