ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 沖ノ源次郎沢

沖ノ源次郎沢(おきのげんじろうさわ)

最終更新者 kamog
基本情報
場所 北緯35度26分50秒, 東経139度10分03秒
水無川中流部の支流だが、普段はほとんど水が流れていない涸沢である。この沢のポイントは水無川本谷と合わさる出合に20mの滝、というより壁を2つ連続して架けており、昔からクライミングトレーニングによく利用されている点だ。クライミンググレードはRCCグレード掘銑控蕕能薺藜圓離肇譟璽縫鵐阿妨いている。ただし自然落石もあるのでヘルメット着用。その上はゴーロ帯、中流部に右壁が被ったチムニー状の滝を幾つか架けている。詰めは本流に沿っていけば花立山荘と金冷シの中間にあるコルで大倉尾根に飛び出る。遡行グレードは6段階評価で2級。最初の20m×2滝をクライミングできるリーダーが不可欠。(この2つの滝の高巻きは右側からだが出だしがちょっと悪い)

沖ノ源次郎沢 (基準標高1049.8m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
7.1
平均気温
2
最低気温
-3
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 5.1 時間/日
降水量 5.6 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

ますますガスって幻想的な雰囲気、 沖ノ源次郎沢の出合には気づかず。一箇所わずかに水流があったところがあったからそこだったか?
そのまま沖ノ源次郎沢の出合に気づかずきたので、ここのどちらも水流のある二俣でしばし悩む。しかし、地形図とコンパスで確認したらどう考えてもここは左。
左奥には沖ノ源次郎沢涸れ棚が見える
沖ノ源次郎沢 F1(20メートル)
塔ノ岳から大倉尾根 沖ノ源次郎沢の詰めにはまだ積雪あり

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「沖ノ源次郎沢」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  59     28  12 
2016年12月17日(日帰り)
丹沢
  100   12 
neneta, その他1人
2016年11月12日(日帰り)
丹沢
  75  
ardbeg30, その他1人
2016年11月12日(日帰り)
丹沢
  19    7  2 
mtok, その他1人
2016年10月12日(日帰り)
丹沢
  14    17  2 
match0810yasuo12uda-0524, その他3人
2016年08月07日(日帰り)
丹沢
  14    14 
2016年07月19日(日帰り)
丹沢
  
2016年06月17日(2日間)
丹沢
   
pooh3japan, その他4人
2016年06月16日(日帰り)
丹沢
  25    26 
dakereko, その他1人
2016年05月22日(日帰り)
ページの先頭へ