ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 吉田口二合

吉田口二合(よしだぐちにごう)

最終更新者 yoneyama
基本情報
標高 1700m
場所 北緯35度24分00秒, 東経138度45分19秒
富士御室浅間神社は、文武天皇3年(699年)創建と言われる富士山中で最古の神社。
倒壊目前の現在の本殿は、慶長17年(1612年)に徳川家の家臣の鳥居成次によって建てられた。その後4回の大改修を経て、昭和48年(1973年)に富士山二合目から里宮(山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3951番)に移築された。

吉田口二合の日の出・日の入り時刻

05/23(火) 05/24(水) 05/25(木) 05/26(金) 05/27(土) 05/28(日) 05/29(月)
日の出 4時28分 4時27分 4時27分 4時26分 4時26分 4時25分 4時25分
日の入り 18時57分 18時58分 18時58分 18時59分 19時0分 19時1分 19時1分

吉田口二合 (標高1700m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
13.3
平均気温
8.5
最低気温
4.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 6.7 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

吉田口二合目
吉田口二合目 ここは御室浅間神社だそうです。 今にも崩れそうな廃屋です。
吉田口二合目、御室浅間神社 地図を見ていると、富士吉田市の中でここだけが富士河口湖町の飛地になっていて面白いです
吉田口から登った何組かの外国人が、間違って須走口に降りてきていました。このルートはわかりにくいんですね。本六合目で話したドイツ人とフランス人の二人に、「私たちはこれから吉田口に行きます」というと、「ついていきたい」といいます。もう一人の青森の男性も加わって、ここからは5人のパーティーになりました(笑)。集団なので、安全を期して、さらに下がって、新六合目から、吉田方面へのトラバースルートを進みます。ここは、昭文社地図の溶岩流表示のところ。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

冨士御室浅間神社(ふじおむろせんげんじんじゃ)は、山梨県南都留郡富士河口湖町にある神社。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。全国にある浅間神社の一社。旧称小室浅間明神
「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されている。
境内は本宮里宮からなる。本宮である山宮は富士山吉田口登山道の二合目に鎮座する。この山宮の境内は富士吉田市の中にある富士河口湖町勝山の飛び地である。富士山山中に最初に勧請された神社とされている。里宮は河口湖畔の勝山に鎮座する。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「吉田口二合」 に関連する記録(最新10件)

富士・御坂
  33    12 
2017年05月21日(日帰り)
富士・御坂
  19    3 
2017年05月14日(日帰り)
富士・御坂
  12    38  2 
2017年05月14日(日帰り)
富士・御坂
  9    10  5 
2017年05月14日(日帰り)
富士・御坂
  5   3 
2017年05月10日(日帰り)
富士・御坂
  36    52 
2017年05月05日(日帰り)
富士・御坂
  15    3  1 
hiro1203, その他1人
2017年05月04日(日帰り)
富士・御坂
  45     6 
cornheadwish, その他1人
2017年05月03日(日帰り)
富士・御坂
  51     120  5 
2017年05月03日(日帰り)
富士・御坂
  17    29  4 
2017年04月30日(日帰り)
ページの先頭へ