また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

若丸山(わかまるやま)

最終更新:nagara
基本情報
標高 1286m
場所 北緯35度46分21秒, 東経136度26分44秒
若丸山は、地形図上にも山名が記載された二等三角点峰(点名:若丸山)である。
登山道は無いが、10〜20m級の滝がある、いくつかの美しい渓谷を持つ山で、古くから沢登りの対象として親しまれて来た。その為、「ぎふ百山」を筆頭に、美濃の山を紹介する書籍のガイドの殆どが遡行ルートによるものである。
しかし、若丸山も徳山ダムの完成により影響を受けた山の一つで、ヒン谷と共に岐阜県側から遡行されていた滝ノ又谷(点の記の順路も当コース)が、ダムの完成により事実上入渓出来なくなった。その影響もあってか、入渓者は以前に比べて大きく減少し、代わって現在では、残雪期に尾根伝いに登られる事が殆どである。
もっとも入山者が多いのは、ダム完成後に完成した新・国道417号の塚白椿隧道西口付近から、残雪期に916mを経由する尾根ルートである。ただし国道417号の徳山ダムより先は、例年3月中〜下旬まで通行止めである(通年通行可能を目指す冠山トンネルが開通すれば事情は変化する可能性が高い)ため、入山日の制限を受ける。下部はヤブが薄いうえに、雪解けの早い箇所は踏み跡さえ見られるが、上部はヤブが手強い為に、上記の道路事情と併せて登山適期が短めである。
なお、山頂にある山名板は、柄が折れたり飛ばされたりしながらも、二十数年以上持ち堪えているので驚きである。
また梨ヶ平に立ち寄れば、残雪期には若丸山と能郷白山・イソクラの展望が良く、無雪期には新緑、紅葉と以前の美濃を彷彿させる美林を楽しめる。
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「若丸山」 に関連する記録(最新10件)

東海
  123    132  44 
2018年04月01日(日帰り)
東海
  46    14  2 
2018年03月31日(日帰り)
東海
  41    18  2 
2018年03月31日(日帰り)
東海
  42     11  2 
2018年03月27日(日帰り)
東海
  69     35  6 
2018年03月11日(4日間)
東海
  64    11  4 
hermit-crab, その他1人
2017年04月28日(日帰り)
東海
  28    42 
2017年03月31日(日帰り)
東海
  182    21  8 
2017年03月19日(日帰り)
ページの先頭へ