また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1043426 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

女峰山 帝釈山

日程 2017年01月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇りのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間51分
休憩
23分
合計
10時間14分
S霧降高原駐車場07:5608:16キスゲ平08:20丸山分岐08:59赤薙山09:40奥社跡10:18独標11:27女峰山11:2911:45専女山12:02帝釈山12:1312:26専女山12:45女峰山13:01唐沢避難小屋13:55遥拝石13:5714:04八風14:21白樺金剛14:2714:30水呑の石標14:3114:40水場分岐14:50稚児ヶ墓14:5115:07殺生禁断境石15:21行者堂18:10霧降高原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1/8現在積雪少なく、日向は一度溶けて固まった感じのアイスバーンがところどころにあり。女峰山までのトレースは十分ある。女峰山から帝釈山までのトレースは私が作った。ただし1/8夜から雪が本降りだったため状況は一変するはず。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン ピッケル その他一般的なもの
備考 ピッケルは使う場所無し

写真

霧降高原の登山口。朝は晴れていて、すがすがしかった
2017年01月08日 07:58撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧降高原の登山口。朝は晴れていて、すがすがしかった
1445段の階段らしいが、登っているといつの間にか終わる
2017年01月08日 07:58撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1445段の階段らしいが、登っているといつの間にか終わる
赤薙山。ここまでの道は積雪が中途半端な割にアイスバーンのところがありよく滑った
2017年01月08日 08:58撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙山。ここまでの道は積雪が中途半端な割にアイスバーンのところがありよく滑った
女峰山遠望。割と近く見える
2017年01月08日 09:53撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山遠望。割と近く見える
高山の岩の稜線と違って、森林限界以下の稜線はピリピリくるものがなくて気が安らぐ。
2017年01月08日 10:05撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山の岩の稜線と違って、森林限界以下の稜線はピリピリくるものがなくて気が安らぐ。
女峰山までの積雪はせいぜいこの程度
2017年01月08日 10:06撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山までの積雪はせいぜいこの程度
近く見えたはずが、ここからがけっこう長い
2017年01月08日 10:18撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近く見えたはずが、ここからがけっこう長い
あと少し
2017年01月08日 11:15撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し
頂上。曇ってきたが気温は零度前後で風があまりないためのどか
2017年01月08日 11:26撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上。曇ってきたが気温は零度前後で風があまりないためのどか
おそらく左から男体山、大真名子山、小真名子山。ぽこっ、ぽこっ、ぽこっ、と置いてある感じ
2017年01月08日 11:26撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく左から男体山、大真名子山、小真名子山。ぽこっ、ぽこっ、ぽこっ、と置いてある感じ
帝釈山。時間も体力も余裕があるので行くことにする
2017年01月08日 11:26撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山。時間も体力も余裕があるので行くことにする
トレース無し。稜線が明瞭なので迷うことはない
2017年01月08日 11:37撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレース無し。稜線が明瞭なので迷うことはない
途中の小ピーク
2017年01月08日 11:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の小ピーク
雪の下に地面があるか不明な場所があり多少スリルがある
2017年01月08日 11:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の下に地面があるか不明な場所があり多少スリルがある
帝釈山に到着。山頂は雪なし
2017年01月08日 12:02撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山に到着。山頂は雪なし
右は太郎山かな?
2017年01月08日 12:02撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は太郎山かな?
女峰山方向
2017年01月08日 12:02撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山方向
女峰山と帝釈山間の積雪は一番深いところでひざ上くらい
2017年01月08日 12:17撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山と帝釈山間の積雪は一番深いところでひざ上くらい
雲竜渓谷。女峰山に戻った後、日光方向へ下りる途中にて
2017年01月08日 13:58撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷。女峰山に戻った後、日光方向へ下りる途中にて
迫力のある光景
2017年01月08日 13:58撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力のある光景
下山の後半はこんな感じの平和なハイキングコース
2017年01月08日 14:36撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山の後半はこんな感じの平和なハイキングコース
出発地点。白糸滝に下山したあと徒歩で霧降高原まで戻ったため時間がかかった。途中から雪が本降りになり、朝はドライだった場所が5cm程度の積雪
2017年01月08日 18:40撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発地点。白糸滝に下山したあと徒歩で霧降高原まで戻ったため時間がかかった。途中から雪が本降りになり、朝はドライだった場所が5cm程度の積雪

感想/記録
by ne_mo

正月も終わりなのであまり無理をせずに手近な所から女峰山に登ってみました。道がよく整備されていて緊張せずに登れる山でした。余裕があったので帝釈山まで足を延ばしてみましたが、こちらはノートレースであまり人が来ないようです。

帰りは雲竜渓谷を下から見たかったため日光へ下山しました。高低差がありダイナミックな谷で、途中の展望ポイントでしばらく見入ってしまいました。

ただその光景を見た代償に霧降高原まで15km、3時間近くを歩かねばならず疲れました。少しでもショートカットしようと渡渉したり藪漕ぎしたりしたのですがうまくいかず、結局車道歩きになりました。

また天気も予報通り夕方から崩れ雪が本降りになりました。霧降高原までの道は朝はドライでノーマルタイヤの車でも問題ない状態だったのが、帰りはスタッドレスでも不安なくらいの状態になっていました。ちょっとブレーキを掛けただけでABSががんがんきいていました。

山の状態も1/9以降は一変していると思いますので要注意です
訪問者数:619人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ