ヤマレコ

記録ID: 1029679 全員に公開 ハイキング京都・北摂

京都北山《半国高山・桟敷ケ岳》

日程 2016年12月20日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・アクセス-JR茨木駅-(名神高速道路)-大山崎IC-京都南IC-(R162)-小野郷(岩戸落葉神社)時間1.5H
・駐車場-(半国高山):岩戸落葉神社・登山口周辺
    -(桟敷ケ岳):大森キャンプ場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間43分
休憩
27分
合計
7時間10分
Sスタート地点08:5010:20半国高山10:3011:30供御飯峠11:3114:20桟敷ヶ岳14:3014:50岩茸山14:5615:30薬師峠16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:50小野郷登山口-10:00岩谷峠-10:20半国高山10:30-11:30供御飯峠-11:50小野郷口-12:00岩戸落葉神社
12:45大森キャンプ場-13:00霧谷竜王不動尊-14:20桟敷ケ岳14:30-14:50岩茸山-15:30薬師峠-16:00大森キャンプ場
コース状況/
危険箇所等
・道の状況
(半国高山)-山頂から少し下った尾根道が間違いやすい。沢は少し荒れていますが、その他は問題なし。
(桟敷ケ岳)-沢の取付から山頂までの尾根道は踏み跡もないので読図をしながら登ること。
過去天気図(気象庁) 2016年12月の天気図 [pdf]

写真

登山口にある「岩戸落葉神社」の鳥居
2016年12月20日 12:02撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にある「岩戸落葉神社」の鳥居
「半国高山」小野郷登山口。
2016年12月20日 08:53撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「半国高山」小野郷登山口。
暫らく岩谷林道を進みます。
2016年12月20日 08:54撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫らく岩谷林道を進みます。
1
北山杉の植林帯が続きます。
2016年12月20日 09:04撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北山杉の植林帯が続きます。
林道から沢道へ。倒木の杉を避けながら荒れた沢道を進みます。
2016年12月20日 09:27撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から沢道へ。倒木の杉を避けながら荒れた沢道を進みます。
沢を巻くように急坂の山道を行く。
2016年12月20日 09:40撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を巻くように急坂の山道を行く。
3
急坂が終わると落ち葉を敷き詰めたような道を軽快に歩く。
2016年12月20日 09:45撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が終わると落ち葉を敷き詰めたような道を軽快に歩く。
「岩谷峠」に到着。
「小野郷」と「真弓」集落を繋ぐ峠道。尾根を北に進むと「緑坂峠」、南に進めば「半国高山」です
2016年12月21日 09:44撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「岩谷峠」に到着。
「小野郷」と「真弓」集落を繋ぐ峠道。尾根を北に進むと「緑坂峠」、南に進めば「半国高山」です
半国高山に到着。標高670m。
2016年12月20日 10:19撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半国高山に到着。標高670m。
2
三等三角点の標石。
2016年12月20日 10:19撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点の標石。
4
樹木に覆われた狭い山頂。
2016年12月20日 10:33撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木に覆われた狭い山頂。
3
途中の尾根から唯一の展望台。
愛宕山、地蔵岳が見える。
2016年12月20日 11:16撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の尾根から唯一の展望台。
愛宕山、地蔵岳が見える。
「供御飯峠」のお地蔵さん。
2016年12月20日 11:31撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「供御飯峠」のお地蔵さん。
2
「供御飯峠」を右に「小野郷口」に下る。
2016年12月20日 11:33撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「供御飯峠」を右に「小野郷口」に下る。
3
ガスに包まれた周辺の山。
2016年12月20日 11:47撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに包まれた周辺の山。
1
「小野郷口」登山口バス停に着きました。
2016年12月20日 11:50撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「小野郷口」登山口バス停に着きました。
小雨のR162を歩く。
2016年12月20日 12:01撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨のR162を歩く。
1
再び「岩戸落葉神社」に戻る。
ここから「大森キャンプ場」に移動します。
2016年12月20日 12:01撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び「岩戸落葉神社」に戻る。
ここから「大森キャンプ場」に移動します。
「大森キャンプ場」に到着。
駐車して中のレストランで昼食後、「桟敷ケ岳」に向かう。
2016年12月20日 15:55撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大森キャンプ場」に到着。
駐車して中のレストランで昼食後、「桟敷ケ岳」に向かう。
3
霧谷竜王不動尊分岐を右に、長谷林道を行く。
林道途中から見える大森。
2016年12月20日 13:12撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧谷竜王不動尊分岐を右に、長谷林道を行く。
林道途中から見える大森。
1
林道終点、ここから沢に入ります。
2016年12月20日 13:37撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点、ここから沢に入ります。
1
苔に覆われた沢の入り口。
2016年12月20日 13:42撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔に覆われた沢の入り口。
2
踏み跡のない沢を登る。
2016年12月21日 09:57撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡のない沢を登る。
4
遠方に滝が見えてきました。
滑り易い急坂を滝を右に巻きながら登る。
2016年12月20日 13:48撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠方に滝が見えてきました。
滑り易い急坂を滝を右に巻きながら登る。
1
5m程の小さな滝です。
滝の上部に、そして右の急坂の道なき尾根を進む。
2016年12月21日 09:59撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5m程の小さな滝です。
滝の上部に、そして右の急坂の道なき尾根を進む。
3
残雪の広い尾根に合流、その先が桟敷ケ岳山頂です。
2016年12月20日 14:20撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪の広い尾根に合流、その先が桟敷ケ岳山頂です。
2
「桟敷ケ岳」山頂に到達。標高895.8m。
広い山頂ですが視界が効きません。
2016年12月20日 14:21撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「桟敷ケ岳」山頂に到達。標高895.8m。
広い山頂ですが視界が効きません。
6
山頂です。
2016年12月20日 14:21撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。
3
送電線が走る、見晴らしの良い場所です。
遠く連なる送電線と丹後の山脈。
2016年12月20日 14:36撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線が走る、見晴らしの良い場所です。
遠く連なる送電線と丹後の山脈。
4
東方に「比叡山」が遠望できる。
2016年12月20日 14:42撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方に「比叡山」が遠望できる。
6
「岩茸山」に到着。
2016年12月20日 14:55撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「岩茸山」に到着。
1
「薬師峠」に着きました。
この峠は大森集落と岩屋不動・雲ケ畑集落の分岐点です。
2016年12月20日 15:28撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「薬師峠」に着きました。
この峠は大森集落と岩屋不動・雲ケ畑集落の分岐点です。
1
無事に大森登山口に下山しました。
2016年12月20日 15:53撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に大森登山口に下山しました。

感想/記録

生憎の雨模様の空、低く垂れ込めた黒い雲、師走とは思えない暖かい雲海の拡がる京都北山に来ました。
午前中に登るのが半国高山で午後からは桟敷ケ岳です。どちらも初めての山、初めてのルートです。
半国高山は北山の中でも登山者が少ない、荒れたルートの山です。尾根が複雑に伸びていますので読図が必要です。
桟敷ケ岳は半国高山より登山者は多いのですが、今回はあまり登山者が通らない沢ルートから入ります。

〈半国高山〉
出発は8:50、小野郷の「岩戸落葉神社」横から岩谷林道を岩谷川に沿って歩きます。
30分ほどで「林道終点」に到着します。倒木で荒れた沢を何度も渡渉を繰り返し、沢から少し離れた左側の山道に入ります。
山道は暫くのあいだ九十九折れの急坂が続きます。途中にロープが張ってあり滑り易いところもあります。
スタートから1時間10分、「岩谷峠」に到着します。ここは小野郷から真弓集落を繋ぐ峠道です。
「岩谷峠」から「半国高山」までは上り下りが数回ありますが、 約20分で「半国高山」に到着します。「半国高山」山頂は展望がきかない狭い場所で、三等三角点の標石があります。
山頂から尾根道を「供御飯峠(クゴイトウゲ)」、「小野郷口」を目指して下ります。1か所だけ誰もが間違いやすい尾根があります。ここだけ注意すれば大丈夫です。
何度かアップダウンを繰り返し、標高534m付近は展望が効く唯一の場所で愛宕・地蔵山も見えます。
更に尾根道を進み「供御飯峠」を右折、出発から4時間で小野郷口のバス停に到着します。
10分ほどR162を歩き12:00に「岩戸落葉神社」に戻ることができました。急いで次の登山口の大森キャンプ場に向かいます。

〈桟敷ケ岳〉
大森キャンプ場に駐車し昼食をする。キャンプ場の方に林道、沢、「桟敷ケ岳」の状況をお聞きする。先日まで桟敷ケ岳山頂付近は30cmほど積雪があったそうです。
12:45出発し15分ほどで「霧谷竜王不動尊」分岐に到着する。左は飯森山への林道、右の長谷林道を進みます。
暫く歩くと長谷の沢に出会う。どこから見ても沢は倒木に覆われ入ることできない。そのまま林道を登り続ける。出発から約1時間ほどで林道終点に到着する。ここが沢への取付となる。
ここはナベクロ峠へ通じる沢ルートの東側の沢に当たる。取りあえず道なき沢を詰めてゆく。
短い沢道であるが、途中に1か所だけ滝がある。滝を右に巻きながら登るが、滑り易い急坂なので注意を要する。
滝の上部は岩山で、そこから東に伸びる尾根に取り付く。踏み跡もない急坂ですが磁石を「桟敷ケ岳」に合わせ、ひたすら登ると残雪の広い尾根に合流する。出発してから約2.5時間で「桟敷ケ岳」山頂に到達した。
広い山頂だが樹林で展望は効かない、身体も冷えるので、少し休憩して早速に下山を開始する。
山頂直下の尾根は広く、残雪と落ち葉で踏み跡が消えている。積雪期の冬山は要注意かも知れない。
後は尾根に沿い「岩茸山」を通過、15:30「薬師峠」に到着する。分岐を右折、緩やかな道を大森登山口に向かい歩き続ける。
16:00無事、大森キャンプ場に到着する。
今日は天候には恵まれませんでしたが、2つの山を登り日没前に下山できて良かったと思います。
来年早々の鍋開き、この付近の雪山に再チャレンジする計画です。その為の貴重な情報を得ることができたと思います。雪山の状況によりルートを検討したいと思います。
親切にしていただいたキャンプ場の皆さんありがとうございました。


訪問者数:579人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ