また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1044669 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

初登りは積雪の塔ノ岳(大倉尾根ピストン)

日程 2017年01月10日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(山頂は、後半ガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:東名高速 秦野中井IC、県道71号・62号・706号経由
駐車:県立秦野戸川公園 大倉駐車場
(平日 普通車 2時間〜10時間まで 200円)
復路:往路と同じ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

09:15 大倉駐車場
10:00 見晴茶屋
10:35 駒止茶屋
10:55 堀山の家
11:20 天神尾根分岐
11:50 花立山荘 12:00
12:20 金冷し

12:50 塔ノ岳山頂 13:05

13:20 金冷し
13:35 花立山荘
13:55 天神尾根分岐
14:10 堀山の家 14:25
14:40 駒止茶屋
15:10 見晴茶屋
15:55 大倉駐車場
コース状況/
危険箇所等
堀山の家の先より雪が現れ始める
金冷し〜塔ノ岳山頂は、完全に雪道
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 ドライレイヤー:finetrack スキンメッシュT
ベースレイヤー:mont-bell ジオラインL.W.ハイネックシャツ Men's
ミドルレイヤー:mont-bell ジオライン 3Dサーマル ジャケット Men's
ボトムス:Alpine DESIGN ストレッチカーゴパンツ
ハット:mont-bell ワイドブリムハット
フットウェア:mont-bell ラップランドブーツ Men's
バックパック:Gregory Z40
チェストバッグ:PaagoWorks フォーカス L(カメラバッグ)
トレッキングポール:Black Diamond トレイルショックコンパクト

(大倉駐車場⇒塔ノ岳山頂)
アウター:mont-bell ライトシェル アウタージャケット Men's
(塔ノ岳山頂⇒大倉駐車場)
アウター:mont-bell クリマプラス100 プリントジャケット Men's
(登り:花立山荘⇒塔ノ岳山頂、下り:塔ノ岳山頂⇒堀山の家)
アイゼン:mont-bell スノースパイク 6

写真

県立秦野戸川公園 大倉駐車場を利用。
2017年01月10日 09:11撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県立秦野戸川公園 大倉駐車場を利用。
平日とあって駐車場はガラガラだった。
2017年01月10日 09:11撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日とあって駐車場はガラガラだった。
駐車料金は、平日も安価ながら有料。昔は平日は無料だった。
2017年01月10日 09:15撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車料金は、平日も安価ながら有料。昔は平日は無料だった。
大倉駐車場を出発。
2017年01月10日 09:15撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉駐車場を出発。
大倉尾根 登山道の入口。
2017年01月10日 09:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根 登山道の入口。
塔ノ岳までは6.4km。
2017年01月10日 09:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳までは6.4km。
この季節、日が暮れるのが早いので、注意。
2017年01月10日 09:24撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この季節、日が暮れるのが早いので、注意。
ナンバー入りの緊急通報道標は、昔は茶色だったが、いつの間にか、黄色く英語入りにリニューアルされた。
2017年01月10日 09:24撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナンバー入りの緊急通報道標は、昔は茶色だったが、いつの間にか、黄色く英語入りにリニューアルされた。
大倉高原山の家経由ルートとの合流点、「雑事場の平」。大倉バス停からここまで2.3劼△襦
2017年01月10日 09:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉高原山の家経由ルートとの合流点、「雑事場の平」。大倉バス停からここまで2.3劼△襦
「雑事場の平」の緊急通報道標は、No.12。
2017年01月10日 09:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雑事場の平」の緊急通報道標は、No.12。
ちょっと進むと、見晴茶屋。
2017年01月10日 09:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと進むと、見晴茶屋。
見晴茶屋までもいい感じの登りだったが、ここからが大倉尾根の登りの本番だ。
2017年01月10日 10:00撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴茶屋までもいい感じの登りだったが、ここからが大倉尾根の登りの本番だ。
一本松。緊急通報道標は、No.18。塔ノ岳へはまだ半分以上(4辧法
2017年01月10日 10:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松。緊急通報道標は、No.18。塔ノ岳へはまだ半分以上(4辧法
駒留茶屋。緊急通報道標は、No.22。
2017年01月10日 10:34撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒留茶屋。緊急通報道標は、No.22。
駒留茶屋から先は、平坦な道が現れ、ホッとする。
2017年01月10日 10:42撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒留茶屋から先は、平坦な道が現れ、ホッとする。
塔ノ岳まで2.8辧H省をきった。
2017年01月10日 10:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳まで2.8辧H省をきった。
あまり下りたくはないが、下り坂も現れる。
2017年01月10日 10:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり下りたくはないが、下り坂も現れる。
尾根っぽい登山道。
2017年01月10日 10:49撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根っぽい登山道。
堀山の家手前で、雪を見ることができた。
2017年01月10日 10:53撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家手前で、雪を見ることができた。
堀山の家から塔ノ岳へは2.3辧6杁淞綿麁刺犬蓮No.28。
2017年01月10日 10:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家から塔ノ岳へは2.3辧6杁淞綿麁刺犬蓮No.28。
堀山の家からも厳しい登りが続く。
2017年01月10日 10:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家からも厳しい登りが続く。
途中、頭だけだが富士山のビュースポット。
2017年01月10日 11:00撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、頭だけだが富士山のビュースポット。
雪が多くなってきた。
2017年01月10日 11:04撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が多くなってきた。
既にアイゼンを装着しているハイカーも見受けられたが、踏み跡があり、凍結はなかったので、アイゼンは装着しなかった。
2017年01月10日 11:13撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既にアイゼンを装着しているハイカーも見受けられたが、踏み跡があり、凍結はなかったので、アイゼンは装着しなかった。
天神尾根分岐。
2017年01月10日 11:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根分岐。
積雪がない所も存在した。
2017年01月10日 11:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪がない所も存在した。
堀山の家〜花立山荘の登りが結構厳しい。
2017年01月10日 11:28撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家〜花立山荘の登りが結構厳しい。
花立山荘手前の富士山のビュースポット。
2017年01月10日 11:39撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘手前の富士山のビュースポット。
1
富士山をズームアップ。
2017年01月10日 11:39撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山をズームアップ。
1
積雪の登山道を慎重に登る。
2017年01月10日 11:44撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪の登山道を慎重に登る。
花立山荘に到着。緊急通報道標は、No.38。
2017年01月10日 11:50撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘に到着。緊急通報道標は、No.38。
ザックを下ろし、花立山荘のベンチで休憩。
2017年01月10日 12:00撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックを下ろし、花立山荘のベンチで休憩。
花立山荘は、富士山のビュースポット。
2017年01月10日 11:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘は、富士山のビュースポット。
富士山をズームアップ。
2017年01月10日 11:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山をズームアップ。
2
相模湾、真鶴半島が見渡せる。酒匂川らしき川が見えるのがまたよい。
2017年01月10日 11:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湾、真鶴半島が見渡せる。酒匂川らしき川が見えるのがまたよい。
6本爪アイゼンを装着。
2017年01月10日 11:59撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6本爪アイゼンを装着。
花立山荘を出発。登り坂はまだ続きそうだ。
2017年01月10日 12:02撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘を出発。登り坂はまだ続きそうだ。
積雪の登山道を進む。
2017年01月10日 12:02撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪の登山道を進む。
積雪の登山道を進む。
2017年01月10日 12:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪の登山道を進む。
「金冷し」まで来た!
2017年01月10日 12:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「金冷し」まで来た!
「金冷し」から積雪が増えた。
2017年01月10日 12:22撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「金冷し」から積雪が増えた。
金冷し〜塔ノ岳山頂の登りもキツい。
2017年01月10日 12:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冷し〜塔ノ岳山頂の登りもキツい。
塔ノ岳山頂に到着。思ったより積雪は少なかった。
2017年01月10日 12:48撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂に到着。思ったより積雪は少なかった。
塔ノ岳山頂碑。富士山に少し雲が掛かってきた。
2017年01月10日 12:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂碑。富士山に少し雲が掛かってきた。
4
山頂の拘留孫仏(狗留尊仏)如来像。
2017年01月10日 12:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の拘留孫仏(狗留尊仏)如来像。
1
雪を被った丹沢の山々。写真右端から、不動の峰、鬼ヶ岩、蛭ヶ岳。
2017年01月10日 12:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を被った丹沢の山々。写真右端から、不動の峰、鬼ヶ岩、蛭ヶ岳。
尊仏山荘。
2017年01月10日 12:49撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尊仏山荘。
1
山頂は風で寒く、ガスってきたので、早々に下山開始。
2017年01月10日 13:03撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は風で寒く、ガスってきたので、早々に下山開始。
登りでは気付かなかったが、塔ノ岳山頂手前の、緊急通報道標は、No.45のようだ。
2017年01月10日 13:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでは気付かなかったが、塔ノ岳山頂手前の、緊急通報道標は、No.45のようだ。
積雪の登山道を下る。
2017年01月10日 13:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪の登山道を下る。
「金冷し」。大倉までは、6.4辧
2017年01月10日 13:19撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「金冷し」。大倉までは、6.4辧
積雪の登山道を下る。
2017年01月10日 13:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪の登山道を下る。
1
花立山荘に到着。積雪の下りは滑りそうなので、堀山の家までアイゼンは着けたままとする。
2017年01月10日 13:35撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘に到着。積雪の下りは滑りそうなので、堀山の家までアイゼンは着けたままとする。
チャンプさんに会った。登頂回数を自ら教えてくれたが、忘れてしまった。5000回は超えていた。業務に差し障りがあると嫌なので、写真は通過後、背後から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャンプさんに会った。登頂回数を自ら教えてくれたが、忘れてしまった。5000回は超えていた。業務に差し障りがあると嫌なので、写真は通過後、背後から。
2
天神尾根分岐を通過。
2017年01月10日 13:57撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根分岐を通過。
堀山の家でアイゼンを脱着。
2017年01月10日 14:23撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家でアイゼンを脱着。
駒留茶屋を通過。
2017年01月10日 14:41撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒留茶屋を通過。
一本松。大倉まで半分をきった。
2017年01月10日 14:54撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松。大倉まで半分をきった。
見晴茶屋に到着。ちょっと休憩した。
2017年01月10日 15:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴茶屋に到着。ちょっと休憩した。
登山道を下る。
2017年01月10日 15:12撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を下る。
「雑事場の平」。大倉バス停まで2.3辧
2017年01月10日 15:14撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雑事場の平」。大倉バス停まで2.3辧
大倉高原山の家経由ルートとの合流点。
2017年01月10日 15:23撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉高原山の家経由ルートとの合流点。
大倉バス停まで1.6辧
2017年01月10日 15:28撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停まで1.6辧
登山口まで戻ってきた。
2017年01月10日 15:46撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきた。
県立秦野戸川公園に到着。
2017年01月10日 15:54撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県立秦野戸川公園に到着。
県立秦野戸川公園の「風の吊り橋」。一回渡ってみたいが、登山後はそんな元気はない。
2017年01月10日 16:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県立秦野戸川公園の「風の吊り橋」。一回渡ってみたいが、登山後はそんな元気はない。

感想/記録

2017年の山行初めとして、丹沢塔ノ岳へ行ってきた。8日から関東甲信地方の山沿い等で雪が降ったので、程よい積雪に期待した。行きの首都高速、東名高速から富士山がはっきり見えたので、展望にも期待した。

塔ノ岳へは、表尾根、もしくは、二俣鍋割山稜経由で登りたかったが、マイカーの運転上、登山口までの峠道や林道の路面状態が悪いと嫌なので、標高が低く路面状態が良いと思われる大倉(県立秦野戸川公園)から大倉尾根で登ることにした。

見晴茶屋までは、いい感じの登りだったが、ここからが大倉尾根の登りの本番で、急な木段等が長く続いた。駒留茶屋から先は、平坦な道が現れ、ホッとする。しかし、堀山の家からも厳しい登りが続く。

堀山の家から少し進むと、積雪がだんだん顕著になってきた。既にアイゼンを装着しているハイカーも見受けられたが、踏み跡がしっかりしていて、凍結はなかったので、まだアイゼンは装着しなかった。アイゼンは、その先の花立山荘から到着した。今回、ゲイター(スパッツ)は忘れてしまったが、全域に踏み跡があったので、問題なかった(踏み抜きはなかった)。

大倉尾根の花立山荘、その付近から、綺麗な富士山を拝むことができた。山頂からも富士山が見られたが、少し雲が掛かってしまった。但し、丹沢や南アルプスの山々等は綺麗に見られた。

塔ノ岳山頂は、風が少しあり寒く、追い討ちを掛けるように10分位したらガスが掛かってきた為、長居は無用ということで滞在15分位で下山した。

下り、花立山荘〜天神尾根分岐の間で、チャンプさんに会った。挨拶をしたら、登頂回数を自ら教えてくれたが、下山途中に忘れてしまった。5000回は超えていた。業務に差し障りがあると迷惑なので、写真は通過後、背後から撮影した。

積雪の下りは滑りそうなので、登りでアイゼンを装着した堀花立山荘では脱着せず、堀山の家までアイゼンは着けたままとした。

大倉尾根の塔ノ岳ピストンは、距離、及び、標高差ともなかなかボリュームがあった。丹沢山、蛭ヶ岳までピストン出来る人は凄いと思う。
訪問者数:510人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ