ヤマレコ

記録ID: 1047985 全員に公開 雪山ハイキング東海

霧氷も見られた雪の猿投山

日程 2017年01月17日(火) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
いつもの雲興寺駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
10分
合計
3時間0分
Sスタート地点09:4010:30雲興寺ルート公衆トイレ11:20猿投山11:3012:00雲興寺ルート公衆トイレ12:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り:ヤマザクラコース
下り:北歩道コース
雲興寺からは、さほど歩かれていないので、ツボ足で大丈夫だった
ただ、下山に使った北歩道コースは急斜面を下るのでスリップ注意
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

いい天気
駐車場に雪はない
2017年01月17日 09:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気
駐車場に雪はない
4
やがて雪が出てくる
いつもの道も、雪模様で静寂さが増します
2017年01月17日 09:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて雪が出てくる
いつもの道も、雪模様で静寂さが増します
2
おお!展望ポイントから白山
2017年01月17日 10:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお!展望ポイントから白山
1
大雪に見舞われている鈴鹿の山々
2017年01月17日 10:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪に見舞われている鈴鹿の山々
山頂に近づくにつれて、
猿投とは思えない光景!!
2017年01月17日 11:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に近づくにつれて、
猿投とは思えない光景!!
1
雪をまとった木々のトンネル
頭上からの落雪に注意
2017年01月17日 11:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪をまとった木々のトンネル
頭上からの落雪に注意
2
雪の華が咲いているみたい♪
2017年01月17日 11:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の華が咲いているみたい♪
7
霧氷をバックに
猿投神社から登ってきた方に
撮っていただいた
2017年01月17日 11:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷をバックに
猿投神社から登ってきた方に
撮っていただいた
10

感想/記録

寒気が南下し、この地方も雪が降りました。
朝晩の気温も氷点下。
岐阜や長野の山間部のみならず、三重の北西部でも
近鉄湯の山線が不通になったり、国道421号が石榑トンネルで通行止めになったりと、鈴鹿の山も大雪の様子。
ノーマルタイヤで行ける範囲が絞られ、
日が高くなってから瀬戸市側の雲興寺から猿投山を目指しました。
道路に雪はなく、雲興寺に駐車する車も5台ほど。
登山道に入ると直に雪が出てくる。
何度も通ったことのある道も、雪が積もると趣が違います。
瀬戸側からのハイカーは少ないようで、トレースもまばら。
公衆トイレからヤマザクラコースを進んだが、1人分の先行者の足跡しかなかった。
再び東海自然歩道に合流し、山頂に近づくにつれて、
「ホントに猿投か?!」と目を疑いたくなるような雪景色。
雪を踏みしめ歩を進めるのも楽しい。
積雪5センチほどの山頂では霧氷がお出迎え。
気温は0度。霧氷をバックに撮っていただき、即退散。
下山はショートカットして、北歩道コースへ。
予想に反して、こちらから登る方が多く、圧雪されて結構滑りました。
結局アイゼンは装着することなく歩き通せましたが、
猿投神社から登られた方によれば、大岩展望台から先はツルツルで
アイゼンを装着する人がほとんどだったそう。
低山といえども雪が降れば、それなりの装備を整えて、
素晴らしい雪景色を堪能したいものです。
訪問者数:731人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ