ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 荒川中岳避難小屋

荒川中岳避難小屋(あらかわなかだけひなんごや)

最終更新者 muscat
基本情報
標高 3060m
場所 北緯35度29分50秒, 東経138度10分06秒
・荒川中岳の山頂直下のすぐ東にある
・水場なし(荒川小屋の北側の登山道の沢水が最寄り)
【営業期間】7月16日〜9月30日(期間外は避難小屋として開放)
【関連HP】http://www.t-forest.com/alps/lodge_nakadake_hinan.html
山小屋 20人・5,000円(素泊)
トイレ 有料
食事 (売店のみ)即席めん、レトルト、各種飲料
展望ポイント 赤石岳、塩見岳、悪沢岳、ご来光

荒川中岳避難小屋の日の出・日の入り時刻

05/27(土) 05/28(日) 05/29(月) 05/30(火) 05/31(水) 06/01(木) 06/02(金)
日の出 4時25分 4時24分 4時24分 4時24分 4時23分 4時23分 4時22分
日の入り 19時5分 19時6分 19時7分 19時7分 19時8分 19時9分 19時9分

荒川中岳避難小屋 (標高3060m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
5.6
平均気温
0.7
最低気温
-4.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 6.4 時間/日
降水量 6.2 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

荒川中岳避難小屋
荒川中岳避難小屋
荒川中岳避難小屋
荒川中岳避難小屋
荒川中岳避難小屋

山の解説 - [出典:Wikipedia]

荒川岳(あらかわだけ)は南アルプス国立公園内の赤石山脈(南アルプス)中央部にある前岳、中岳、悪沢岳(東岳)の3つの山の総称である。
荒川岳は別名荒川三山とも呼ばれる、いくつかのピークの集合体である。「三山」と呼ぶ場合は以下の3つを指す(以下、西から東への位置順に記す)。

  • 前岳(荒川前岳) 標高3,068 m

  • 中岳(荒川中岳) 標高3,084 m

  • 悪沢岳(別名東岳または荒川東岳)標高3,141 m 日本第6位の高さである。


さらに、その東側に位置する以下の2つの小ピークも荒川岳の一部分である。

  • 丸山 標高3,032 m

  • 千枚岳 標高2,880 m


中岳と千枚岳には三角点があり、その最高峰は悪沢岳である。
三山のうち中岳と前岳は距離が300 mと近接し、最低鞍部との標高差も20から30 mほどしかない。この二山と悪沢岳は距離も1 kmほど離れ、最低鞍部との標高差も180から240 mほどあるが、三山全体と、南北に連なる赤石岳・小河内岳との間の標高差が小河内岳側で約700 m・赤石岳側で約380 mと大きいため、三山全体で一つのまとまりをなした山と見ることができる。
荒川岳一帯には氷河によって削られた地形であるカール(圏谷)が数多く見られる。上部は森林限界のハイマツ帯で、非常に多くの高山植物が自生しライチョウの生息地となっている。カールの中腹や底は、いずれも大規模な高山植物のお花畑となっており、特に中岳、前岳から荒川小屋に下る斜面では、規模の大きなお花畑の真ん中を登山道が通っているため、盛夏には花のじゅうたんに囲まれながらの登山を楽しむことができる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「荒川中岳避難小屋」 に関連する記録(最新10件)

塩見・赤石・聖
  92     59  2 
Evergreen, その他1人
2017年05月03日(4日間)
塩見・赤石・聖
     4 
2016年12月29日(5日間)
塩見・赤石・聖
  97     75  2 
2016年12月29日(6日間)
塩見・赤石・聖
  223    34 
2016年11月12日(3日間)
塩見・赤石・聖
  56    32 
2016年11月05日(日帰り)
塩見・赤石・聖
    5 
2016年11月03日(4日間)
塩見・赤石・聖
  107     42 
2016年11月03日(3日間)
塩見・赤石・聖
  160     40 
2016年10月19日(2日間)
塩見・赤石・聖
  56     68 
2016年10月15日(2日間)
塩見・赤石・聖
  168    65  16 
2016年10月15日(3日間)
ページの先頭へ