ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 茶臼山

茶臼山(ちゃうすやま)

最終更新者 KENPEI
基本情報
標高 26m
場所 北緯34度39分06秒, 東経135度30分41秒
茶臼山古墳の頂上である。
山頂

茶臼山の日の出・日の入り時刻

07/25(火) 07/26(水) 07/27(木) 07/28(金) 07/29(土) 07/30(日) 07/31(月)
日の出 5時2分 5時3分 5時4分 5時4分 5時5分 5時6分 5時7分
日の入り 19時7分 19時7分 19時6分 19時5分 19時4分 19時3分 19時3分

茶臼山 (標高26m)付近の気温

7月の気温(推定値)
最高気温
31.5
平均気温
27.1
最低気温
23.9
Loading...

周辺の平年の気象状況

7月の気象
日照時間 5.8 時間/日
降水量 4.9 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

茶臼山古墳(ちゃうすやまこふん)は、大阪市天王寺区茶臼山町にある前方後円墳。大阪府指定史跡に指定されている。
古墳の周囲一帯は天王寺公園となっており、この古墳も公園の一部として遊歩道が整備されている。公園本体との間には河底池(かわぞこいけ・こそこいけ、通称ちゃぶいけとも言う)があるが、これは788年(延暦7年)に和気清麻呂が、大和川や河内湖の排水と水運のために上町台地をここで開削しようとして失敗した跡地とも言われる。
同地を古墳とするかは説が分かれる。古来荒陵、または荒陵山と呼ばれてきた同地は古墳と伝承され、ここから発掘されたとされる石棺蓋が四天王寺に伝わっている。古地図の形状からも追認され、そのため従来前方後円墳といわれてきた。
しかし1986年(昭和61年)の発掘調査の結果では埴輪や葺石などが確認されなかったことから、「古墳ではない」とする説も現れた。
一方、四天王寺境内の発掘調査で埴輪などが出土しており、茶臼山古墳を含めさらなる周囲の発掘の進展が望まれている状況にある。
2009年(平成21年)の発掘調査で水銀朱を塗られた石室らしきものが発掘されたことが発表されている。
園内の清掃業務は、「株式会社 NICO JAPAN」(ニコジャパン)が担当している。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「茶臼山」 に関連する記録(最新10件)

近畿
  42    5 
jitabata60, その他6人
2017年07月01日(日帰り)
近畿
  35    11  2 
2017年01月08日(日帰り)
近畿
  40    9 
yamatabito, その他2人
2016年12月15日(日帰り)
近畿
  78     36  2 
2016年11月26日(日帰り)
近畿
  57    31 
2016年11月18日(日帰り)
近畿
  11    8 
2016年11月03日(日帰り)
近畿
  21    7 
saeco88shira, その他3人
2016年11月03日(日帰り)
近畿
  
2016年10月29日(日帰り)
近畿
  50    34  4 
2016年10月26日(日帰り)
ページの先頭へ