ヤマレコ

記録ID: 1051130 全員に公開 山滑走北海道

佐幌岳

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
狩勝峠6合目の除雪帯に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間36分
休憩
15分
合計
2時間51分
S狩勝峠6合目13:1815:28佐幌岳15:4316:09狩勝峠6合目G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報屈足温泉、レイクイン。480円。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スキー(Explorer 95_177cm+Vipec12) ストック シール
共同装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯電話 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ 無線機 ミラー メタ コッヘル

写真

狩勝峠6合目の国道脇にある除雪スペースに駐車した。背後に見えるのが佐幌岳。
2017年01月21日 13:16撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狩勝峠6合目の国道脇にある除雪スペースに駐車した。背後に見えるのが佐幌岳。
1
真っ直ぐに佐幌岳を目指す。
2017年01月21日 13:31撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ直ぐに佐幌岳を目指す。
植林帯っぽい処を抜ける。
2017年01月21日 13:44撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯っぽい処を抜ける。
1
カンバ帯に入ると、突然、シュプール群にぶつかった。
2017年01月21日 14:02撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カンバ帯に入ると、突然、シュプール群にぶつかった。
シュプールは多いのだが、登りのトレースが見当たらなかった。スキー場から降りてきたものか?
2017年01月21日 14:14撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュプールは多いのだが、登りのトレースが見当たらなかった。スキー場から降りてきたものか?
1
佐幌岳の頂上。着いてみて、すぐ裏にリフト降り場があるのにびっくり。
2017年01月21日 15:29撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐幌岳の頂上。着いてみて、すぐ裏にリフト降り場があるのにびっくり。
4
十勝平野を望む。
2017年01月21日 15:29撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝平野を望む。
2
狩勝峠の方向。日が沈みかけているので、急いで下りることにした。背後では、スキー場のリフト営業終了のアナウンスが。
2017年01月21日 15:30撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狩勝峠の方向。日が沈みかけているので、急いで下りることにした。背後では、スキー場のリフト営業終了のアナウンスが。
2
太陽が山に隠れる直前の光と影。
2017年01月21日 15:56撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽が山に隠れる直前の光と影。
何とか暗くなる前に下山。
2017年01月21日 16:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか暗くなる前に下山。

感想/記録

 午前中に狩振山を登った後、後半戦として佐幌岳へ。
 スキー場からの多くのシュプールによって、雪面はいわゆる悪雪となっており、残念ながら下りは楽しめなかったが、佐幌岳は初ピークとなるので、それで良しとしよう。しかし、サホロスキー場のリフト降り場がこんなに近いとは。ちょっと複雑。

参考になりました。Thanks to hidekinさん。
訪問者数:282人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ