ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 水無川本谷

水無川本谷(みずなしがわほんだに)

最終更新者 kamog
基本情報
場所 北緯35度26分46秒, 東経139度10分12秒
表丹沢を代表する沢登りルート。戸沢キャンプ場をベースに入渓後約15分で出会うF1からF5までは要所に鎖が架けられて秦野市遭難対策協議会によるフォールナンバーもあり、半ばゲレンデ化しているが、初心者同士の遡行は危険なので必ず経験者同行のもと楽しみたい。F5の上流で書策(かいさく)新道が横断しており、いざというときは戸沢にエスケープが可能。(ただし現在この書策新道は一般登山者立入禁止としている)F6はチョックストーン滝で右コーナーを登るが技術的にはここが一番難しい。昔登られていたこの沢の大滝F8(25m)は崩壊が激しく、右側を大きく高巻かなければならない。高巻きの途中、枝沢を2本トラバースするが足元がグズグズで要注意で最近増々崩壊が激しくなっている。またその上流で右から最初に入る支流に入ると上部が悪いザレ場なので、そこは入らず更に上流の右沢へ入るとF9が出てくる。最後は塔ノ岳東側の表尾根に飛び出る。
遡行グレードは6段階評価で1級上(初級者向き)。日本百名谷にも数えられている。

水無川本谷 (基準標高1049.8m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
7.1
平均気温
2
最低気温
-3
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 5.1 時間/日
降水量 5.6 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

水無川本谷F6
水無川本谷F5
駐車場から天神尾根方面に進みます。鉄橋をわたると堰堤が出てきて、沢筋が2つに分かれます。右の沢が水無川本谷、左の沢が源次郎沢です。2本の沢に挟まれた尾根が書策新道です。現在では廃道になっているので入口に立ち入り禁止の黄色いテープが張ってあります。また源次郎沢入口とかいた道標は撤去されているので注意が必要です。
戸沢を出発 今日の目的は水無川本谷水質検査用水採取で、ついでに久しぶりに金冷シ沢に行くつもり
水無川本谷でしょうか?

付近の山

この場所を通る登山ルート

「水無川本谷」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  16    17 
mk9138, その他1人
2017年03月20日(日帰り)
丹沢
  17    11 
shibasa194, その他1人
2017年03月19日(日帰り)
丹沢
  47    104  6 
2017年03月15日(日帰り)
丹沢
  12    19 
mk9138, その他1人
2017年03月12日(日帰り)
丹沢
  18   28 
2017年03月12日(日帰り)
丹沢
  45    40  2 
2017年03月01日(日帰り)
丹沢
  25     11 
2017年03月01日(日帰り)
丹沢
  51   29 
2017年02月18日(日帰り)
丹沢
  21     29  2 
2017年02月18日(日帰り)
ページの先頭へ