また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

塩尻峠(しおじりとうげ)

最終更新:nomoshin
同じ地点で塩尻峠方向、今回はここまででこの方向へ下る。
出早神社から登ってきて東山の山頂した、塩尻峠からの林道と合流したところ。まわりはガスガス
さらにおまけで塩尻峠もドライブ。諏訪湖を前景に八ヶ岳連峰を一望。
国道20号線の塩尻峠です。
塩尻峠からの諏訪湖
基本情報
標高 1012m
場所 北緯36度05分11秒, 東経138度01分48秒
塩尻峠(しおじりとうげ)は、長野県塩尻市と岡谷市の境にあり、諏訪盆地と松本盆地を隔てている。地勢的には、大分水界上にある。かつて中山道が通り、現在は国道20号線が通る。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

塩尻峠(しおじりとうげ)は、長野県塩尻市と岡谷市の境にある、諏訪盆地と松本盆地を隔てる峠。かつて中山道が通り、現在は別ルートであるが国道20号も通る。
地形は岡谷側が急で、岡谷市街地約800mから最高点1,012m(国道20号上)まで一気に駆け上がる。塩尻側は比較的緩やかである。国道20号には、岡谷側、塩尻側ともに登坂車線が設置されている。
地元では塩嶺峠(えんれいとうげ)とも呼ばれている。同じ場所に塩嶺山(火山)があったといわれ、それがいわれとも考えられる。塩嶺の名称は、塩尻峠直下の「塩嶺トンネル」(中央本線・長野自動車道)にも見受けられる。
中央分水嶺の峠の一つで、岡谷側に降った雨は天竜川(太平洋)へ流れ、塩尻側に降った雨は、犀川(信濃川(千曲川)へ合流、日本海)へ流れる。
かつては松本電鉄や、JRバスの路線が走っていたが、後に廃止となり、現在塩尻峠を越える路線バスはない。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「塩尻峠」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  63    1 
2018年04月20日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  30     16 
2018年04月12日(日帰り)
未入力
  
2018年03月11日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  15   
2018年02月24日(日帰り)
未入力
  
2017年10月21日(日帰り)
未入力
  
2017年08月26日(日帰り)
未入力
  
2017年07月30日(2日間)
未入力
  
2017年07月28日(日帰り)
ページの先頭へ