また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

虎塚古墳(とらづかこふん)

最終更新:youtaro
写真一覧へ 虎塚古墳群配置図
虎塚古墳前の説明板
虎塚古墳入口の案内板
【虎塚古墳】前方後円墳です。
基本情報
場所 北緯36度22分24秒, 東経140度34分10秒
前方後円墳で横穴式石室を持ち、石室には装飾壁画ある
国の史跡

山の解説 - [出典:Wikipedia]

虎塚古墳(とらづかこふん)は、茨城県ひたちなか市にある前方後円墳である。造られた時期は、7世紀前半頃と推定される。
虎塚古墳群、笠谷古墳群が形成されている標高20メートルほどの台地上の山林に虎塚古墳が位置している。この周辺には県指定史跡の十五郎横穴群も所在する。
1973年(昭和48年)9月12日に明治大学教授の大塚初重による発掘調査が実施され、横穴式石室内部に装飾壁画が発見された。1974年(昭和49年)1月23日には、国の史跡に指定された。
石室内部からは、成人男子の遺骸が1体と漆塗小大刀(うるしぬりこたち)、毛抜形鉄製品、槍鉋(やりがんな)、鉄鏃、鉄板などの副葬品が出土している。
また、この古墳は後円部南側に両袖形の横穴式石室で、第一次調査の段階で未開口であることが確認された。玄室の長さは2.8メートル、幅1.8メートル、高さ1.4メートル、奥壁に一枚、東壁に一枚、西壁に2枚、天井に3枚の凝灰岩の切石で構築し、床石は7枚の板石を敷いている。羨道は長さ1.3メートル、幅1.2メートルで天井石が一枚載り、幅約1メートルの墓道が羨道部から墳丘外側に向かって造られている。床面には凝灰岩片が敷き詰められている。
石室内の発掘調査に先立って科学調査(温度や湿度、微生物など)を日本で初めて実施した学史的意義のある古墳でもあり、観覧室はこの調査に基づいて設計されている。
築造年代は7世紀前半と推定されているが、埋葬施設や副葬品を参考にした年代の割り出しも必要と言われている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「虎塚古墳」 に関連する記録(最新10件)

関東
  185    8 
2015年11月01日(日帰り)
ページの先頭へ