また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1040506 全員に公開 ハイキング 甲信越

高尾山〜年末年始登山1日目〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2016年12月30日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR中央本線 岡谷駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間2分
休憩
9分
合計
7時間11分
S岡谷駅12:1413:25高尾山登山口13:42高尾山14:24男高尾山14:3214:55高尾山登山口14:5619:25茅野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
年末年始に諏訪周辺で登山を計画した。日程は3日で各日の行動予定は以下の通り。
1日目:高尾山登山および諏訪湖の岡谷側を踏破
2日目:高ボッチ山・鉢伏山・二ツ山の縦走
3日目:守屋山に御来光登山
過去天気図(気象庁) 2016年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン コッヘル ストーブ 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 サングラス タオル ストック カメラ

写真

岡谷駅からスタート
2016年12月30日 12:15撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡谷駅からスタート
1
県道14号を西に進み、しばらくしたところにある標識。
2016年12月30日 12:42撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道14号を西に進み、しばらくしたところにある標識。
1
これから登る高尾山。何の変哲もない低山だ。
2016年12月30日 12:46撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る高尾山。何の変哲もない低山だ。
東雲閣付近にある案内図。この案内図で高尾山には女高尾山と男高尾山があることを知った。メインとなるピークは女高尾山の方だろう。
2016年12月30日 12:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雲閣付近にある案内図。この案内図で高尾山には女高尾山と男高尾山があることを知った。メインとなるピークは女高尾山の方だろう。
東雲閣。利用には地元自治体への申請が必要。
2016年12月30日 12:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雲閣。利用には地元自治体への申請が必要。
東雲閣付近にある広場。この近くには小さな神社もある。
2016年12月30日 13:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雲閣付近にある広場。この近くには小さな神社もある。
わんぱく広場付近にある池。奥の方が少し凍っていた。
2016年12月30日 13:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わんぱく広場付近にある池。奥の方が少し凍っていた。
東雲閣から少し東に進むと登山口がある。まずは女高尾山へ。
2016年12月30日 13:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雲閣から少し東に進むと登山口がある。まずは女高尾山へ。
登山道は分かりやすい。それほど長いコースでもないのに〇合目の標識があって地元民の愛を感じた。
2016年12月30日 13:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は分かりやすい。それほど長いコースでもないのに〇合目の標識があって地元民の愛を感じた。
登り始めてたった10分で山頂に到着!こちら山頂からの眺め。岡谷市街から諏訪湖・八ヶ岳までが一望できる!低い山なので眺望には期待していなかったがいい方に裏切られた!(笑)
2016年12月30日 13:37撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてたった10分で山頂に到着!こちら山頂からの眺め。岡谷市街から諏訪湖・八ヶ岳までが一望できる!低い山なので眺望には期待していなかったがいい方に裏切られた!(笑)
北八ヶ岳
2016年12月30日 13:39撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳
1
南八ヶ岳
2016年12月30日 13:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳
1
雪をかぶっているのは鉢伏山かな。
2016年12月30日 13:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をかぶっているのは鉢伏山かな。
この辺りは城跡になっているらしい。
2016年12月30日 13:39撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは城跡になっているらしい。
東屋から少し登ると山頂標識があった。三角点はない。
2016年12月30日 13:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋から少し登ると山頂標識があった。三角点はない。
豚の丸焼きでもやったのか?
2016年12月30日 13:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豚の丸焼きでもやったのか?
みんな大好き御柱!この裏から男高尾山へと向かった。登山道が少し分かりづらいので注意。少し進んだ先に現れる分岐を右へ。
2016年12月30日 13:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな大好き御柱!この裏から男高尾山へと向かった。登山道が少し分かりづらいので注意。少し進んだ先に現れる分岐を右へ。
分岐の先には車止めと可愛らしい鳥居があった。
2016年12月30日 13:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の先には車止めと可愛らしい鳥居があった。
看板のところを奥に進んだ。
2016年12月30日 13:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板のところを奥に進んだ。
お次は御柱山方面へ。
2016年12月30日 14:01撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お次は御柱山方面へ。
とくに標識はないけども多分これが御柱山?
2016年12月30日 14:10撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とくに標識はないけども多分これが御柱山?
えげつない坂。ここから切り倒した木を落とすのか?
2016年12月30日 14:11撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えげつない坂。ここから切り倒した木を落とすのか?
男高尾山頂上方向へ。
2016年12月30日 14:22撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男高尾山頂上方向へ。
この分岐を奥へ進む。間もなく山頂のはずだが…
2016年12月30日 14:22撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐を奥へ進む。間もなく山頂のはずだが…
山頂がどこか全く分からなかった。
2016年12月30日 14:33撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂がどこか全く分からなかった。
標識に従って東雲閣方面へ。
2016年12月30日 14:46撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識に従って東雲閣方面へ。
東雲閣に到着。この後は岡谷を散策することにした。
2016年12月30日 14:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雲閣に到着。この後は岡谷を散策することにした。
1
岡谷市のマンホール。何の花だろうか。
2016年12月30日 14:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡谷市のマンホール。何の花だろうか。
1
洩矢神社。諏訪大明神の建御名方神に破れた洩矢神を祭る神社。東方プロジェクトのおかげで有名になったらしい。
2016年12月30日 15:22撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洩矢神社。諏訪大明神の建御名方神に破れた洩矢神を祭る神社。東方プロジェクトのおかげで有名になったらしい。
洩矢神社の由緒書き
2016年12月30日 15:22撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洩矢神社の由緒書き
東方ファンが書いたらしい痛絵馬がたくさん(笑)
2016年12月30日 15:24撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方ファンが書いたらしい痛絵馬がたくさん(笑)
旧釜口水門。この上から新釜口水門が良く見える。
2016年12月30日 15:51撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧釜口水門。この上から新釜口水門が良く見える。
1
釜口水門と八ヶ岳。
2016年12月30日 15:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜口水門と八ヶ岳。
釜口水門の上は釣り人でにぎわっていた。目当てはワカサギのようだ。
2016年12月30日 15:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜口水門の上は釣り人でにぎわっていた。目当てはワカサギのようだ。
釜口水門の上から見た諏訪湖と八ヶ岳。
2016年12月30日 15:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜口水門の上から見た諏訪湖と八ヶ岳。
北八ヶ岳がくっきり。
2016年12月30日 15:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳がくっきり。
諏訪湖の西側(岡谷側)をズドンと茅野まで抜けることにした。
2016年12月30日 16:13撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖の西側(岡谷側)をズドンと茅野まで抜けることにした。
夕日に染まる八ヶ岳。
2016年12月30日 16:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日に染まる八ヶ岳。
お気に入りの立石公園が見える。いつもはあちらから眺めているのが、今日は逆の立場だ。
2016年12月30日 16:32撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お気に入りの立石公園が見える。いつもはあちらから眺めているのが、今日は逆の立場だ。
山頂付近だけちょこんと出た蓼科山。
2016年12月30日 16:33撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近だけちょこんと出た蓼科山。
1
もうすぐ日没時刻だ。
2016年12月30日 16:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ日没時刻だ。
1
日没と同時に八ヶ岳の色が赤から白に変わった。手品を見ているようだった。
2016年12月30日 16:49撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没と同時に八ヶ岳の色が赤から白に変わった。手品を見ているようだった。
1
カッコイイ船
2016年12月30日 16:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコイイ船
1
撮影機材:

感想/記録

年末年始登山の1日目です。1日目はもともと入笠山に登ろうと思っていたのですが、地元駅に着いた時点で青春18きっぷを忘れたことに気づくというハプニングが発生(笑) 次の電車まで2時間も空いてしまったので急きょ計画を立て直し、地図を見て気になっていた高尾山に登ることにしました。
高尾山は低山(諏訪湖を基準とした標高差が300 mほど)なので大した眺望は望めないだろうと考えていたら、それが大間違い。高尾山(女高尾山と男高尾山がある)のうち女高尾山には岡谷市街から諏訪湖・八ヶ岳までが見渡せる絶景が待ち構えていました!その後、男高尾山へも縦走しましたが、こちらは眺望もなかったため行かなくてもよかったかなあという印象でした。
下山後は諏訪に伝わる神話の中でも重要な意味を持つ洩矢神社に行きました。案外こじんまりとしていて落ち着ける場所でした。また、今まで歩いたことのない諏訪湖の岡谷側を歩き茅野駅まで出ましたが、これがかなり距離があり茅野駅に着く頃には足がむくんで大変でした(笑)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:738人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 東屋 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ