ヤマレコ

記録ID: 1003754 全員に公開 ハイキング富士・御坂

甲府盆地から見える三角形の山・釈迦ヶ岳へ 檜峰神社〜神座山〜釈迦ヶ岳

日程 2016年11月10日(木) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東京都日野市→八王子IC→中央道→一宮御坂IC→国道137号線(御坂みち)→神座山林道→檜峰神社駐車場

※一宮御坂ICからは、目の前を横切る国道137号線(御坂みち)に左折して入ります。ICに近い上町屋交差点にコンビニが1軒ありますが、長い上り坂に差し掛かると商店はありません。
 リニア中央新幹線の高架を潜り、暫く走行すると左手に「檜峰神社→」の大きな看板が見えてきます。この看板は御宿農園の手前に設置されていますが、矢印の指す向かいの上り坂に入ってはいけません。御宿農園を過ぎてすぐ「トレッキングコース→」の看板がありますので、その看板に従って右折しましょう。

※神座山林道(笛吹市)
 http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/shisei/info.php?id=279
 国道137号線から離れ、桃園の中を走行すると、その先の三叉路に檜峰神社の方向を示す指導標識が設置されています。幅狭の道路に入ると間もなく「大栃山登山口」と書かれたゲートに出会います。ここは車を降りてゲートを開け、中に入ります。
 後は神社まで道なり。全線舗装されているのですが、路面には不陸があり、車が時々ガタガタと揺れて快適とはいえません。神社駐車場の手前には2か所駐車用のスペースが設けられていました。
 なお、ゲートには「平成28年11月12日から1週間ほど通行できなくなる」との看板が出されていました。ご注意を。

※檜峰神社からの3つの登山道
 檜峰神社からは、3つの登山道が延びています。
 第1登山道は神社の拝殿前を通過し、トビス峠へ向かいます。第2登山道はトイレ棟のある駐車場脇から「←釈迦ヶ岳」の標識に従って樹林帯に入り、神座山と釈迦ヶ岳の中間地点に向かいます。第3登山道は林道を10分ほど歩いて戻り、林道が分岐している箇所で右折します。その先、100mほどに登山口を示す標識がありますので、そこから林道と別れ、釈迦ヶ岳と1529.1ピークとの中間のコルに向かいます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

檜峰神社8:40→第2登山道合流点9:20→神座山山頂9:40→第2登山道合流点9:55→第3登山道合流点10:20→10:35釈迦ヶ岳山頂10:50→第3登山道合流点11:05→涸れ沢渡渉箇所11:20→檜峰2号橋11:40→檜峰神社11:45 
【歩行時間:2時間50分】
コース状況/
危険箇所等
今回のルートは、檜峰神社を拠点に神座山と釈迦ヶ岳を歩きました。登りは第2登山道、下りは第3登山道を使っています。
「山と高原地図」では「31 富士山・御坂・愛鷹」編に記載があります。

【檜峰神社→神座山】
 第2登山道は、トイレ棟のある駐車場脇から「←釈迦ヶ岳」の標識に従って入ります。初めは針葉樹林帯の中の石ゴロの道を緩やかに登ります。道はうっすらと踏み跡がついている程度ですが、ピンクテープが豊富で迷うことはないです。
 支尾根に取り付く箇所(地図では登山道が東に曲がる箇所)から稜線までは、ひたすらの急登です。道には落ち葉が堆積しており、急坂だと滑りますのでちょっと歩きにくいです。
 稜線に辿りつくと、樹木越しに富士山が見えるようになります。ここから神座山へは右、釈迦ヶ岳へは左に進みます。まずは神座山を目指して尾根を歩きますが、落ち葉が堆積して道は見えません。尾根筋を外さないように歩きます。
 神座山までは、小ピークをいくつか越えてアップダウンを繰り返していきます。それほど大きな標高差はありません。
 神座山山頂はちょっとした広場になっています。休憩には丁度良いでしょう。周囲は樹木で囲まれていますが、唯一、釈迦ヶ岳方面は眺望が良く、三角形の山容がよく見えます。ここは鳥坂峠、トビス峠への分岐になっています(標識あり)。

【神座山→釈迦ヶ岳】
 今来た道を戻り、第2登山道の合流点を過ぎて、更に稜線をアップダウンしていきます。足元は落ち葉が堆積した土道で、岩が所々で露出しています。
 一旦大きく下り、登り返すとそこは1521.9ピーク。ここも神座山山頂同様に広場になっています。ここで道は左にカーブし、いよいよ釈迦ヶ岳が正面に大きく見えるようになります。屏風岩もよく見えてきます。
 鞍部まで下ると、そこは三叉路(標識あり)になっており、上芦川方面への下山道があります。そこから数十m先に再び三叉路(標識あり)があり、ここが第3登山道との合流点になっています。
 合流点からは、いよいよ釈迦ヶ岳山頂への登り。勾配が増し、露岩帯などを通過します。ロープ場は2か所ありますので、特に下りは注意したいです。この山頂直下の急登では、景色が一段と良くなり、御坂山地越しの富士山、南アルプス、八ヶ岳、甲府盆地も見えてきます。途中には何か所かビュースポットがあります。
 山頂からは360度の大絶景が楽しめます。新たに奥秩父の山々、御坂黒岳や三つ峠なども視界に入り、暫くの間は景色に見とれてしまいます。ここは岩ゴロの広場で休憩に丁度良いでしょう。

【釈迦ヶ岳→檜峰神社】
 山頂からの下りは勾配のある岩場ですので、慎重に歩きたいです。途中、正面の斜面を直進したくなる箇所がありますが、御坂山地方面(上芦川方面)に下らないよう注意しましょう。尾根を外さないように歩きます。
 第3登山道の合流点から、「檜峰神社近道→」の標識に従って下っていきます。標識には「急坂だ」とも書かれているように、第2登山道よりも勾配がキツイ箇所があるかなとは感じました。
 道は落ち葉で埋もれて見えません。その代り、ロープが木の間に渡されていますし、ピンクテープや標識が豊富ですので、迷うことは無さそうです。
 沢沿いは岩ゴロでちょっと歩きにくいです。その先の針葉樹林帯に入ると土道になり、やがて舗装林道に出ます。神座山林道に合流すると、神社までは10分ほどで到着です。

【全体的に】
 平日だったからか、どなたともお会いしませんでした。ちょっと心細かったです。
 釈迦ヶ岳へは、上芦川(すずらんの里方面)から南斜面を登ることもできますし、東側の日向坂峠(どんべい峠)からだと標高差が少なく、比較的楽に登ることができます。そのためでしょうか、あまり踏まれていないように感じました。
 今回ルートの大半は、道に落ち葉が堆積して不明瞭でしたが、ピンクテープや標識は豊富ですので、迷ったら周囲を見回せば大丈夫でしょう。
 水場は地図に記載があるものの、気が付きませんでした。トイレは神社にあります。小屋は無く、神社にも人の気配を感じません。
 私のau携帯は、神座山林道を含め谷筋では電波が入りませんでしたが、標高が上がると良好でした。
その他周辺情報国道137号線で、新御坂トンネルを抜け、河口湖畔に向かうと温泉や飲食店が豊富です。

※野天風呂「天水」
 河口湖畔は御坂黒岳の麓にある温泉。大人1000円、営業は10〜22時で無休。
 http://spa.sound-f.com/fujihokuroku/tensui.html

※小作 河口湖店
 甲州ほうとうの店です。
 http://www.kosaku.co.jp/tenpo-kawagutikoten.html

※農の駅・JA北富士河口湖物産館
 季節の野菜・山菜の直売。観光みやげ品の販売をしています。
 http://www.fujisan.ne.jp/search/info.php?ca_id=2&if_id=210
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

ただいま、初狩PAで休憩中。冠雪した富士山が見えています。釈迦ヶ岳からはもっと大きく見えるかな?
2016年11月10日 07:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただいま、初狩PAで休憩中。冠雪した富士山が見えています。釈迦ヶ岳からはもっと大きく見えるかな?
2
一宮御坂ICをおりて、国道137号線を御坂・河口湖方面に向かいます。
2016年11月10日 08:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一宮御坂ICをおりて、国道137号線を御坂・河口湖方面に向かいます。
1
白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)がチラ見え。こちらも冠雪しています。
2016年11月10日 08:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)がチラ見え。こちらも冠雪しています。
1
奥に釈迦ヶ岳が見えてきました。
2016年11月10日 08:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に釈迦ヶ岳が見えてきました。
2
リニア中央新幹線の高架を潜ります。
2016年11月10日 08:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リニア中央新幹線の高架を潜ります。
4
そろそろ、御宿農園が見えてきました。
2016年11月10日 08:16撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ、御宿農園が見えてきました。
御宿農園の手前にある「檜峰神社→」の大きな看板です。
2016年11月10日 08:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御宿農園の手前にある「檜峰神社→」の大きな看板です。
看板の指し示す道はこちら。でも、ここには入りません。
2016年11月10日 08:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の指し示す道はこちら。でも、ここには入りません。
1
御宿農園さんを通過すると、こちらにも右に入っていける道が見えてきます。
2016年11月10日 08:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御宿農園さんを通過すると、こちらにも右に入っていける道が見えてきます。
ここにも看板があります。
2016年11月10日 08:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも看板があります。
「トレッキングコース→」とあります。ここを入りましょう。
2016年11月10日 08:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「トレッキングコース→」とあります。ここを入りましょう。
2
入ってすぐ、道が分かれていますので、ここは右に上っていきます。
2016年11月10日 08:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入ってすぐ、道が分かれていますので、ここは右に上っていきます。
桃園の中を通過します。
2016年11月10日 08:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃園の中を通過します。
三叉路です。
2016年11月10日 08:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉路です。
1
ここには、檜峰神社を示す指導標識が設置されています。
2016年11月10日 08:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここには、檜峰神社を示す指導標識が設置されています。
その先で道が再び分岐しています。
2016年11月10日 08:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先で道が再び分岐しています。
この標識に従って、右手の幅狭の道を進みましょう。
2016年11月10日 08:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識に従って、右手の幅狭の道を進みましょう。
1
道の様子はこんな感じ。
2016年11月10日 08:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の様子はこんな感じ。
1
間もなく、ゲートが現れます。
2016年11月10日 08:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく、ゲートが現れます。
1
平成28年11月12日(土)から1週間ほど通行止めになるようです。
2016年11月10日 08:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平成28年11月12日(土)から1週間ほど通行止めになるようです。
2
この閂(かんぬき)を外して、門を開けます。
2016年11月10日 08:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この閂(かんぬき)を外して、門を開けます。
1
じゃじゃ〜〜ん。(当然ですが)開きました。
2016年11月10日 08:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
じゃじゃ〜〜ん。(当然ですが)開きました。
3
門が勝手に閉じないよう、高度な仕掛けが施されております。
2016年11月10日 08:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門が勝手に閉じないよう、高度な仕掛けが施されております。
2
神座山林道を走行中。
2016年11月10日 08:29撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神座山林道を走行中。
1
更に奥へと進みます。
2016年11月10日 08:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に奥へと進みます。
小石、小枝、落ち葉が沢山落ちています。路面は舗装されていますが不陸があり、凸凹しています。
2016年11月10日 08:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小石、小枝、落ち葉が沢山落ちています。路面は舗装されていますが不陸があり、凸凹しています。
ゲートから、ゆっくり走行して10分余。建物が見えてきました。
2016年11月10日 08:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから、ゆっくり走行して10分余。建物が見えてきました。
トイレ棟のある駐車場に到着。
2016年11月10日 08:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ棟のある駐車場に到着。
1
林道沿いには「釈迦ヶ岳登山道」の標識が設置されています。
2016年11月10日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道沿いには「釈迦ヶ岳登山道」の標識が設置されています。
1
ここから樹林帯に入るようです。ここは第2登山道の登山口です。
2016年11月10日 08:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから樹林帯に入るようです。ここは第2登山道の登山口です。
では、参りましょう。
2016年11月10日 08:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、参りましょう。
道の様子。踏み跡は薄いです。
2016年11月10日 08:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の様子。踏み跡は薄いです。
道に迷うたびに周囲を見渡すと、ピンクテープが見つかります。
2016年11月10日 08:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道に迷うたびに周囲を見渡すと、ピンクテープが見つかります。
1
支尾根に入りました。急登です。
2016年11月10日 09:02撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根に入りました。急登です。
1
落ち葉が堆積した道。稜線も少し上に見えています。
2016年11月10日 09:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が堆積した道。稜線も少し上に見えています。
1
樹林越しに釈迦ヶ岳の三角形が見えています。
2016年11月10日 09:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林越しに釈迦ヶ岳の三角形が見えています。
8
そろそろ紅葉も終わり、初冬の気配が漂っています。
2016年11月10日 09:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ紅葉も終わり、初冬の気配が漂っています。
2
あともう少しで稜線です。
2016年11月10日 09:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともう少しで稜線です。
2
ようやく稜線に入りました。
2016年11月10日 09:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に入りました。
2
富士山が見えています。
2016年11月10日 09:29撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えています。
5
まずは、神座山を目指しましょう。
2016年11月10日 09:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、神座山を目指しましょう。
2
ここも道は全くの不明瞭です。
2016年11月10日 09:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも道は全くの不明瞭です。
2
次のピークに向けて下ります。
2016年11月10日 09:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピークに向けて下ります。
2
曇り空で気温も低く、少々寒いです。
2016年11月10日 09:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇り空で気温も低く、少々寒いです。
2
小ピークへの登り。標高差は大きくありません。
2016年11月10日 09:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークへの登り。標高差は大きくありません。
1
足元には岩が露出している箇所もあります。
2016年11月10日 09:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には岩が露出している箇所もあります。
1
神座山直下の登り。
2016年11月10日 09:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神座山直下の登り。
1
標識が見えてきました。
2016年11月10日 09:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が見えてきました。
1
神座山山頂に到着です。
2016年11月10日 09:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神座山山頂に到着です。
1
振り返ると、釈迦ヶ岳の三角形がよく見えます。
2016年11月10日 09:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、釈迦ヶ岳の三角形がよく見えます。
1
ここから釈迦ヶ岳へは90分。では、今来た道を戻りましょう。
2016年11月10日 09:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから釈迦ヶ岳へは90分。では、今来た道を戻りましょう。
1
まずは下っていきます。
2016年11月10日 09:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは下っていきます。
近づいてくる釈迦ヶ岳。
2016年11月10日 10:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてくる釈迦ヶ岳。
第2登山道との合流点まで戻りました。
2016年11月10日 10:02撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2登山道との合流点まで戻りました。
1
更に先へ。
2016年11月10日 10:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に先へ。
次の1521.9ピークへ向けて、比較的大きく下ります。
2016年11月10日 10:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の1521.9ピークへ向けて、比較的大きく下ります。
足元には「トレッキングコース」の標識。
2016年11月10日 10:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には「トレッキングコース」の標識。
樹木越しに時折見える富士山や白峰三山の姿を楽しみながらのトレッキング。
2016年11月10日 10:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木越しに時折見える富士山や白峰三山の姿を楽しみながらのトレッキング。
8
1521.9ピークの様子です。
2016年11月10日 10:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1521.9ピークの様子です。
1
釈迦ヶ岳山頂直下の屏風岩が近くに見えてきました。
2016年11月10日 10:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂直下の屏風岩が近くに見えてきました。
ピークから下ると鞍部に標識があります。
2016年11月10日 10:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークから下ると鞍部に標識があります。
1
ここからは上芦川に下ることができます。
2016年11月10日 10:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは上芦川に下ることができます。
1
そこから数十m先には、第三登山道との合流点があります。
2016年11月10日 10:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから数十m先には、第三登山道との合流点があります。
釈迦ヶ岳への登りに取り掛かります。
2016年11月10日 10:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳への登りに取り掛かります。
1
屏風岩に続く岩場は右手に巻いていきます。
2016年11月10日 10:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩に続く岩場は右手に巻いていきます。
2
足元に注意。
2016年11月10日 10:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元に注意。
2
1か所目のロープ場です。
2016年11月10日 10:29撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1か所目のロープ場です。
2
その先のビュースポット。
2016年11月10日 10:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先のビュースポット。
2
御坂山地越しの富士山。
2016年11月10日 10:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂山地越しの富士山。
5
南アルプスの山々。
2016年11月10日 10:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々。
8
八ヶ岳。
2016年11月10日 10:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳。
11
左は先ほど登った神座山、右は大栃山。
2016年11月10日 10:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は先ほど登った神座山、右は大栃山。
4
登山道の様子です。
2016年11月10日 10:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の様子です。
1
富士山に見とれて滑落しないよう注意。
2016年11月10日 10:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山に見とれて滑落しないよう注意。
3
2か所目のロープ場。
2016年11月10日 10:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2か所目のロープ場。
3
甲府盆地がよく見えています。
2016年11月10日 10:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府盆地がよく見えています。
5
山頂まであと少し。
2016年11月10日 10:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
2
この辺りは霜が降りています。
2016年11月10日 10:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは霜が降りています。
2
いよいよ標識が見えてきました。
2016年11月10日 10:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ標識が見えてきました。
3
山頂の広場です。
2016年11月10日 10:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の広場です。
3
山頂標識その1。
2016年11月10日 10:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識その1。
9
その2。
2016年11月10日 10:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その2。
7
凛々しい富士山。1894年に観測を始めてから、今年は1956年と並ぶ最も遅い冠雪だったそう。
2016年11月10日 10:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凛々しい富士山。1894年に観測を始めてから、今年は1956年と並ぶ最も遅い冠雪だったそう。
16
足元には方位版。
2016年11月10日 10:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には方位版。
4
こんにちは。
2016年11月10日 10:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんにちは。
8
山頂から見る南アルプスと八ヶ岳。
2016年11月10日 10:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見る南アルプスと八ヶ岳。
5
御坂黒岳と三つ峠。
2016年11月10日 10:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂黒岳と三つ峠。
6
奥秩父の山々。
2016年11月10日 10:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父の山々。
5
私は左へと戻りますが、日向坂峠(どんべい峠)へは右へ向かいます。
2016年11月10日 10:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私は左へと戻りますが、日向坂峠(どんべい峠)へは右へ向かいます。
3
では、戻りましょう。
2016年11月10日 10:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、戻りましょう。
3
リニア線が遥か下に見えます。こうして見ると結構登ったんですね。標高は1641mあります。
2016年11月10日 10:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リニア線が遥か下に見えます。こうして見ると結構登ったんですね。標高は1641mあります。
5
第3登山道の合流点まで戻りました。
2016年11月10日 11:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3登山道の合流点まで戻りました。
2
急坂だそうです。
2016年11月10日 10:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂だそうです。
1
下ってみると、道は不明瞭ながらピンクテープが沢山つけられています。
2016年11月10日 11:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってみると、道は不明瞭ながらピンクテープが沢山つけられています。
1
落ち葉で埋もれてますなぁ。
2016年11月10日 11:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉で埋もれてますなぁ。
2
ミニ看板も多数取り付けられています。
2016年11月10日 11:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニ看板も多数取り付けられています。
2
木の間にはロープが渡されています。
2016年11月10日 11:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間にはロープが渡されています。
2
少々分かりにくくはございますが…
2016年11月10日 11:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少々分かりにくくはございますが…
2
次々に現れるロープちゃん。
2016年11月10日 11:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々に現れるロープちゃん。
3
急斜面だと、少々滑りやすくなります。要注意。
2016年11月10日 11:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面だと、少々滑りやすくなります。要注意。
3
この辺りが涸れ沢の渡渉箇所です。
2016年11月10日 11:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが涸れ沢の渡渉箇所です。
1
岩が頭を出しています。足元に注意。
2016年11月10日 11:27撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が頭を出しています。足元に注意。
沢沿いは岩がゴロゴロしています。
2016年11月10日 11:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いは岩がゴロゴロしています。
3
方向は合っているようですね。
2016年11月10日 11:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方向は合っているようですね。
1
だいぶ下って、針葉樹林帯に入りました。
2016年11月10日 11:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下って、針葉樹林帯に入りました。
足元は土道になり歩きやすくなります。
2016年11月10日 11:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は土道になり歩きやすくなります。
舗装道路と出会いました。
2016年11月10日 11:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道路と出会いました。
1
振り返って。右手から下ってきました。
2016年11月10日 11:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。右手から下ってきました。
2
ここには登山口のお手製標識があります。ありがたや。
2016年11月10日 11:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここには登山口のお手製標識があります。ありがたや。
では、ここを下りましょう。
2016年11月10日 11:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、ここを下りましょう。
神座山林道の本線と合流します。ここには駐車スペースもあるようです。
2016年11月10日 11:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神座山林道の本線と合流します。ここには駐車スペースもあるようです。
2
では、林道を歩いて神社に戻ります。
2016年11月10日 11:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、林道を歩いて神社に戻ります。
1
林道の様子。
2016年11月10日 11:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の様子。
1
これが檜峰2号橋かな?
2016年11月10日 11:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが檜峰2号橋かな?
1
橋を渡ると、バス停への下り道がありました。
2016年11月10日 11:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると、バス停への下り道がありました。
ちょっと寄り道して、神社の拝殿前を通過しています。
2016年11月10日 11:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと寄り道して、神社の拝殿前を通過しています。
2
奥が拝殿。
2016年11月10日 11:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥が拝殿。
5
その先に第1登山道の登山口があります。ここからはトビス峠に向かうことができます。
2016年11月10日 11:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先に第1登山道の登山口があります。ここからはトビス峠に向かうことができます。
2
その標識。
2016年11月10日 11:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その標識。
さて、無事に駐車場に戻ってきました。これから河口湖方面に向かって、温泉にでも入ります。それにしても、今日はどなたともお会いしませんでした。
2016年11月10日 11:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、無事に駐車場に戻ってきました。これから河口湖方面に向かって、温泉にでも入ります。それにしても、今日はどなたともお会いしませんでした。
9
撮影機材:

感想/記録

休日出勤の振り替えで、本日はお休みをいただきました。
昨日は木枯らし第1号が吹き荒れて、すっかり気温が下がってしまいましたが、関東周辺は曇天とはいえ降雨確率は低い。これは山に行くしかありますまい。

そこで向かったのが、自宅からは車でのアクセスが良い御坂(みさか)。目指すは△三角形の頭をひょっこり出す姿が甲府市内からも望める釈迦ヶ岳。この山は御坂山地の北隣にあり、富士山の眺めも良いのです。

しかし、今日は平日だからか山に人が入っておらず、晴れ間が無くて気温も低かったので、山全体が寂しい雰囲気。静かなトレッキングを楽しめるといえば、確かにそうなのですが、小心者の私は心細くもありました。

いやそれにしても、釈迦ヶ岳山頂からの景色は素晴らしいの一言。360度の絶景を楽しむことができ、大満足です。
麓の檜峰神社にしても、日向坂峠(どんべい峠)にしても、林道入口が分かりにくく、場所もアルプスや奥秩父などと比べて地味なことから、ハイカーも少なめなのでしょうが、もっと登る人が増えてもいいのに…と思わずにいられません。登山後の河口湖畔も楽しいですし。

さて、明日はまた仕事に行ってきま〜す。
訪問者数:733人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/28
投稿数: 2685
2016/11/10 20:57
 寒かったでしょう??
こんばんわ
今日行って来たんですね!
街の中もかなり寒かったので、 はさぞ寒かったのでは?

やはり平日となると人が少ない、イヤ・・いないんですね
秋枯れで人に会わないとなると、ちょっと寂しでしょうか。

富士山、八ヶ岳、南アルプス・・、
眺望も良く満足な 歩きが出来たようでなによりです。

今回はsatotakeさんにしては距離が短かったようで、
体力持て余しているかと思いますので、
また近々ガッツリ レコが上がって来そうですね。note
ではでは。。
登録日: 2012/8/27
投稿数: 223
2016/11/11 14:34
 Re: 寒かったでしょう??
pikachanさん、コメントありがとうございます。
そして、屋久島レコはとても面白かったですし、参考になりました。ありがとう。
( v^-゚)Thanks♪

その屋久島レコ。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1001268.html
写真とφ( ̄ー ̄ )文字が多いからこそ、気持ちが伝わってくるような気がしています。shinevirgoshinepikachanの強い意志が生んだ、 素敵な旅だったということでしょう。hornbooさんがいらしたのがまた、強運を引き寄せたのではないでしょうか。

私は近場の山を歩いてきました。レコはなるべく、これから初めて訪れる方の参考になるようにしたいといつも思っています。その思いは、pikachanさんに刺激を受けてのことでもあるんですよ。
縄文杉の朝焼け、弥勒菩薩はいつも善行を積まれる方を見ておりまする… present

私も見てみたいです、屋久島の素晴らしい景色を。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 615
2016/11/11 19:15
 遅コメですが、obanyan参上( ̄▽ ̄) ゴメンニャン
菩薩様 独りじゃなくてよ

次元を超えて妖怪obanyanは菩薩様に同行してますズラ。
人間界の借宿オババが野暮用でチョイとお忙しく失礼しましたずら。
釈迦岳未踏ですが、渋い良い山 💗いつか行きたい山登録決定!
ふーε-(´∀`; )行きたい山ばかり増えて 。

寒さが増してきました、風邪ひかない様あたたかくしてお仕事頑張って下さいませ。 ヾ(๑╹◡╹)ノ"ふぁいと
登録日: 2012/8/27
投稿数: 223
2016/11/12 5:03
 Re: 遅コメですが、obanyan参上( ̄▽ ̄) ゴメンニャン
川・o・川 obanyanさん、おはよ〜。

いつも同行ありがとうございます。
いや、当日は「この山域に自分ひとりだけしかいない」と思うと、coldsweats01心細くて。亡霊とか宇宙人とか、いろんなことを考えてしまいまする。実際に出会ったのは、神座山ピークでの鹿一頭だけでした。

でも、obanyanさんが憑依してくれていると思いながら歩きましたよ。
時々、木々の合間から見える 富士山が綺麗でしたねぇ。寒い時期は一段と凛々しく見えて、とても良い感じ。
山頂からの眺望は申し分なく、「来て良かった」と思いました。またご一緒いたしましょう。ヾ(*'-'*)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ