ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大沢ノワデ

大沢ノワデ(おおさわのわで)

最終更新者 Yamaotoko7
基本情報
場所 北緯35度40分26秒, 東経138度52分45秒
雁腹山頂の茅の中を急に300mばかり下降すると平坦地となる。真木川の大沢のツメに当るから大沢のワデ(1580m)と云う。ワデは上手(うわで)の略で、「そこのワデに登る」などと里人は使う。この頭から真木側に突き出される小尾根が、雁腹の登路に取られる大沢尾根である。次の瓢形の原が吹切(1520m)、風の吹き抜ける地点を表わす地名である。吹切原からノワキの沢を抱いて西から南へ走る尾根がある、この1340mを中草里、ソウリは焼畑の意だから、この地が古くから耕された所と思える。1498mを吹切峰(奈良子称)、真木側では野脇ノ沢のツマリだから野脇といい、三角点名もそれが採用された。

※岩科小一郎著 大菩薩連嶺(昭和34年発行)より抜粋
山頂

大沢ノワデ (基準標高1420.1m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
17.4
平均気温
10.5
最低気温
5.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.9 時間/日
降水量 3.1 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

大沢ノワデを目指す
大沢ノワデから下る
大沢ノワデが見えてきた
大沢ノワデ(12:14pm)
雁ヶ腹摺山付近の昭和34年の古地図。青丸が中双里、赤枠が大沢ノワデ、緑枠が吹切峰、橙枠が野脇ノ峰

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大沢ノワデ」 に関連する記録(最新10件)

奥秩父
  35     10 
2015年05月19日(日帰り)
奥武蔵
  39    19 
tochan, その他1人
2014年11月21日(日帰り)
甲信越
  12    5  2 
2014年04月08日(2日間)
奥多摩・高尾
  38     34  6 
2012年11月18日(2日間)
甲信越
  96     46  13 
2011年10月01日(2日間)
奥秩父
     1 
toshi-17, その他2人
2011年03月10日(日帰り)
奥秩父
  35    5  2 
2010年08月28日(日帰り)
ページの先頭へ