ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 峯の薬師
最終更新者 Gipfel
基本情報
場所 北緯35度35分49秒, 東経139度16分04秒

峯の薬師 (基準標高205.8m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
22.5
平均気温
16.4
最低気温
10.9
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.5 時間/日
降水量 4.4 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

峯の薬師
峯の薬師
峯の薬師
峯の薬師
峯の薬師

山の解説 - [出典:Wikipedia]

峰の薬師(みねのやくし)は、神奈川県相模原市緑区三井にある寺院。江戸時代には「武相四大薬師」 「武相四大薬師」は峰の薬師、日向薬師、高尾山薬王院、新井薬師。
の一つとして多くの信仰を集め、三井(みい)の薬師とも呼ばれた。現在は曹洞宗の寺院で、大覚山東慶寺と号する。
相模原市域の西方、合併前の津久井郡津久井町の地域にあり、相模川をせき止めてできた津久井湖を見下ろす山中に位置する。登山道は「関東ふれあいの道」として整備されている。
峰の薬師は明応年間(1492 - 1501年)の創建と伝えるが、数度の火災で古記録を焼失しており、詳しい沿革は不詳である。
昌平黌地理局編『新編相模国風土記稿』(巻123村里部津久井県巻8毛利庄)には「薬師堂 別当三井寺 基立ハ明応年間ナリト云」とあり、麓の三井集落にある臨済宗建長寺派三井寺(さんせいじ)の管理下にあった。同じく『新編相模国風土記稿』によれば、当薬師堂の本尊薬師如来像は像高一尺三寸の木造坐像で、行基作の伝承があり、「峰ノ薬師」または「三井ノ薬師」と呼ばれていた。また、堂には「東照寺」の寺号を記した額が掲げられていたという。
明治の神仏分離により、峰から降ろされ、廃堂となったが、1933年(昭和8年)に旧地に再興された。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「峯の薬師」 に関連する記録(最新10件)

奥多摩・高尾
  18    4 
2017年05月28日(日帰り)
奥多摩・高尾
  32    19  2 
zama3776, その他1人
2017年05月14日(日帰り)
奥多摩・高尾
  20    16 
TELA, その他5人
2017年05月14日(日帰り)
奥多摩・高尾
  29    9 
2017年05月09日(日帰り)
奥多摩・高尾
  48    13 
2017年05月06日(日帰り)
奥多摩・高尾
  84    31  9 
2017年05月04日(日帰り)
奥多摩・高尾
  43    36  10 
subaru5272, その他1人
2017年05月04日(日帰り)
奥多摩・高尾
    5 
2017年04月29日(日帰り)
ページの先頭へ